点火装置とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > 点火装置の意味・解説 

点火装置

英語 ignition systemigniter

火花点火エンジンにおいて、シリンダー内で圧縮された混合気燃焼開始させるのに必要な火花発生させるための装置エンジン回転数負荷などの検出部、1次電流発生部、2次電流変換部、点火プラグコードなどから構成される一連のシステムである。エンジンの運転状態に応じ、最適時期点火するようタイミング決定し、これによって通電された1次電流イグニッションコイルで昇圧し点火プラグ点火する。現在では着火性能の向上や有害排出ガス低減、低燃費などをはかるため、マイクロコンピューターによる点火制御方式主流となっている。この方式はディストリビューターで各スパークプラグに2次電流(高圧)を配電する方法のほか、1次電流(低圧)を各シリンダー配電し、独立した点火コイルから直接スパークプラグ配電する方法があり、後者をディストリビューターレス点式と呼ぶ。

点火装置

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

てんかそうち 点火装置 ignition equipment

バーナー燃焼室等によって構成されるボイラー点火を行う装置自動運転による場合、そのほとんどがスパーク式点火装置による。 バーナー種類制御方式に応じ、直接バーナー点火する方式と、 ガス燃料を用いた点火バーナー点火炎により主のバーナー点火する パイロット方式いずれかが用いられる。

点火装置

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/03/29 11:58 UTC 版)

点火装置(てんかそうち、: Ignition system)は燃料点火するための装置の総称である。火花点火内燃機関では混合気が充填された燃焼室内に放電することで点火し、石油ストーブでは灯油電熱線で熱して点火するなど、燃料を用いる多くの装置に用いられる。




  1. ^ Automobile Ignition System History
  2. ^ 日本製オートバイでは、マグネトー点火式はバッテリーを含め6V、バッテリー点火式は12Vで、倍の開きがある。
  3. ^ セルフスターターに比してバッテリー式点火装置は消費電力が格段に少ない
  4. ^ Super Street Cars, 9/81, p.34.
  5. ^ Super Street Cars, 9/81, p.34.
  6. ^ Super Street Cars, 9/81, p.35.
  7. ^ Super Street Cars, 9/81, p.35.
  8. ^ Super Street Cars, 9/81, p.35.
  9. ^ Super Street Cars, 9/81, p.35.
  10. ^ Super Street Cars, 9/81, p.35.
  11. ^ Super Street Cars, 9/81, p.35.
  12. ^ Super Street Cars, 9/81, p.34.
  13. ^ Super Street Cars, 9/81, p.35.


「点火装置」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「点火装置」の関連用語

点火装置のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

オートザムAZ-ワゴン→マツダAZ-ワゴン

バルブロッカーアーム

クラッチペダル

ポート開閉時期

フェアリング

アルミニウム合金メタル

スケールモデル

ダイス





点火装置のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2016 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの点火装置 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS