へちまとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > 糸瓜 > へちまの意味・解説 

へちま【糸瓜/天瓜】

ウリ科蔓性(つるせい)の一年草巻きひげで他に絡みつく。手のひら状に浅く裂けていて、長い柄をもつ。夏から秋、黄色雄花雌花とを開き濃緑色の実を結ぶ。実はふつう長さ60センチ円柱状で、若いものは食用になり、熟したものは果皮などを取り去った網状繊維入浴たわしに用いる。からは糸瓜水をとり、化粧水や咳止(せきど)め剤にする。《 秋 花=夏》「痰(たん)一斗―のも間に合はず/子規

つまらないものをいうたとえ。へちまの皮。「理想も―もない」

糸瓜/天糸瓜の画像

へちま (糸瓜)

Luffa cylindrica

Luffa cylindrica

Luffa cylindrica

西アジア原産です。わが国へは江戸時代初め渡来しました。蔓性で、巻きひげ互生します。8月から9月ごろ、黄色雌花雄花を咲かせます。花後には、長さ3060センチの筒形の果実をつけます。からはヘチマが採れ、果実食用タワシに使われます。別名で「イトウリ(糸瓜)」とも呼ばれますが、この「と」が、いろは文字の「へ」と「ち」の間にあることから、「へちま」となったそうです
ウリ科ヘチマ属の蔓性一年草で、学名Luffa cylindrica。英名は Loofah
ウリのほかの用語一覧
トウガン:  冬瓜
ハヤトウリ:  隼人瓜
ヘチマ:  十角糸瓜  糸瓜
マラー:  マラー・ファベケウス
ユウガオ:  夕顔  瓢箪

糸瓜

読み方:へちま

  1. 仕事もせずにぶらぶらと遊んで日を送るなまけものをいふ。へちまはぶらりつとさがつて居るから。狂歌に「世の中何のへちまと思へども、ぶらりとしては暮らされもせず」といふのがある。
  2. 何の仕事もせずにぶらぶらと遊んで日を送つて居る怠け者のことをいふ。
  3. ブラブラ遊んでいること、ブラブラ下つている様から出た語。

分類 俗語

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ヘチマ

(へちま から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/28 09:23 UTC 版)

ヘチマ糸瓜天糸瓜、学名:Luffa cylindrica (L.) Roem.、シノニムLuffa aegyptica Mill.)はインド原産のウリ科一年草。また、その果実のこと。日本には室町時代に中国から渡来した。別名、イトウリ[1]トウリ[1]


  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 田中孝治 1995, p. 110.
  2. ^ a b c 貝津好孝 1995, p. 169.
  3. ^ 田中孝治 1996, p. 110.
  4. ^ 稲垣栄洋 2010, p. 76.
  5. ^ 「食文化雑学」原語か考えるホントの語原 文芸社 2015
  6. ^ a b はままつ農業のここが肝。浜松市役所、2013年9月1日
  7. ^ a b 農産物の輸出増加『模範農村と人物』香坂昌孝 著 (求光閣書店, 1917)
  8. ^ 浜松市史 三 「浜松町農会 浜名郡農会」浜松市立中央図書館/浜松市文化遺産デジタルアーカイブ
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m 馬場篤 1996, p. 101.
  10. ^ a b c ゴーヤーより苦いヘチマやユウガオにご注意! (PDF)”. 沖縄県衛生環境研究所. 2013年5月16日閲覧。


「ヘチマ」の続きの解説一覧

へちま

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 19:00 UTC 版)

名詞

へちま糸瓜

  1. インド原産ウリ科一年草学名Luffa cylindrica Roem又はLuffa aegyptica Mill大型きゅうり型の果実をつけ、それは、未熟なうちは食用に、熟すと強い繊維発達したわしなどに用いられる。
  2. 比喩)役に立たないもの、価値のないもの、つまらないものの例え

語源

季語

翻訳




へちまと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「へちま」の関連用語

へちまのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



へちまのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2020 shu(^^). All rights reserved.
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヘチマ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのへちま (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS