ブレーキキャリパーとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ブレーキキャリパーの意味・解説 

ブレーキキャリパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/06 17:19 UTC 版)

ブレーキキャリパー (brake caliper) は、ディスクブレーキを構成する部品の一つである。ブレーキパッドブレーキローターに押さえつける役割を果たし、摩擦による制動を可能とする。




  1. ^ なお、このタイプのパーキングブレーキを装備した車種の場合、リアキャリパーを交換する際には元のパーキングブレーキ機構付きキャリパーを残したまま、キャリパーをもう一つ増設する形で強化を図る。
  2. ^ サーキット走行などでフルブレーキングを繰り返すとキャリパーベースのスライドピンが変形してキャリパー本体が固着してしまったり、キャリパー本体がハの字状に開いて制動力不足になってしまうことがあるが、これは構造的問題というよりは想定使用条件を超えただけである。
  3. ^ 軽量なので必要制動力も十分賄える
  4. ^ JZX100型ツアラーV等
  5. ^ (摩擦力) = (パッド摩擦係数) X (ピストン荷重)であり、パッド面積は摩擦力には直接影響しないが、耐摩耗性や耐フェード性は向上する
  6. ^ (制動力) = (摩擦力) X (摩擦円半径) である点に注意。ディスク外径が同じならピストンを大径化すると摩擦円半径はかえって小さくなり、ピストン荷重増加を相殺してしまう
  7. ^ その後の進化により大型と小型のピストンを併せ持つ異径ピストン式も登場してきた。
  8. ^ ラリーのようなダート走行環境では深刻な問題だった


「ブレーキキャリパー」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

ブレーキキャリパーに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ブレーキキャリパー」の関連用語

ブレーキキャリパーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

docomo STYLE series SH-08B

WS009KE

マグザム

2Pコネクタ

RADIDEN

ホワイト・ナイト

ヨーロッパ刺しゅうに適した布地

高野山奥之院の杉と線香





ブレーキキャリパーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブレーキキャリパー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS