アンダーステアとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > アンダーステアの意味・解説 

アンダーステア

英語 understeer

定常旋回中、車速上げたとき、旋回半径大きくなっていく旋回特性をいう。USと略称する前輪スリップ角が後輪それより大で、スタビリティファクターKが正の特性である。外乱によってヨー運動が起こったとき復元モーメント発生し、ヨー運動抑制する。系として安定で、クルマにとって好ましい特性であるが、強すぎると旋回半径変化激しくなり、また応答性低下する。したがって、必要な応答性確保過渡応答での安定マージン考慮し、一般に弱いアンダーステアに設定される。FF車は、前軸への荷重配分大きいことと、駆動力によるコーナリングフォース減少から、基本的にUS傾向をもつ。アンダーには不十分の味がある

反対語 オーバーステア
参照 ステア特性スタビリティファクターニュートラルステアリバースステア
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

アンダーステア

【別称】アンダー
コーナーを曲がっているときに、思っているよりも外側にふくらんでしまう現象のこと。運転操作のことではなくバイク自体特性のことを指す。 逆に内側に切れ込んでいく現象を、オーバーステアという。
アンダーステア


アンダーステア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/14 14:23 UTC 版)

アンダーステア(understeer)またはアンダーステア傾向とは、通常レベルの直進安定性を持った自動車が、定常円旋回で一定の角のまま駆動力(速度)を上げていった際、前輪の接地摩擦力が遠心力に負け、車両が円の外側へ向く挙動を示すシャーシ特性を指す。または、一定の旋回を続けるのにハンドルを切る事が必要な状態などをさす。 特にモータースポーツではプッシュタイトとも呼ばれる。




「アンダーステア」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

アンダーステアに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アンダーステア」の関連用語

アンダーステアのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

O2センサー

GPS

ダイレクトバルブ駆動

ヒートガード

ゼロエミッションビークル

馬力

フェアレディ

フラッグシップ





アンダーステアのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ヤマハ発動機ヤマハ発動機
COPYRIGHT © 2016 YAMAHA MOTOR CO., LTD. All Rights Reserved.
ヤマハ発動機バイク用語辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアンダーステア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS