デフロックとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > デフロックの意味・解説 

デフロック

英語 differential lock

左右輪の差動運動をさせないよう差動装置(デフ)を直結(ロック)にすることをいう。クルマ旋回するときには内輪外輪旋回半径の差があり、左右輪に回転差が必要で、左右輸の回転差を与えるのが差動装置である。しかしこの装置は、片輸が浮き上がった状態やスリップしやすい低μ路にあると、その車輪トルク抜けて(トルクゼロで)、もう一方車輪駆動力が伝わらなくなり、これを防止するのがデフロックである。オフロード走行には完全デフロックが適しているが、雪道走行などには速度感応LSDが適しており、スポーツ走行にはアクセルワークによる応答性優れることからトルク感応LSDが適している。車両目的に合ったLSD選択が必要である。

デフロック

同義語 電動デフロック
参照 差動制限装置ノンスリップデフ
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

デフロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/08 05:35 UTC 版)

デフロック (Diff-Lock) とは、自動車差動装置デファレンシャル)のバリエーションの一つである。日本語では差動固定装置(さどうこていそうち)やデファレンシャルロックとも呼ばれ、英語圏ではロッキング・デファレンシャル(Locking Differential)やロッカー(Locker)と呼ばれる場合もある。デフロックはいくつかの条件下では標準的な差動装置(オープンデフ)と比較してトラクション(en:Traction (engineering))が向上する可能性がある。オープンデフが左右の車輪に掛かる抵抗に応じて左右の車輪の回転数を可変するのに対して、デフロックは左右の車輪の駆動状態に関係なく、常に同じ回転速度で双方の車輪を回転させ続けるためである。




  1. ^ この現象を逆手に取ったものが、左右片方のドライブシャフトの駆動を断つことでもう片方のドライブシャフトへの回転伝達を無効化するフリーアクスルである。
  2. ^ [1]
  3. ^ [2]
  4. ^ http://blogs.fourwheeler.com/6564589/whats-new/2011-ford-super-duty-electric-locker-lowdown/index.html
  5. ^ VAG four-wheel drive systems and brand names
  6. ^ 独立懸架でいうところのホイールトラベルであるが、この場合は車軸を含む車輪の絶対的な上下可能量を示し、車軸懸架の車種でも用いられる指標である。


「デフロック」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「デフロック」の関連用語

デフロックのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

オベ・アンダーソン

ムジェロ

2次バランサー

モビリオ

ウエットサンプ

不等ピッチコイルスプリング

ポルト

フェンダーライナー





デフロックのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのデフロック (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS