排気再循環とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 排気再循環の意味・解説 

排気再循環

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/08 00:45 UTC 版)

排気再循環(はいきさいじゅんかん、英語:Exhaust Gas Recirculation)とは、自動車用の小型内燃機関において燃焼後の排気ガスの一部を取り入れ、再度吸気させる技術(手法あるいは方法)である。主として排気ガス中の窒素酸化物(NOx低減や部分負荷時の燃費向上を目的としている。英語表記の頭文字をとってEGRと通称される。




[ヘルプ]
  1. ^ アイドル時のエンジン振動と吸気騒音を低減する目的や、コンバインドガバナーのための負圧を得る目的でスロットルバルブを設ける場合もある。
  2. ^ a b 吸気系の制御を行うエアマネジメント技術”. いすゞ自動車. 2007年7月25日閲覧。
  3. ^ a b 日野自動車プレスリリース NO.03-028 2003年9月18日”. 日野自動車. 2007年1月16日閲覧。


「排気再循環」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「排気再循環」の関連用語

排気再循環のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ドライバー

中座真

金色メッキ

ゲルマニウム半導体検出器

Polo

FXDB

なると

イセⅢ型





排気再循環のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの排気再循環 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS