硫黄酸化物とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 分子化学 > 酸化物 > 硫黄酸化物の意味・解説 

いおうさんかぶつ いわうさんくわ- [6] 【《硫黄》酸化物】

ソックス(SOx

硫黄酸化物(SOx)

硫黄酸素結合してできるものをいい,二酸化硫黄(SO2),三酸化硫黄(SO3)等があります大気汚染の主原因考えられているものの大部分二酸化硫黄で,刺激性が強く1~10ppm程度でにおいを感じ呼吸機能影響を及ぼすほか,眼の粘膜刺激与え流涙をきたします。
SO2係る環境基準1時間一日平均値が0.04ppm以下で,かつ1時間値が0.1ppm以下。規制基準(q)=排出係数(K)×10-3×ばい煙排出口の高さ(He)2

硫黄酸化物

分野
大気汚染に関する用語
意味:
硫黄酸素との化合物二酸化硫黄亜硫酸ガス)を主とし、三酸化硫黄などを含む総称SOx書くこともある)。酸性雨原因物質一つ

硫黄酸化物 Sulfur Oxides

一般にSOx呼ばれている物質で、天然には、火山'温泉などに存在するほか、石炭石油を燃やすとそれらに含まれている硫黄分酸素結合して発生する。
代表的なものが、亜硫酸ガス(SO2)。
大気中に一定以上存在すると人体悪影響を及ぼすほか、窒素酸化物(NOx)とともに酸性雨原因物質にも挙げられている。
硫黄分ディーゼル軽油にも微量含まれていて、燃料系の潤滑役割を果たしてきたが、最近排ガス対策から削減される方向にある。
かつては石炭重油燃料として使う工場主要な発生源だったが、日本始めとする先進工業国では、1970年代以降脱硫装置などの導入義務づけて排出厳し規制
その結果排出量は大幅削減された。
しかしながら、争くの発展途上国では経済的理由などから規制導入が遅れており、それが酸性雨など「国境越え環境汚染」の原因になっているという指摘がある。

硫黄酸化物(SOx)

英語 sulfur oxides

おもに燃料中の硫黄分シリンダー中で酸化され、硫黄酸化物として排気系から放出されたもの。硫黄には多く原子価があり、硫黄原子1個と酸素原子2個が結合したSO2酸素3個と結合したSO3という化合物があるため、SOx呼ばれている。SO2はとくに亜硫酸ガス呼ばれる強い刺激臭を有する無色気体で、20ppmでのどや自の粘膜刺激し、100ppmでは肺の機能障害与え大気汚染物質として古くから知られている。SO2酸化するとSO3になる。さらにSO3溶ける硫酸となり、酸性雨原因となる。この排出燃料硫黄分が含まれているかぎり避けることはできないため、焼却炉では脱硫装置付けてカルシウム反応させ、石膏変換する。自動車からは燃料中に含まれる硫黄の量に応じて硫黄酸化物が発生するので、燃料中に含まれる硫黄分対す法規制導入されている。また燃料中の硫黄分触媒装置機能劣化させるため、とくに今後ディーゼル車排出ガス対策強化向けてディーゼル燃料さらなる硫黄化が要求されている。

参照 サルフェート
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

硫黄酸化物

読み方いおうさんかぶつ
【英】: sulfur oxides
同義語: ソックス  

一般に原油中には硫黄化合物が含まれており、ほとんどの石油製品中に含有されている。 重油石炭などの燃料中に含まれている硫黄分燃焼すると二酸化硫黄亜硫酸ガス SO2 )や、三酸化硫黄無水硫酸 SO3 )という硫黄酸化物になる。
これらの硫黄酸化物は一般に SOx とも呼ばれるが、無色刺激性の強い気体人体呼吸器刺激し、慢性気管支炎などの呼吸器疾患原因になるといわれており、そのまま大気中に放出されると大気汚染の重要な一因になる。石油危機以前において重油需要増大に伴い、特に人口密集し、工場集中している主要都市部などで大気汚染深刻な社会問題となった。このため1962 年 4 月に「煤煙ばいえん}の排出規制に関する法律」が公布され、その後 1968 年 6 月同法は「大気汚染防止法」に改められた。続いて 1969 年 2 月に「硫黄酸化物に係る環境基準」が設定されるなどして、総合的公害防止対策が図られるようになったこのような規制に対応し、石油精製業における供給重油の低硫黄化や、排煙脱硫実施などによって、最近では硫黄酸化物による大気汚染著しく改善されてきている。

ソックス

読み方そっくす
【英】: sulfur oxides
同義語: 硫黄酸化物  
略語: SOx

»硫黄酸化物

硫黄酸化物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/10/26 10:37 UTC 版)

硫黄酸化物(いおうさんかぶつ、: sulfur oxide)は、硫黄酸化物の総称。一酸化硫黄 (SO)、二酸化硫黄(亜硫酸ガス)(SO2)、三酸化硫黄 (SO3) などが含まれる。化学式から SOx (ソックス)と略称される。






「硫黄酸化物」の続きの解説一覧





硫黄酸化物と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

硫黄酸化物に関連した本

硫黄酸化物に関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「硫黄酸化物」の関連用語

硫黄酸化物のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




硫黄酸化物のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
九州環境管理協会九州環境管理協会
財団法人 九州環境管理協会(以下、「当協会」とします)ホームページに記載されている全ての文章、写真その他の画像等の著作権は、すべて当協会に帰属します。これらを無断で転載・複製することは、私的使用または引用として使用する場合を除き、著作権法で禁止されています。
気象庁気象庁
©2014 Japan Meteorological Agency. All rights reserved.
なお、「気象庁 予報用語」には、気象庁の「気象庁が天気予報等で用いる予報用語」に掲載されている2009年11月現在の情報から引用しております。
いすゞ自動車いすゞ自動車
Copyright(C) 2014 ISUZU MOTORS LIMITED
いすゞ自動車自動車用語辞典
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2014 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの硫黄酸化物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS