トランスファーとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 変化 > トランスファー > トランスファーの意味・解説 

乗り換え

読み方のりかえ
別名:乗り替え乗りかえ,トランスファー
【英】transfer, transferring

乗り換えとは、それまで利用してきた対象から別の他社の)ものへ変更移行することを意味する表現である。IT用語としては、契約利用している携帯キャリア換えることを指す場合が多い。あるいは、モバイル端末機種ブランド換えることを指す場合もある。


トランスファー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/05 05:03 UTC 版)

トランスファー: transfer)は、四輪駆動車にみられる部品であり、トランスミッションに接続され、エンジン出力をドライブシャフトプロペラシャフト)を介して前後に分配するための機構である。英語圏では主にトランスファーケース (Transfer case) と呼ばれるほか、トランスファーギアケース (transfer gearcase)、トランスファーギアボックス (transfer gearbox)、トランスファーボックス (transfer box) とも呼ばれる。オーストラリアではジョッキーボックス (jockey box) という呼称も用いられる。




  1. ^ 軽自動車大衆車におけるスタンバイ式と呼ばれる簡素なフルタイム四駆では、センターデフの代用にやや大型のビスカスカップリングをプロペラシャフト中間や駆動軸側のデフギアに配置する場合もある。
  2. ^ このような本格的なものの場合、副変速機とともにフリーホイールハブが搭載されることも一般的であり、ときにデフロックハブリダクションが採用される場合もある。
  3. ^ http://www.morsetec.com/drive.html#hyvo Borg Warner MorseTec chain drive
  4. ^ トランスファーケースに設けられたレバーを操作することや、特定のスイッチを定められた手順で操作するなど
  5. ^ 多くは「2H-4H-4L」といった切り替えパターンを持つため、2WDでローレンジを選択するためには一旦4Lに入れたのちにフリーハブを作動させる必要がある場合もある。
  6. ^ [1]
  7. ^ [2]
  8. ^ 初代三菱・ミラージュ三菱・トレディア三菱・コルディアスーパーシフト4×2は、このようなトランスアクスルに副変速機構を内蔵した稀有な例である。
  9. ^ e.g. en:Force Protection Industries, Charleston, SC
  10. ^ 正確にはセンターデフの切り替え機構であるが、スバル・DCCDもこの方式を採用している


「トランスファー」の続きの解説一覧





トランスファーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

トランスファーに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「トランスファー」の関連用語

トランスファーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Ultrium

ThinkCentre M90z All-In-One

ニコニコメッセ

iPhone 3GS

LYNX 3D

Microsoft Expression 3

LaVie

BlackBerry Passport





トランスファーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2016 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ乗り換えの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのトランスファー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS