ビスカスカップリングとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ビスカスカップリングの意味・解説 

ビスカスカップリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/08 17:22 UTC 版)

ビスカスカップリング英語:Viscous coupling、VC)は、高粘度シリコンオイルの剪断抵抗を利用した流体クラッチの一種である。西ドイツビスコドライブ[1]が開発し、市販車では1983年フォルクスワーゲン・ゴルフII、ラリーカーでは1984年プジョー・205ターボ16に初採用された。日本製自動車では1983年の三菱・スタリオン4WDラリーがその先駆である。






「ビスカスカップリング」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ビスカスカップリング」の関連用語

ビスカスカップリングのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ツマリツノザメ

メンゲリス

三角ハロー

カルタバ

スピアーノ

Jaguar XJ

おけさ丸

KTM 250 SX-F





ビスカスカップリングのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのビスカスカップリング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS