プラグとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > プラグ > プラグの意味・解説 

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。


プラグ [1] [0] 【plug】

点火プラグの略。
ルアーの一。プラスチック・バルサ材などを用いて小魚の形に似せたものを付け釣り針。引くと水面を滑ったり,激し動きをする。 → ルアー

スパークプラグ

【別称】プラグ
エンジンを動かすために非常に重要なパーツ一つがスパークプラグ。エンジンの中でキャブレターから送られてきた混合気火花散らし爆発させるという、エンジンにはなくてはならない仕事を行なっている。 設置個所はもちろんエンジン。それもエンジンの一番上部にあることが多くエンジン突き刺さるように取り付けられている。原理比較的簡単。送られてきた電気電極呼ばれる小さな隙間カミナリのように飛び火(スパーク)すると混合気爆発するという仕組みだ。
スパークプラグ


関連用語】カブる キャブレター 混合気 セル

アタッチメント プラグ attachment plug

電気器具一種。プラグを差し込むことにより他の器具連絡配線できる装置。「アタッチメント」と簡単にいう場合もある。

プラグ plug

配管用材料の一。閉塞へいさく)用栓。差し込みもしくは捩(ね)じ込みにより配管などの終末端を 塞(ふさ)ぐ目的に用いる。②電気設備配線用器具で差し込みといわれるコンセント組み合わせ種々の器具との接続に用いられる。

プラグ

電気コード差し込み部をいう。

プラグ

モーター一部品で、点火プラグのこと。シリンダーヘッド取り付けられており、マグネトイグニッションコイル発生した高電圧放電させて、圧縮された混合気点火する。プラグは消耗品であり、レーサー持ち部品として扱われている。純正のものを各レーサー購入して使用している。


プラグ

名前 Praagh

プラグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/10/26 01:47 UTC 版)

プラグ (Plug)




「プラグ」の続きの解説一覧





プラグと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

プラグに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「プラグ」の関連用語

プラグのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

埋込形照明器具

LED

パナビーム

セルフステア

インジケーターランプ

HIDランプ

カジュアルオーク色

ヘルメット





プラグのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
COPYRIGHT © 2016 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機バイク用語辞典
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2016 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
大光電機大光電機
Copylight 2016.DAIKO ELECTRIC CO.,LTD.All rights reserved.
BOAT RACE OFFICIAL WEB SITEBOAT RACE OFFICIAL WEB SITE
COPYRIGHT© BOAT RACE OFFICIAL WEB ALL RIGHTS RESERVED.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプラグ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS