ダウンサイジングコンセプトとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ダウンサイジングコンセプトの意味・解説 

ダウンサイジングコンセプト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/09 13:21 UTC 版)

ダウンサイジングコンセプト[1]downsizing concept)とは、自動車においてターボチャージャースーパーチャージャーなどの過給機を使うことにより、従来エンジンと同等の動力性能を確保したまま排気量を小型化し、巡行時の燃費を向上させるエンジン設計コンセプトのことを指す。ダウンサイジングコンセプトはガソリンエンジンディーゼルエンジンの両方に適用される。和製英語であり、英語では Engine downsizing という。最近では通常「エンジンのダウンサイジング」などと言われているので注意が必要である。




[ヘルプ]
  1. ^ 鈴木孝 『ディーゼルエンジンと自動車』 ISBN 978-4895225090 三樹書房、2008年、108頁
  2. ^ フォルクスワーゲン Technology & Concepts>TSIとダウンサイジング
  3. ^ a b “自動車ライター注目のクルマ 24 スバル レヴォーグ - "日本車初"ダウンサイジングターボ、実力はいかに?”. マイナビニュース. (2014年8月16日). http://news.mynavi.jp/series/pickupcar/024/ 2015年1月14日閲覧。 
  4. ^ “マツダ人見執行役員、ダウンサイズせずにSKYACTIV-Gの燃費向上図る”. Response.. (2013年12月20日). http://response.jp/article/2013/12/20/213452.html 2015年1月14日閲覧。 
  5. ^ エコカー技術:マツダのSKYACTIVターボエンジンは“意味ある”過給ダウンサイジング (1/3) - MONOist(モノイスト)
  6. ^ 日産技報-ダウンサイジング直噴ガソリンターボエンジン(MR16DDT)の開発 (特集:ニッサン・グリーンプログラム2012を支えるパワートレイン技術)
  7. ^ 乗用車やSUVなどでは、特にターボ化の際に変速機の1速やデフの最終減速比を高めるなど、ギアリングが変更されることが多く、これがドライバビリティに大きく影響する
  8. ^ 強まる流体式リターダの装着 小排気量で見直される制動対策 トラクタの安全対策 - 株式会社ニッポンリターダシステム


「ダウンサイジングコンセプト」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ダウンサイジングコンセプト」の関連用語

ダウンサイジングコンセプトのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ハナサキガニ

岩はだ

十三詣り

FOMA P906i

高枝剪定バサミ

白毛

色打掛

試験艦「あすか」型





ダウンサイジングコンセプトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのダウンサイジングコンセプト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS