印象操作とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 印象操作の意味・解説 

印象操作

読み方:いんしょうそうさ

相手与え情報取捨選択したり、恣意的な伝え方をしたりして、相手受け取印象制御ようとすること。マスメディア都合のいい部分だけ断片的報道して世論誘導ようとする(という見解)は、目的としては印象操作、手段としては偏向報道呼ばれる

いんしょう‐そうさ〔インシヤウサウサ〕【印象操作】

相手が抱く自らや第三者への印象を、自分にとって好都合ものになるよう、情報出し方や内容操作すること。


情報操作

(印象操作 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/16 00:26 UTC 版)

情報操作(じょうほうそうさ)とは、報道機関の取材、編集、報道の一連の活動に介入して与える情報(証言記事写真映像)を制限したり、虚偽または虚偽にならない範囲で改変することによって、その情報を受け取った側が受ける印象判断結果に影響を与えようとする行為。俗にイメージ操作ないし印象操作とも言われる。広い意味では、ブランディングコマーシャル比較広告などの商業活動も含んでいる。




「情報操作」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「印象操作」の関連用語

印象操作のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



印象操作のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの情報操作 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS