秋田弁 秋田弁の概要

秋田弁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/04/19 08:28 UTC 版)

秋田県の位置。
平成の大合併後の秋田県の市町村。橙色は市、緑色は町、紫色は村。薄い線は市町村境界。濃い線は郡境界または旧郡境界。1:秋田市 2:能代市 3:横手市 4:大館市 5:男鹿市 6:湯沢市 7:鹿角市 8:由利本荘市 9:潟上市 10:大仙市 11:北秋田市 12:にかほ市 13:仙北市
平成の大合併前の秋田県の市町村。1:秋田市 2:能代市 3:横手市 4:大館市 5:本荘市 6:男鹿市 7:湯沢市 8:大曲市 9:鹿角市

目次




[ヘルプ]
  1. ^ 柴田武ほか編 『岩波講座 日本語11 方言』 岩波書店、1977年、57-73頁。
  2. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、276頁。
  3. ^ 日高水穂「本荘・由利の方言/日本海沿岸地域と共通点」『秋田県民は本当に〈ええふりこぎ〉か?』無明舎出版 、2011年、ISBN 978-4895445375
  4. ^ 大石・上村編 (1975)、166-168頁。
  5. ^ 秋田県教委編 (2000)、12-14頁。
  6. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、276-277頁。
  7. ^ 秋田県教委編 (2000)、412頁。
  8. ^ 秋田県教委編 (2000)、324頁。
  9. ^ a b 秋田県教委編 (2000)、297頁。
  10. ^ 秋田県教委編 (2000)、271頁。
  11. ^ 秋田県教委編 (2000)、207頁。
  12. ^ 秋田県教委編 (2000)、449頁。
  13. ^ 秋田県教委編 (2000)、506頁。
  14. ^ 秋田県教委編 (2000)、428頁。
  15. ^ 秋田県教委編 (2000)、491頁。
  16. ^ 秋田県教委編 (2000)、909頁。
  17. ^ 秋田県教委編 (2000)、558頁。
  18. ^ 秋田県教委編 (2000)、567頁。
  19. ^ 秋田県教委編 (2000)、546-547頁。
  20. ^ 秋田県教委編 (2000)、566頁。
  21. ^ 秋田県教委編 (2000)、547頁。
  22. ^ 秋田県教委編 (2000)、590頁。
  23. ^ 秋田県教委編 (2000)、550頁。
  24. ^ a b c 秋田県教委編 (2000)、81-82頁。
  25. ^ a b 大石・上村編 (1975)、185-188頁。
  26. ^ 秋田県教委編 (2000)、908頁。
  27. ^ 秋田県教委編 (2000)、秋田県言語地図第29図、834頁。
  28. ^ 秋田県教委編 (2000)、秋田県言語地図第21図、826頁。
  29. ^ 秋田県教委編 (2000)、秋田県言語地図第10図、815頁。
  30. ^ 秋田県教委編 (2000)、秋田県言語地図第33図、838頁。
  31. ^ 秋田県教委編 (2000)、秋田県言語地図第22図、827頁。
  32. ^ 秋田県教委編 (2000)、秋田県言語地図第33図、907頁。
  33. ^ 秋田県教委編 (2000)、186-187、199-202頁。
  34. ^ 秋田県教委編 (2000)、77-80頁。
  35. ^ 大石・上村編 (1975)、181-184頁。
  36. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、290-291頁。
  37. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、291-292頁。
  38. ^ 大石・上村編 (1975)、195-197頁。
  39. ^ 秋田県教委編 (2000)、82-83頁。
  40. ^ 秋田県教委編 (2000)、87-89頁。
  41. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、289-290頁。
  42. ^ 秋田県教委編 (2000)、87-88頁。
  43. ^ a b 秋田県教委編 (2000)、128-132頁。
  44. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、288頁。
  45. ^ 小林編著 (2006)、203-216頁。
  46. ^ 秋田県教委編 (2000)、97-98頁。
  47. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、289頁。
  48. ^ 大石・上村編 (1975)、188-189頁。
  49. ^ 秋田県教委編 (2000)、117-119頁。
  50. ^ 秋田県教委編 (2000)、101頁。
  51. ^ 秋田県教委編 (2000)、108-109頁。
  52. ^ a b 秋田県教委編 (2000)、111-113頁。
  53. ^ 国立国語研究所 『方言文法全国地図』 第5集-表現法編2- 2002年、第208図 (PDF)凡例 (PDF)
  54. ^ 秋田県教委編 (2000)、116-117頁。
  55. ^ a b 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、277-278頁。
  56. ^ 秋田県教委編 (2000)、37-38頁。
  57. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、282-283頁。
  58. ^ 佐藤喜代治 「秋田県米代川流域の言語調査報告」 1963年、『東北方言考③』所収、16頁。
  59. ^ 秋田県教委編 (2000)、43-44頁。
  60. ^ 佐藤喜代治 「秋田県米代川流域の言語調査報告」 1963年、『東北方言考③』所収、22-25頁。
  61. ^ 大橋 (2002)、205-251頁。
  62. ^ 大橋 (2002)、317-394頁。
  63. ^ a b 柴田武ほか編 『岩波講座 日本語11 方言』 岩波書店、1977年、176-177頁。
  64. ^ a b 秋田県教委編 (2000)、26頁。
  65. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、165-166、280-281頁。
  66. ^ NHK放送文化研究所編 『NHK 日本語発音アクセント辞典 新版』 日本放送出版協会、1998年、154頁。
  67. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、167頁。
  68. ^ 佐藤喜代治 「秋田県米代川流域の言語調査報告」 1963年、『東北方言考③』所収、30-33頁。
  69. ^ 秋田県教委編 (2000)、65-69頁。
  70. ^ a b 秋田県教委編 (2000)、69-70頁。
  71. ^ a b 秋田県教委編 (2000)、70-71頁。
  72. ^ NHK放送文化研究所編 『NHK 日本語発音アクセント辞典 新版』 日本放送出版協会、1998年、166頁。
  73. ^ 秋田県教委編 (2000)、72頁。
  74. ^ 秋田県教委編 (2000)、72-73頁。
  75. ^ 飯豊・日野・佐藤編 (1982)、153頁。
  76. ^ 大野・柴田編 (1977)、263-264頁。
  77. ^ 大石・上村編 (1975)、32頁。
  78. ^ 一音を一語を〜遠藤熊吉と西成瀬のことば教育〜 西成瀬地域センター
  79. ^ 毎日新聞東京本社地方部特捜班編著 『東北「方言」ものがたり』 無明舎出版、1998年。ISBN 978-4-89544-180-3
  80. ^ 小林・篠崎・大西編(1996)、4-7頁。
  81. ^ 秋田県教委編 (2000)、136-141頁。
  82. ^ 秋田県教委編 (2000)、607-608頁。







固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

秋田弁に関連した本

秋田弁に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「秋田弁」の関連用語

秋田弁のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

大腿骨

docomo PRO series HT-03A

正月

T-3ジュニア

GPS

ばあゆ

伊豆大島

今井兼平の墓





秋田弁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの秋田弁 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2015 Weblio RSS