メルセデス・グランプリとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > メルセデス・グランプリの意味・解説 

メルセデスAMG F1

(メルセデス・グランプリ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/11 23:38 UTC 版)

メルセデスベンツ・グランプリ・リミテッド(Mercedes-Benz Grand Prix Limited)は、モータースポーツ世界選手権「フォーミュラ1」で活動しているドイツのコンストラクター。チーム名称は「メルセデスAMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム」(2024年時点)。旧名「メルセデスGP」。母体は自動車メーカーのメルセデス・ベンツ


注釈

  1. ^ 139750点はコンストラクターズタイトル制定前の1954-1955年に記録された。

出典

  1. ^ “ブラウンGP 「メルセデスGP」に”. Gp Update. (2009年11月16日). http://f1.gpupdate.net/ja/news/2009/11/16/223724/ 2009年11月16日閲覧。 
  2. ^ スティーブンに聞く! - 2011年7月17日 ESPN F1 (2011年7月21日) 2016年11月10日閲覧。
  3. ^ いかにしてシルバー・アロー伝説は生まれたか メルセデス・ベンツ日本公式サイト 2016年11月10日閲覧。
  4. ^ [1], [2] and [3] 2016年11月10日閲覧。
  5. ^ a b c 1955: Le Mans disaster claims 77 lives”. BBC. 2018年11月25日閲覧。
  6. ^ 50 years ago, the day that tragedy struck Le Mans”. The Independent (2005年6月11日). 2018年11月25日閲覧。
  7. ^ ヴェンドリンガーはオーストリア人である
  8. ^ Daimler AG and McLaren Group change form of their cooperation
  9. ^ Straw, Edd (2009年11月16日). “Mercedes takes over Brawn”. Autosport.com (Haymarket Media). http://www.autosport.com/news/report.php/id/80174 2018年11月25日閲覧。 
  10. ^ “Mercedes takes over Brawn F1 team”. BBC News. (2009年11月16日). http://news.bbc.co.uk/sport1/hi/motorsport/formula_one/8362295.stm 2018年11月25日閲覧。 
  11. ^ “February debut, Petronas backing for Mercedes”. Formula1.com (Formula One Administration). (2009年12月21日). オリジナルの2009年12月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20091224101413/http://www.formula1.com/news/headlines/2009/12/10299.html 2018年11月25日閲覧。 
  12. ^ “メルセデスGP:ニコ・ロズベルグ加入のプレスリリース”. AUTOSPORT Web. (2009年11月23日). http://www.as-web.jp/past/%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%87%E3%82%B9gp%EF%BC%9A%E4%BA%8C%E3%82%B3%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%82%BA%E3%83%99%E3%83%AB%E3%82%B0%E5%8A%A0%E5%85%A5%E3%81%AE%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%AA?all 2018年11月25日閲覧。 
  13. ^ a b “メルセデス、ふたり目のドライバーはクリスマス前に発表の見込み”. AUTOSPORT Web. (2009年11月26日). http://www.as-web.jp/past/%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%87%E3%82%B9%E3%80%81%E3%81%B5%E3%81%9F%E3%82%8A%E7%9B%AE%E3%81%AE%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC%E3%81%AF%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%B9?all 2018年11月25日閲覧。 
  14. ^ “メルセデスGP、ミハエル・シューマッハーと正式契約!”. AUTOSPORT Web. (2009年12月23日). http://www.as-web.jp/past/%E3%83%A1%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%87%E3%82%B9gp%E3%80%81%E3%83%9F%E3%83%8F%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%81%A8%E6%AD%A3%E5%BC%8F%E5%A5%91?all 2018年11月25日閲覧。 
  15. ^ “Michael Schumacher's defection to Mercedes breaks Ferrari hearts”. The Telegraph. (2010年12月18日). https://www.telegraph.co.uk/sport/motorsport/formulaone/ferrari/6841096/Michael-Schumachers-defection-to-Mercedes-breaks-Ferrari-hearts.html 2018年11月25日閲覧。 
  16. ^ “ハウグ、シューマッハーの“帰還”に歓喜「19年前の研修生が帰ってくるのを温かく迎えたい」”. AUTOSPORT Web. (2009年12月23日). http://www.as-web.jp/past/%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%82%B0%E3%80%81%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%81%AE%E5%B8%B0%E9%82%84%E3%81%AB%E6%AD%93%E5%96%9C%E3%80%8C19%E5%B9%B4%E5%89%8D?all 2018年11月25日閲覧。 
  17. ^ “Bernie Ecclestone hails return of 'comeback kid' Michael Schumacher”. The Telegraph. (2010年12月24日). https://www.telegraph.co.uk/sport/motorsport/formulaone/f1news/6879625/Bernie-Ecclestone-hails-return-of-comeback-kid-Michael-Schumacher.html 2018年11月25日閲覧。 
  18. ^ メルセデス、レースペースに集中 - ESPN F1 2012年4月13日
  19. ^ かつて親友だったふたり……ロズベルグとハミルトンの友情が崩壊した日:2014年モナコGPjp.motorsport.com(2020年5月30日)2020年5月31日閲覧
  20. ^ 王者決定まで緊張は緩まず」『』espnf1.com、2014年7月29日。2020年5月31日閲覧。
  21. ^ “メルセデス、ファンへの手紙でチーム内で陰謀説を否定”. (2016年5月5日). http://f1-gate.com/mercedes-benz/f1_30921.html 2016年5月17日閲覧。 
  22. ^ ロズベルグ、メルセデスと2018年までの新契約にサイン. AUTOSPORTweb(2016年7月22日).
  23. ^ ニコ・ロズベルグ、F1引退を発表”. F1-Gate.com (2016年12月2日). 2016年12月2日閲覧。
  24. ^ “メルセデス、バルテリ・ボッタスの起用を正式発表”. F1-Gate.com. (2017年1月17日). http://f1-gate.com/mercedes-benz/f1_34502.html 2017年1月17日閲覧。 
  25. ^ “メルセデス、パディ・ロウの離脱を正式発表”. F1-Gate.com. (2016年1月11日). http://f1-gate.com/mercedes-benz/f1_34455.html 2016年1月11日閲覧。 
  26. ^ “メルセデス、ジェームス・アリソンの加入を正式発表”. F1-Gate.com. (2016年2月16日). http://f1-gate.com/mercedes-benz/f1_34853.html 2016年2月16日閲覧。 
  27. ^ パット・シモンズがメルセデスF1苦戦の理由を分析。「チームは長年に渡ってタイヤの問題を抱えてきた」”. オートスポーツweb (2018年4月27日). 2018年6月20日閲覧。
  28. ^ F1 Topic:新PU投入で絶対王者メルセデスを脅かす存在となったフェラーリ”. オートスポーツweb (2018年6月14日). 2018年7月9日閲覧。
  29. ^ 序盤3戦で勝利を逃したメルセデスF1、「全チームがタイヤの影響に悩んでいる」と分析”. オートスポーツweb (2018年4月21日). 2018年6月20日閲覧。
  30. ^ F1合同テストで総合トップのハミルトン、最終日は「全体的にポジティブな感触」”. オートスポーツweb (2018年3月2日). 2018年6月20日閲覧。
  31. ^ ハミルトン、F1アゼルバイジャンGPで優勝もマシンは前年型よりも「運転が難しい」と困惑”. オートスポーツweb (2018年5月3日). 2018年6月20日閲覧。
  32. ^ ボッタス「スーパーソフトタイヤがうまく機能しない」メルセデス F1スペインGP金曜”. オートスポーツweb (2018年5月12日). 2018年6月20日閲覧。
  33. ^ 新5冠王となったハミルトンの心理戦と、ベッテルの後悔。タイトル争いの流れを決めた6つのレース【今宮純のF1総括】”. AUTOSPORTweb (2018年11月7日). 2018年11月8日閲覧。
  34. ^ メルセデス帝国の落日を見たとヒル - ja.espnf1.com (2018年4月14日)2019年3月20日閲覧
  35. ^ メルセデスの冷却不足は”基本設計”が原因「パッケージング追求のあまり……」 - jp.motorsport.com・(2019年7月4日)2019年7月16日閲覧
  36. ^ イタリアのメディアも認める「ハミルトンのライバルたちにもうF1タイトルの望みはない」”. www.topnews.jp (2019年6月26日). 2019年7月16日閲覧。
  37. ^ F1日本GP決勝:ボッタス今季3勝目、メルセデスがコンストラクターズタイトル決定”. motorsport.com (2019年10月13日). 2019年10月13日閲覧。
  38. ^ a b メルセデスF1、2020年型マシン『W11』のカラーリングをお披露目。スポンサーカラーのレッドをあしらう”. AUTOSPORTweb (2020年2月10日). 2020年5月31日閲覧。
  39. ^ 2017年以降は「メルセデス・F1 W~ EQ Power+」となっていたが、今季は「メルセデスAMG・F1 W11 EQ Performance」という名称に変更された。
  40. ^ 黒人差別撤廃を訴えるハミルトン、抗議デモに参加 コミッションを設立formula1-data.com(2020年6月22日).2021年1月24日閲覧。
  41. ^ メルセデスF1、漆黒の「ブラック・アロー」を投入…反人種差別姿勢を強調formula1-data.com(2020年6月29日).2021年1月24日閲覧。
  42. ^ メルセデス、“前人未到”のタイトル7連覇。貢献ハミルトン「信じられない記録」と称賛jp.motorsports.com(2020年11月2日)2021年1月17日閲覧。
  43. ^ “【F1 トルコGP】ハミルトンが優勝、シューマッハに並ぶ7度目のタイトルを獲得”. response.jp. (2020年11月15日). https://response.jp/article/2020/11/15/340353.html 2021年1月24日閲覧。 
  44. ^ Daimler to lose full control over the Mercedes F1 team - RacingNews365・2021年5月19日
  45. ^ マクラーレンF1、メルセデスエンジン搭載の2021年型『MCL35M』を初始動www.as-web.jp(2021年1月28日)2021年6月23日閲覧。
  46. ^ メルセデスF1、テスト前の未シェイクダウンを後悔…ギアボックスの問題特定進まず 2014年以来の試練formula1-data.com(2021年3月13日)2021年6月24日閲覧。
  47. ^ メルセデスF1、ローレーキ・コンセプトが苦戦の一因と分析「2021年規則変更は我々に不利に働いた」www.as-web.jp(2021年4月1日)2021年6月24日閲覧。
  48. ^ 課題山積メルセデス、対レッドブル・ホンダにレースペースのみならず低燃料走行でも「及ばない」と認めるformula1-data.com(2021年3月15日)2021年6月24日閲覧。
  49. ^ レッドブル・ホンダ優位は「公正な見解」とメルセデス…F1開幕までのギャップ解消は困難formula1-data.com(2021年3月19日)2021年6月24日閲覧。
  50. ^ レッドブル、4連覇以来の開幕ポールと有望も「メルセデスはすぐそこまで迫っている」とホーナーformula1-data.com(2021年3月28日)2021年5月4日閲覧。
  51. ^ 【F1分析:バーレーンGP決勝】ハミルトンの秀逸すぎるタイヤマネジメント……絶体絶命の状況を打破jp.motorsport.com(2021年3月30日)2021年6月24日閲覧。
  52. ^ メルセデス、空力開発とコース特性とのマッチングで対レッドブル戦に向け競争力向上「後はセットアップの微調整のみ」formula1-data.com(2021年4月17日)2021年7月2日閲覧。
  53. ^ レッドブル・ホンダの勝利を決定付けメルセデスを苦悩させた要因 / F1エミリア・ロマーニャGP分析formula1-data.com(2021年4月21日)2021年6月24日閲覧。
  54. ^ ハミルトンが97勝目「マックスに抜かれた時は『なんてばかなんだ』と自分を罵った」メルセデス/F1第3戦決勝www.as-web.jp(2021年5月3日)2021年7月2日閲覧。
  55. ^ ハミルトン、大胆な戦略で首位奪還「2ストップの指示に従うべきかどうか迷った」メルセデス/F1第4戦決勝www.as-web.jp(2021年5月10日)2021年7月2日閲覧。
  56. ^ F1モナコGP決勝:フェルスタッペン完勝で選手権首位に。PPルクレールに悲劇、角田は16位jp.motorsport.com(2021年5月24日)2022年7月22日閲覧。
  57. ^ F1トルコGP決勝後ポイントランキング:フェルスタッペン首位奪還も、コンストラクターでの差は拡大”. Fomula1-Data (2021年10月11日). 2022年7月22日閲覧。
  58. ^ フェルスタッペン9勝…セナのホンダF1ドライバー年間最多優勝を更新、タイトル獲得に向け「大きな意味のあるレース」と田辺TD”. Fomula1-Data (2021年11月8日). 2022年7月22日閲覧。
  59. ^ ペレス、壁となりリタイヤする事でフェルスタッペンの戴冠を援護「何より大切なのはチーム。これ以上の喜びはない」formula1-data.com(2021年12月13日)2022年7月22日閲覧。
  60. ^ 劇的展開でF1チャンピオンに輝いたフェルスタッペン「最終周まで勝機は見えなかった。ジェットコースターに乗っているようだった」”. auto sport Web (2021年12月13日). 2022年7月22日閲覧。
  61. ^ 革新的だが最速ではない? メルセデス風の”ゼロポッド”採用を敢えて見送ったフェラーリとハースformula1-data.com(2022年3月16日)2022年7月22日閲覧。
  62. ^ 新型サイドポッドの投入により悪化したメルセデスW13のポーパシング問題formula1-data.com(2022年3月25日)2022年7月22日閲覧。
  63. ^ F1分析|ポーパシングに悩まされるメルセデス。そんな状況でも”中団グループ落ち”は阻止する底力jp.motorsport.com(2022年6月15日)2022年7月22日閲覧。
  64. ^ 1.2秒落ちのメルセデス「何をしても良くならない」為す術なき状況に苛立つハミルトン…選手権9連覇は絶望的かformula1-data.com(2022年4月8日)2022年7月22日閲覧。
  65. ^ ルイス・ハミルトンのフェラーリ電撃移籍が正式発表! 黄金時代築いたメルセデスは今季限りで離脱……跳ね馬株価も過去最高値を更新”. motorsport.com (2024年2月2日). 2024年2月11日閲覧。


「メルセデスAMG F1」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「メルセデス・グランプリ」の関連用語

メルセデス・グランプリのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



メルセデス・グランプリのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのメルセデスAMG F1 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS