天然ガス自動車とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > 天然ガス自動車の意味・解説 

天然ガス自動車

英語 natural gas vehicles

天然ガス燃料とする自動車のこと。単位発熱量当たりの二酸化炭素発生量が石油より20%ほど少なく排気ガス中に硫黄酸化物が含まれないなど、低公害燃料として優れた点をもつが、弱点常温気体であるため運搬性、貯蔵性が劣るところである。クルマ搭載する方法としては、液化天然ガスとするLNG法と、液化せず高圧ガスとしてボンベ貯蔵するCNG法がある。CNG法の長所は、既存レシプロ・エンジン技術、とくにLPG(液化石油ガス)車の技術そのまま転用できる点である。2003年3月末現在で1万6561普及している。しかし、燃料体積比較大きいため航続距離が短く、それを改良したLNG法では、高圧でかつ低温断熱された容器が必要。

天然ガス自動車

天然ガス自動車_2

参照 液化石油ガス(LPガス)
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

天然ガス自動車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/28 08:19 UTC 版)

天然ガス自動車(てんねんガスじどうしゃ、英語: natural gas car)は、天然ガス燃料とするエンジンを搭載した自動車で、天然ガス式輸送機器[1]の一種。通常燃料は圧縮された天然ガスであることからCNG[2]自動車とも呼ばれる。液化天然ガス(LNG)を使用したLNG車も一部普及が始まっている。




[ヘルプ]
  1. ^ : natural gas vehicle、略称:NGV
  2. ^ : compressed natural gas
  3. ^ 富士急行「エバーグリーンシャトル」パンフレット(1995年)
  4. ^ バスラマ・インターナショナル97号「CNGとディーゼル、どちらがクリーン?」による。
  5. ^ CNG燃料容器(タンク)の構造 (HONDA)


「天然ガス自動車」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「天然ガス自動車」の関連用語

天然ガス自動車のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

エキゾーストシステム

運転注意力モニター

スパ・フランコルシャン

コルディア

アプライドフェンダー

トーコントロールリンク

オーガニックフォーム

コーナリングランプ





天然ガス自動車のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの天然ガス自動車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS