秋田弁 秋田弁の概要

秋田弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/04/19 08:28 UTC 版)

秋田県の位置。
平成の大合併後の秋田県の市町村。橙色は市、緑色は町、紫色は村。薄い線は市町村境界。濃い線は郡境界または旧郡境界。1:秋田市 2:能代市 3:横手市 4:大館市 5:男鹿市 6:湯沢市 7:鹿角市 8:由利本荘市 9:潟上市 10:大仙市 11:北秋田市 12:にかほ市 13:仙北市
平成の大合併前の秋田県の市町村。1:秋田市 2:能代市 3:横手市 4:大館市 5:本荘市 6:男鹿市 7:湯沢市 8:大曲市 9:鹿角市

目次




[ヘルプ]
  1. ^ 柴田武ほか編 『岩波講座 日本語11 方言』 岩波書店、1977年、57-73頁。
  2. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、276頁。
  3. ^ 日高水穂「本荘・由利の方言/日本海沿岸地域と共通点」『秋田県民は本当に〈ええふりこぎ〉か?』無明舎出版 、2011年、ISBN 978-4895445375
  4. ^ 大石・上村編 (1975)、166-168頁。
  5. ^ 秋田県教委編 (2000)、12-14頁。
  6. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、276-277頁。
  7. ^ 秋田県教委編 (2000)、412頁。
  8. ^ 秋田県教委編 (2000)、324頁。
  9. ^ a b 秋田県教委編 (2000)、297頁。
  10. ^ 秋田県教委編 (2000)、271頁。
  11. ^ 秋田県教委編 (2000)、207頁。
  12. ^ 秋田県教委編 (2000)、449頁。
  13. ^ 秋田県教委編 (2000)、506頁。
  14. ^ 秋田県教委編 (2000)、428頁。
  15. ^ 秋田県教委編 (2000)、491頁。
  16. ^ 秋田県教委編 (2000)、909頁。
  17. ^ 秋田県教委編 (2000)、558頁。
  18. ^ 秋田県教委編 (2000)、567頁。
  19. ^ 秋田県教委編 (2000)、546-547頁。
  20. ^ 秋田県教委編 (2000)、566頁。
  21. ^ 秋田県教委編 (2000)、547頁。
  22. ^ 秋田県教委編 (2000)、590頁。
  23. ^ 秋田県教委編 (2000)、550頁。
  24. ^ a b c 秋田県教委編 (2000)、81-82頁。
  25. ^ a b 大石・上村編 (1975)、185-188頁。
  26. ^ 秋田県教委編 (2000)、908頁。
  27. ^ 秋田県教委編 (2000)、秋田県言語地図第29図、834頁。
  28. ^ 秋田県教委編 (2000)、秋田県言語地図第21図、826頁。
  29. ^ 秋田県教委編 (2000)、秋田県言語地図第10図、815頁。
  30. ^ 秋田県教委編 (2000)、秋田県言語地図第33図、838頁。
  31. ^ 秋田県教委編 (2000)、秋田県言語地図第22図、827頁。
  32. ^ 秋田県教委編 (2000)、秋田県言語地図第33図、907頁。
  33. ^ 秋田県教委編 (2000)、186-187、199-202頁。
  34. ^ 秋田県教委編 (2000)、77-80頁。
  35. ^ 大石・上村編 (1975)、181-184頁。
  36. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、290-291頁。
  37. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、291-292頁。
  38. ^ 大石・上村編 (1975)、195-197頁。
  39. ^ 秋田県教委編 (2000)、82-83頁。
  40. ^ 秋田県教委編 (2000)、87-89頁。
  41. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、289-290頁。
  42. ^ 秋田県教委編 (2000)、87-88頁。
  43. ^ a b 秋田県教委編 (2000)、128-132頁。
  44. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、288頁。
  45. ^ 小林編著 (2006)、203-216頁。
  46. ^ 秋田県教委編 (2000)、97-98頁。
  47. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、289頁。
  48. ^ 大石・上村編 (1975)、188-189頁。
  49. ^ 秋田県教委編 (2000)、117-119頁。
  50. ^ 秋田県教委編 (2000)、101頁。
  51. ^ 秋田県教委編 (2000)、108-109頁。
  52. ^ a b 秋田県教委編 (2000)、111-113頁。
  53. ^ 国立国語研究所 『方言文法全国地図』 第5集-表現法編2- 2002年、第208図 (PDF)凡例 (PDF)
  54. ^ 秋田県教委編 (2000)、116-117頁。
  55. ^ a b 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、277-278頁。
  56. ^ 秋田県教委編 (2000)、37-38頁。
  57. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、282-283頁。
  58. ^ 佐藤喜代治 「秋田県米代川流域の言語調査報告」 1963年、『東北方言考③』所収、16頁。
  59. ^ 秋田県教委編 (2000)、43-44頁。
  60. ^ 佐藤喜代治 「秋田県米代川流域の言語調査報告」 1963年、『東北方言考③』所収、22-25頁。
  61. ^ 大橋 (2002)、205-251頁。
  62. ^ 大橋 (2002)、317-394頁。
  63. ^ a b 柴田武ほか編 『岩波講座 日本語11 方言』 岩波書店、1977年、176-177頁。
  64. ^ a b 秋田県教委編 (2000)、26頁。
  65. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、165-166、280-281頁。
  66. ^ NHK放送文化研究所編 『NHK 日本語発音アクセント辞典 新版』 日本放送出版協会、1998年、154頁。
  67. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、167頁。
  68. ^ 佐藤喜代治 「秋田県米代川流域の言語調査報告」 1963年、『東北方言考③』所収、30-33頁。
  69. ^ 秋田県教委編 (2000)、65-69頁。
  70. ^ a b 秋田県教委編 (2000)、69-70頁。
  71. ^ a b 秋田県教委編 (2000)、70-71頁。
  72. ^ NHK放送文化研究所編 『NHK 日本語発音アクセント辞典 新版』 日本放送出版協会、1998年、166頁。
  73. ^ 秋田県教委編 (2000)、72頁。
  74. ^ 秋田県教委編 (2000)、72-73頁。
  75. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、153頁。
  76. ^ 大野・柴田編 (1977)、263-264頁。
  77. ^ 大石・上村編 (1975)、32頁。
  78. ^ 一音を一語を〜遠藤熊吉と西成瀬のことば教育〜 西成瀬地域センター
  79. ^ 毎日新聞東京本社地方部特捜班編著 『東北「方言」ものがたり』 無明舎出版、1998年。ISBN 978-4-89544-180-3
  80. ^ 小林・篠崎・大西編(1996)、4-7頁。
  81. ^ 秋田県教委編 (2000)、136-141頁。
  82. ^ 秋田県教委編 (2000)、607-608頁。







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

秋田弁に関連した本

秋田弁に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「秋田弁」の関連用語

秋田弁のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ERUスプレッド

城跡

カラー・チップ

畑山茂雄

女遊戸海水浴場

金佛山方竹

Harry S Truman

大山隠岐国立公園





秋田弁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの秋田弁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS