WILLとは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > がん用語 > WILLの意味・解説 

遺言書

【仮名】ゆいごんしょ
原文】will

自分死後財産をどう処分してほしいか、誰に遺言書の指示実行してほしいか、誰に未成年の子供の世話してほしいかを記した法的書類

WILL

作者南美希子

収載図書誰にも話さなかった恋
出版社講談社
刊行年月1996.6


will

作者今野緒雪

収載図書マリア様がみてる―いとしき歳月
出版社集英社
刊行年月2001.4
シリーズ名コバルト文庫


Will


ウィル

(WILL から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/03 03:06 UTC 版)

ウィル(WILL, Will, will)

  • 英語において、「意思」をあらわす名詞、あるいは未来の予定、未来予測をあらわす助動詞として用いられる単語。

会社・施設・プロジェクト名

名前

音楽関連

その他

関連項目


WiLL (異業種合同プロジェクト)

(WILL から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/12 03:58 UTC 版)

WiLL(ウィル)は、1999年8月2日から2004年7月にかけて行われた日本の異業種による合同プロジェクト名である。商品の全てが「WiLL」のブランド名とオレンジ色のロゴで統一されていた。

このプロジェクトは花王トヨタ自動車アサヒビール、松下電器産業(現パナソニック)、近畿日本ツーリストの5社で開始され、その後2000年3月コクヨ、同年6月に江崎グリコが参入した(その後、アサヒビール・花王は2002年7月にプロジェクトを脱退)。

2004年7月30日にプロジェクトの公式サイトは閉鎖され、大多数の企業はプロジェクトを中止した。しかし、その後もコクヨや近畿日本ツーリストは引き続き同ブランド名を用いた商品またはサービスを提供していく意向を表明したものの、2016年2月現在ではコクヨ1社のみが本ブランドの商品を販売している。

プロジェクトの内容

プロジェクトの特徴は、20代から30代を中心とする「ニュージェネレーション層」をそのターゲットとしたことである。この購買層は「自分らしさ」「こだわり」を意識し、他の世代とは異なった消費行動を示すと想定され、それに合わせた商品開発、およびマーケティング手法の模索から生まれたのがWiLLであった。いわば、マーケティングの合同実験である。

WiLLという名称には生産者(企業)から明確な主張(意志=will)を発信し、それを生活者と共感することによって新たな市場、生活・消費の様式を生み出していくという意味が込められている。このことを“遊びゴコロと本物感”というフレーズにより表現していた。

具体的には、個性を尊重するためのカスタマイズサービス(例えば、自分の好きな色を選べる電化製品など)や、白を基調として清潔感をアピールした商品が開発され、特にデザインの面において従来品とは一線を画す画期的な発想を見せた。しかしその反面、奇抜すぎるデザインが実用性に欠けるという指摘もあった。

背景には2000年代頃から小売店頭などにおける異業種交流(コラボレーション)の流行があり、野菜売場の側にカレールーを置く、牛乳売場の横にシリアルを置く、コーヒーショップでラテン系音楽CDを販売するなどといった店頭企画が注目されていたことがある。WiLLの発起人はトヨタの社内部署「VVC(ヴァーチャル・ベンチャー・カンパニー」で、トヨタ社内から30名ほどの若手社員を社内応募であつめて立ち上げたブランドである。しかしWiLLの商標そのものは参加各社が保有するほか、広告宣伝も各社が独自におこなうなど、企画当初から参加各社の独自性を尊重した(求心力のない)ものであった。

結末

WiLLによる効果は参加企業の間でも様々で、家電量販店や自動車ショールーム店頭など従来に無い販路の開拓に成功した企業もある一方で、売上増に結びつかず目に見える成果のなかった企業もある。また、対象世代が就職氷河期世代であったことやITバブル崩壊後の経済情勢も不利に働いた。加えて、参加企業は各業種に1社という制約が設けられていたことから(ブランドライセンスの関係から)、「ライバルにブランドを押さえられるよりは」との観点から参加を決めた企業もあると見られ、これら参加企業間の温度差が、2004年のプロジェクトの事実上の瓦解につながった。いわゆる強者連合(勝ち組連合)による企画でも、必ずしも大成功するわけではない、というブランディング上の教訓を残した。消費者は「ブランド」で購入するとマーケッターは思いがちだが、実際の消費者は商品実物を手にとって判断を行うということが再認識された。

主な商品

  • アサヒビール
    • WiLL スムースビア
    • WiLL スウィート ブラウン ビール
    • WiLL ビーフリー
  • 江崎グリコ
    • WiLL アイスフォーリラックス
    • WiLL オンタイムチョコレート
    • WiLL リラックスタブレット
    • WiLL 黒豆のど飴
  • 花王
    • WiLL クリアミスト
    • WiLL 空気を洗うミスト
    • WiLL OneWeekアロマ
  • 近畿日本ツーリスト
    • WiLL TOUR CITY & RESORT
    • WiLL TOUR 北海道
    • WiLL TOUR 九州
    • WiLL TOUR 沖縄
    • WiLL TOUR SPORT
  • トヨタ自動車
  • Panasonic
    • パーソナルファクス(子機1台付き) WiLL FAX KX-PW110CL 及び同付属子機KX-FKN110(製造は九州松下電器(現在のパナソニック システムネットワークス)扱い)
    • パーソナルノンフロン冷蔵庫「WiLL FRIDGE」NR-B26B1「WiLL FRIDGE mini」 NR-B162R
    • アルカリイオン整水器 「WiLL A-PURE」PJ-A301 「WiLL A-CUBE」PJ-A301
    • 空気清浄器「WiLL ION CONDITIONER」
    • 電子レンジ WiLL RANGE
    • 乾燥機能付き全自動洗濯機 WiLL LAUNDRY
    • 掃除機 「WiLL CLEANER」「WiLL CLEANER F」
    • クッションヒーター WiLL CUSHION HEATER
    • 液晶デスクトップパソコン WiLL PC
    • ポータブルMDプレイヤー WiLL MD
    • SDマルチカメラ WiLL D-snap
    • DVDステレオシステム WiLL THEATER
    • ビデオ内蔵型テレビ WiLL TELE VIDEO
    • 折り畳み自転車 WiLL BIKE(後に派生品としてバージョン違いの「WiLL BIKE A」、電動自転車の「WiLL ELECTRIC BIKE」を発売している)
  • コクヨ
    • WiLL STATIONERY ACTIC(同社の文房具関連部門が企画・製造・発売を主導、唯一現存する商品ラインナップ
    • WiLL STATIONERY COOL
    • WiLL COSMiCFiZZ

外部リンク


ウィリアム・クローフォード・ウィリアムソン

(WILL から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/24 07:58 UTC 版)

ウィリアム・クローフォード・ウィリアムソン
William Crawford Williamson02.jpg
ウィリアムソン(1863年)
生誕 1816年11月24日
イギリスの旗 イギリスヨークシャー州、スカーブラ
死没 1895年6月23日 (満78歳没)
イギリスの旗 イギリスロンドン
研究分野 博物学古植物学
プロジェクト:人物伝

ウィリアム・クローフォード・ウィリアムソン(William Crawford Williamson、1816年11月24日 - 1895年6月23日)は、イギリス博物学者古植物学者である。

生涯

スカーブラで生まれた。父ジョン・ウィリアムソン[要曖昧さ回避]園芸家から、地方では有名な博物学者になった人物で、ウィリアム・ビーンとともにヨークシャー沿岸の化石の出土地を最初に調査し、長期にわたってスカボロー自然史博物館の最初の学芸員を務めた。ウィリアム・ウィリアムソンは科学的な環境に育ち、科学者たちと知り合った。イギリスの地質学の父と称されるウィリアム・スミスは2年間ウィリアムソンの家に滞在した。母方の祖父は宝石職人で、鉱物の切断技術を学び、これは後のウィリアムソンの化石の研究に役立った。

ウィリアムソンは16歳にならないうちに、ヨークシャーの鳥類についての論文を発表し、1834年には Gristhorpe Man についての論文を書き、同年ロンドン地質学会に、自分の故郷の中生代化石に関する最初の論文を発表した。ジョン・リンドリーハットンの著作、Fossil Flora of Great Britain の執筆を手伝った。

ロンドンのユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンで医学を学び、1841年にマンチェスターに戻り医者としても成功した。医学の勉強中も医者になった後も科学の研究を続け、3年間にわたってマンチェスター自然史学会の博物館の学芸員を務めた。

1851年にマンチェスターのオーエン・カレッジ (Owen's College) が創設されると、博物学の教授となり、地質学動物学植物学を教えた。地質学の分野では中生代の化石の分布、海洋堆積物の研究を行い、動物学の分野では魚類の歯や骨格の研究を行い、植物化石の研究ではアドルフ・ブロンニャールと並んで古植物学の分野の基礎を作った1人とされる。

受賞歴

Will.は、植物の学名命名者を示す場合にウィリアム・クローフォード・ウィリアムソンを示すのに使われる。命名者略記を閲覧する/IPNIAuthor Detailsを検索する。)

出典

[ヘルプ]
  1. ^ a b Williamson; William Crawford (1816 - 1895)” (英語). Past Fellows. The Royal Society. 2012年5月2日閲覧。
  2. ^ Wollaston Medal” (英語). The Geological Society. 2012年5月2日閲覧。

関連項目





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

WILLのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

シラモ

橈骨

ファミリア

ヤ・シィパーク海水浴場

CH-47JA

アイボリーマイカルタ

リジットウイング

Discovery 3





WILLのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2018 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウィル (改訂履歴)、WiLL (異業種合同プロジェクト) (改訂履歴)、ウィリアム・クローフォード・ウィリアムソン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS