横置きエンジンとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > 横置きエンジンの意味・解説 

横置きエンジン

英語 transverse mounted engine

自動車前後中心線に対して、直角方向クランク中心線をもつようにエンジン搭載する方式。または、車両中心線に対し横方向に搭載するように設計されたエンジン。横置きエンジンの搭載位置として、フロントミドシップがあり、リヤエンジン方式でも可能である。エンジン仕様として、縦置きエンジン比べると、傾斜姿勢や吸排気マニホールド位置エンジンマウント方式冷却ファン駆動システムなどが異なる。一般にエンジンクランク軸平になるように搭載されている。また、コストダウンのために同じエンジンでも縦置きと横置きの使用設定される場合が多い。

縦置きエンジン

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

横置きエンジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/01/21 04:02 UTC 版)

横置きエンジン(よこおきエンジン)とは、エンジンクランクシャフトが進行方向に対して横方向に搭載されているエンジンのことをいう。英語では「transverse engine」(トランスバース・エンジン)がフォーマルな言い方だが、自動車前方を地図に見立てて「east-west engine」(イースト=ウェスト・エンジン)という言い方も広く用いられる。


  1. ^ ホイールベースを伸ばすと重心も後ろへ移動する
  2. ^ 一方、市販車改造ではないレーシングカーは、ほぼすべてが縦置きエンジンであるが、フェラーリ・312Tのように、トランスアクスルのみを横置きとしたものもある。
  3. ^ 俗に「ひな壇」と呼ばれる。


「横置きエンジン」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「横置きエンジン」の関連用語

横置きエンジンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

グロリア

117クーペ

グループN

インホイールモーター

コーンクラッチ

ジル・ビルヌーブ

スロットルモーター

ウイングランプ





横置きエンジンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの横置きエンジン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS