マグネトーとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > マグネトーの意味・解説 

マグネトー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/17 14:01 UTC 版)

マグネトー(: magneto)は、永久磁石を用いて高電圧の交流電気を発電する機構で、内燃機関点火装置を構成する部品の一つとして点火プラグへの点火電圧を供給するためにも用いられる[1]。なお、発電装置に対する名称のため磁石マグネット(: magnet)とは異なり「マグネトー」が正確な日本語発声である。




  1. ^ Selimo Romeo Bottone (1907). Magnetos for Automobilists, how Made and how Used: A Handbook of Practical Instruction in the Manufacture and Adaptation of the Magneto to the Needs of the Motorist. C. Lockwood and son. 
  2. ^ Kohli, P.L. (1993). Automotive Electrical Equipment. Tata McGraw-Hill. ISBN 0074602160. 
  3. ^ Georgano, G.N. Cars: Early and Vintage, 1886-1930. (London: Grange-Universal, 1985).


「マグネトー」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「マグネトー」の関連用語

マグネトーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

肉桂

魚眼レンズ

茶かん竹

ボンバルディア式DHC-8-402型

すき

ランドレース

ウォーターバラスト

S-1032





マグネトーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマグネトー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS