クランクシャフトとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 機構 > シャフト > クランクシャフトの意味・解説 

クランクシャフト

英語 crankshaft

クランク軸とも呼ぶ。接合する部品との複合語場合には単にクランクと略される場合が多い。ピストンエンジン主運動系中心的部品で、ピストン往復運動コネクティングロッドを介して回転運動変える主運動系中心をなす。シリンダーブロック支持されるクランクジャーナルコネクティングロッドの大端部取り付けられるクランクピンクランクアーム(クランクウェブ)およびカウンターウエイトからなる前端部にはクランクプーリーを装着できるようになっており、後端部にはフライホイール締結するフランジ設けられる。ねじれ剛性曲げ剛性を高く保つことが重要であり、軸部分耐摩耗性が重要なファクターになる。内部クランクジャーナルピンをつなぐ油路を設けて、クランクとコネクテイングロッドベアリングに給油している。材質には特殊鋼炭素鋼、特殊鋳鉄などが用いられ、軸部には高周波焼入れ浸炭窒化(タフトライド)が施される。クランクシャフトの剛性と軸部分耐摩耗性きわめて重要であり、応力集中避けるため、クランクピンジャーナル部の肩部には隅アールつけたり、フィレットロール加工施したり、疲労強度上げることが大切である。また、設計上は振動低減のため、カウンターウエイト重量形状配慮が必要である。スチール鍛造品または鋳造品である。また、レーシングエンジンではクロムモリブデンなどの特殊鋼が使われる。

クランクシャフト

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

クランクシャフト

モーター一部分モーターで作られたピストン往復運動を、直線的働きから回転運動転換させる役割を担う。
現用モーター直列2気筒(2ピストン)で、等間隔爆発方式を採っているため、クランクシャフトは180クランクになっている。クランクシャフトにねじれや歪みがあると、性能影響が出るのは当然だが、今日では、新品シャフト交換したなどという事例にはあまり接しない。その理由は、製品完成度一段と高くなっていることや耐久性優れていることにもよるが、何よりも部品としては破格値段だからである。


クランクシャフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/01/23 06:04 UTC 版)

クランクシャフト (crankshaft) は、エンジンの構成部品の一つ。ピストンの往復運動を回転力に変えるための軸。曲柄軸、クランク軸、エンジンの主軸となる屈曲軸。かつて日本語では曲軸と言われた。




  1. ^ Sally Ganchy, Sarah Gancher (2009), Islam and Science, Medicine, and Technology, The Rosen Publishing Group, p. 41, ISBN 1435850661 


「クランクシャフト」の続きの解説一覧





クランクシャフトと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

クランクシャフトに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「クランクシャフト」の関連用語

クランクシャフトのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

クロスプライタイヤ

シュラウド

ラビリンスパッキン

インプレッサ

バンプストッパー

トルネオ

ダイヤルゲージ

液圧成形





クランクシャフトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
BOAT RACE OFFICIAL WEB SITEBOAT RACE OFFICIAL WEB SITE
COPYRIGHT© BOAT RACE OFFICIAL WEB ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクランクシャフト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS