もんとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 模様 > もんの意味・解説 

もん

《「もの」の音変化

【一】[接助]「もの【一】」に同じ。「実力があるんだもん、合格するにきまってるよ」

【二】[終助]「もの【二】」に同じ。「だって教えてくれなかったのだもん」「無理なこと言うんですもん」


もん【問】

[音]モン(呉) [訓]とう とい とん

学習漢字3年

[一]モン

といただす。とう。とい。「問診問責問題問答学問喚問疑問詰問愚問検問顧問拷問諮問質問尋問設問難問反問不問

人をたずねる。「慰問弔問訪問

[二]〈とん〉「問屋(とんや)」

名のり]ただ・よ


もん【問】

接尾助数詞質問設問などの数を数えるのに用いる。「六問のうち四問は正解


もん【×悶】

[音]モン(呉) [訓]もだえる

もだえ苦しむ。「悶死悶絶悶悶苦悶煩悶

もつれる。「悶着


もん【×悶】

もだえること。煩悶

「酒をもて—を解(げ)すという年上の友」〈啄木忘れがたき人々


もん【文/聞】

〈文〉⇒ぶん

〈聞〉⇒ぶん


もん【文】

中国、唐の開元通宝1重さが1匁(もんめ)あったところから》銭貨個数・貨幣単位。1貫の1000分の1。「早起きは三文の徳

寛永通宝一文銭並べて数えたところから》足袋底の長さの単位。ふつう、1文は約2.4センチ。靴・靴下にも用いる。

文字また、文章。ぶん。

史書の—をひきたりし」〈徒然二三二〉

呪文(じゅもん)。経文(きょうもん)。

「口に—を呪したるに」〈太平記・二四〉


もん【物】

「もの(物)【一】」の音変化近世後期頃から関東言葉によく見られる。「うまい物が食いたい」「何か書く物はないか」「ばかなことをした物だ」


もん【紋/文】

物の表面に表された図形。あや。紋様。「波形の—を描く」

代々その家定め伝えられる家のしるし。紋所定紋(じょうもん)。「—のついた羽織


もん【紋】

常用漢字] [音]モン(呉) [訓]あや

模様。あや。「紋様衣紋(えもん)・小紋(こもん)・指紋地紋蛇紋掌紋声紋波紋斑紋(はんもん)・風紋無紋

家のしるし。「紋章紋所(もんどころ)・紋服家紋金紋定紋(じょうもん)」

名のり]あき


もん【者】

「もの(者)」の音変化近世後期頃から関東言葉によく見られる。「若い者任せる」


もん【門】

[音]モン(呉) [訓]かど

学習漢字2年

[一]モン

出入り口。「門戸門歯門番開門関門鬼門軍門舷門(げんもん)・肛門(こうもん)・獄門柴門(さいもん)・山門城門水門正門声門洞門閉門砲門登竜門

家柄一族。「門地門閥一門家門権門名門

教えを受ける所。師を同じくする仲間。「門下門人蕉門(しょうもん)・同門入門破門

学問教義系列。「宗門専門・部門・仏門

梵語音訳字。「沙門(しゃもん)」

[二]〈かど〉「門口門出門松

名のり]かな・と・ひろ・ゆき

難読鳴門(なると)


もん【門】

【一】[名]

建築物外囲い設け出入り口また、その構築物。かど。「門を閉ざす

事物が必ず通る所。ある事のために通らなければならない過程。「合格への狭き門」「再審の門が開かれる」

弟子となって教えを受ける所。また、一人の師を中心とする一派流れ。「著名な学者の門に学ぶ」

生物分類段階の一。界の下、綱の上位置する。「動物界脊椎動物門哺乳綱

門限

いやもう、直(すぐ)に帰らう。—がやかましい」〈洒・辰巳之園

【二】接尾助数詞火砲(かほう)の数を数えるのに用いる。「大砲五門


もん【門】

夏目漱石小説明治43年(1910)発表不義結婚による夫婦わびしい生活を通し人生深淵を描く。


もん【問】

1 疑問などをたずねること。とうこと。また、その内容。

正法眼蔵123153)心不可得「婆子いはく、老婆一問あり、和尚これをゆるすやいなや

2接尾質問設問などを数えるのに用いる。「五問中三正答」 〔日葡辞書(1603‐04)〕


もん【悶】

〔名〕 もだえること。煩悶

西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一「気を喪(うしな)ひ、歎息して悶(モン)を発する如くならず」〔楚辞九章・惜誦〕


もん【文】

〔名〕

仏教経文一節呪文のこと。

観智院三宝絵(984)中「諸の智徳名僧おどろきあやしみて、各文を出て問心みるに」

太平記14C後)二四「虚空に向ひ目を眠り、口に文(モン)を呪したるに」

経文以外で、よりどころとなるような、権威ある文章文句また、文字文句

観智院三宝絵(984)下「其間にあやしく妙な事多かれども、文におほかれば、しるさず」

銭貨個数単位。のちに貨幣単位にもなった。中国始まり日本そのまま伝えられ、明治四年(一八七一)新貨条例により廃止された。もともと、唐の開元通宝一枚重さが、一匁(もんめ)あったところからいう。一貫千分一に当たる。

正倉院文書神亀三年762山背国愛宕郡雲上計帳「輸調銭参拾陸文」

浮世草子日本永代蔵(1688)二「一つは弐文、二つ三文直段定め

④ (一文銭並べて数えたところから) 足袋の底長さをはかる単位一文は約二・四センチメートル。靴や靴下などにも通じて用いる。

浮世草子好色二代男(1684)七「美人両足は、八文(やモン)七分に定まれり」


もん【物】

1 「もの(物)(一)」の変化した語。

① 形をそなえた物体また、事柄

(イ) 形のある物品物体また、抽象的事柄概念

浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「お辨当お菜(かず)も毎日おんなじ物(モン)ばっかりでもお倦きだらう」

(ロ) 直前用いられた名詞繰り返代わりに用いる。

滑稽本浮世床(1813‐23)初「儒者といふ奴は余程博識(ものしり)な者(モン)だと思ったら」

② 他の語句を受けて、それを一つ概念として体言化する形式名詞そのような事態事情意図などの意を表わす。→もんか・もんだ・もんだから・もんで・もんなら。「世の中そういうもんと思ってあきらめろ」

2 〔終助〕 「もの(物)(二)」の変化した語。

にんげん動物園(1981)〈中島梓〉七「私タレ目じゃないもん」


もん【紋・文】

〔名〕

模様。あや。

大和(947‐957頃)一五九「雲鳥のもんの綾をや染むべき」〔礼記‐楽記〕

古くから家々定めている、その家表わすとしての図柄紋所紋章

増鏡(1368‐76頃)一三萌黄下襲御家のもんのもかうを色々に織りたりしにや」

楊弓で当たった矢数を示すそろばん状の道具

楊弓射礼蓬矢追考(1688)紋の次第乳母の矢一つあたれば紋に二つに立つ」


もん【者】

〔名〕 「もの(者)」の変化した語。近世後期頃からの関東のことばによく見られる

滑稽本浮世床(1813‐23)初「わっちは又、外の者(モン)だとおもって大きにお慮外申しました」


もん【聞】

〔名〕 能楽で、演者観客与え効果のうち、主として聴覚訴え面白さ音曲(謡)の面白さ

花鏡(1424)比判之事「如此能の当座を聞より出くる能とは申也」


もん【門】

1 〔名〕

建築物外構え設け出入り口。かど。

令義解718)宮衛「凡開閇門者。第一開門鼓撃訖。即開諸門

滑稽本戯場粋言幕の外(1806)上「門の出入とがむづかしい事な」〔礼記曲礼上〕

平安京条坊制で、東西方向区画帯のうちの最小単位。一坊を東西・南北方向四等分して一六正方形作り、その各々を町と称し、町を東西方向区画帯で八等分してこれを門という。南北方向には町を四等区画帯で分け、これを行という。門と行の区画帯を組み合わせる一町中に三二の小区画ができ、これを戸主(へぬ)といい、一戸住居単位となった。一門区画帯の中には四つ戸主東西に並ぶことになる。

史料編纂所所蔵春日社旧記長承四年(1135)四月六日藤原家地売券「在右京捌条壱坊拾参町内戸主肆行北壱弐参肆伍陸柒捌門内東西陸丈陸尺柒寸 南北参拾丈」

③ 町境の木戸

浮世草子懐硯(1687)一「辻番手柄を見るより心して門うたずして通しける」

④ 門の出入り改めや、門限のことをいう。

洒落本辰巳之園(1770)「いやもう直に帰ろふ、門(モン)がやかましひ」

(5) 事物が必ず通るところ。ある状態・境地達するために、まず経過なければならない段階また、試練また、物事生まれ出てくるところ。「登龍門」「狭き門」など語素的な形で用いられる。〔易経繋辞上〕

(6) 学問芸道教える家、施設など。ある師を中心とする一派、または一つ系統を引く学問芸道流れをいう。

当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉四「ある大学の門(モン)に入りて、脩学おこたりなかりけり」〔孟子告子・下〕

(7) 生物分類上の階級一つで、「界」の下位で、「綱」の上に当たる。動物植物の分類群の中で最も高い階級の名称。「脊椎動物門」「種子植物門」など。〔生物学語彙(1884)〕

2接尾大砲数えるのに用いる。

西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉六「十八門(モン)の大炮(ほう)」

3 小説夏目漱石作。明治四三年(一九一〇)発表不義結婚により、社会片隅にひっそりと生きる宗助、お米夫婦わびしい生活を通し人生深淵を描く。「三四郎」「それから」と三部作をなす。


文(もん)

金工作においては赤銅魚子地などの地板に、金無垢地などで別彫りした図像家紋を据文象嵌した彫像を指す。時代の上小柄笄の地板破損した場合には文の部分のみを取り外し新たに造った地板に据え直すことがあり、これに伴って極め銘が刻された例も多くみられる。この場合には紋□□と原作者の名称が刻され、さらに地板作者あるいはこれを極めた者の署名花押〇〇花押)と刻される。後藤家の作品中心として多くみられる。据文部分が金無垢地の場合には、特にこれを金文称する

紋(もん)

の上部に、銘文添え刻する紋は、古く後鳥羽上皇が自らの作刀に記した菊紋菊御作)にみられるが、新刀期に入ってから紋を刻する刀工は増え、その種類急増した。井上真改伊賀守金道の菊紋康継葵紋主水正正清及び一平安代一葉葵紋幕末では烈公菊紋変わり菊紋あるいは時計紋ともいわれる)の他、枝菊紋裏菊紋・牡丹紋等、多くの紋がある。

紋(もん)

太刀拵装着されている鐔や縁頭等の金具高彫あるいは据文された紋は、所持者の家紋のみならず葵紋桐紋菊紋が多い。これは糸巻太刀拵天皇家や将軍家からの恩賞品として用いられたり、贈答品とされたことによるもの。金具類の紋の数は定められてはいないが、総計二十前後が最も多く、鞘に描かれた紋は奇数、また鞘には紋を入れない例も多い。

【仮名】もん
原文hilar

神経および血管臓器につながる部位を指す。

もん?

作者いながきしげこ

収載図書100さいのゲスセス!ドン!
出版社文芸社ビジュアルアート
刊行年月2007.4


もん


モン

読み方:もん

  1. 口ノコトヲ云フ。〔第六類 人身之部・福井県

分類 福井県


読み方:もん

  1. 売春婦。〔第二類 人物風俗
  2. 売春婦陰門よりの連想
  3. 売春婦のこと。陰門より連想したもの
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方
もん

もん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2009/08/11 14:43 UTC 版)

もん(もん、1962年 - )は、大阪府吹田市出身のイラストレーター漫画家エッセイスト、翻訳家。「MON」名義を用いることもある。




「もん」の続きの解説一覧

もん

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 19:39 UTC 版)

助詞

もん

  1. 助詞「もの」を参照

関連語

同音異義語

同音漢字Wiktionary:漢字索引 音訓 も#もん


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



もんと同じ種類の言葉


品詞の分類

接尾語まぜ    もん  やか  

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「もん」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

もんのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



もんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2021 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2021 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのもん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのもん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS