戦争犯罪 第二次世界大戦以後

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 犯罪 > 犯罪 > 戦争犯罪の解説 > 第二次世界大戦以後 

戦争犯罪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/07/25 14:19 UTC 版)

第二次世界大戦以後

第二次世界大戦における惨禍、特にホロコーストの惨劇をくり返さないとして、国際軍事裁判を行うに至った経緯を踏まえ、戦争抑止の意味からも、武力紛争時に行われた「ジェノサイドの罪」「人道に対する罪」「戦争犯罪」の実行者や共犯者、依頼者、教唆者、煽動者、上官などを、戦争犯罪としてを裁く常設の国際法廷設置が国際連合により提唱されたが、東西冷戦の時代には進展を見なかった。

国際刑事裁判所の設置

冷戦終結後、旧ユーゴスラビア国際戦犯法廷ルワンダ国際戦犯法廷などにおいて、民族紛争に伴う大量虐殺など「人道に対する罪」を裁く国際犯罪法廷が安全保障理事会決議によって臨時に設置された。

以降、常設の国際法廷設置議論が見直され、1998年7月ローマ国際刑事裁判所設立のための外交会議が開かれ、国際刑事裁判所規程が採択された。条約の発効に必要な60カ国が批准し、2002年7月から正式に発効、既に設置されている国際司法裁判所と共に2003年からオランダハーグに設置された。

日本2007年7月17日には加入書を国連に寄託し、同年10月1日正式に105ヵ国目の締約国となっている。ローマ規程およびその協力法は、国内法において2007年10月1日に発効した[24]。また同年11月30日に行われた補欠判事選挙では、初めての日本のICC裁判官候補として齋賀富美子が当選を果たすなど、加盟以後は積極的な参加姿勢を示している[25]。2009年11月の補欠選挙で尾崎久仁子が当選し、第一審裁判部門に配属された。

なお、アメリカ合衆国、中華人民共和国ロシア連邦などは未加盟であり、その実効性は乏しいともいわれている。


[ヘルプ]
  1. ^ 小学館デジタル大辞泉「戦争犯罪」[1]
  2. ^ 「近代日本に於る参審の伝統」石田清史(苫小牧駒澤大学紀要、第14号2005.11)P.61、PDF-P.63[2]
  3. ^ a b 林博史、連合国戦争犯罪委員会と英米(上)、26p
  4. ^ 児島襄東京裁判(上)』中央公論社、1971年、ISBN 4122009774, 49頁。吉田裕昭和天皇の終戦史』岩波書店、1992年12月、35頁、ISBN 9784004302575野村二郎『ナチス裁判』講談社、1993年1月、78頁、ISBN 9784061491328
  5. ^ 林博史、連合国戦争犯罪委員会と英米(上)、4p
  6. ^ 林博史「BC級戦犯裁判」岩波新書,23頁
  7. ^ 林博史「BC級戦犯裁判」岩波新書,23頁
  8. ^ 林博史、連合国戦争犯罪委員会と英米(上)、6p
  9. ^ a b c 林博史、連合国戦争犯罪委員会と英米(上)、7p
  10. ^ 林博史、連合国戦争犯罪委員会と英米(上)、5-6p
  11. ^ ナチスによるリディツェレジャーキ村の殲滅
  12. ^ 林博史、連合国戦争犯罪委員会と英米(上)、8p
  13. ^ 林博史、連合国戦争犯罪委員会と英米(上)、9p
  14. ^ 林博史、連合国戦争犯罪委員会と英米(上)、14p
  15. ^ 林博史、連合国戦争犯罪委員会と英米(上)、15p
  16. ^ 林博史、連合国戦争犯罪委員会と英米(上)、32-34p
  17. ^ 林博史、連合国戦争犯罪委員会と英米(上)、34p
  18. ^ 林博史、連合国戦争犯罪委員会と英米(上)、30p
  19. ^ 林博史、連合国戦争犯罪委員会と英米(上)、27-31p
  20. ^ 林博史、連合国戦争犯罪委員会と英米(上)、11p
  21. ^ 林博史、連合国戦争犯罪委員会と英米(下)、53-55p
  22. ^ 林博史、連合国戦争犯罪委員会と英米(下)、58p
  23. ^ a b 林博史、連合国戦争犯罪委員会と英米(下)、61p
  24. ^ 国際刑事裁判所規程を参照
  25. ^ 詳細は、2007年の11月30日のエントリを参照。


「戦争犯罪」の続きの解説一覧





戦争犯罪と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

戦争犯罪に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「戦争犯罪」の関連用語

戦争犯罪のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




戦争犯罪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの戦争犯罪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS