つけたりとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 文語活用形辞書 > つけたりの意味・解説 

つけ たり [0] 【付けたり】

動詞「付く」の連用形助動詞「たり」の付いたものから〕
主なものにつけ加えられた,大した価値のないもの。付録。 「最後注意書きは-にすぎない
だしに使うもの。口実。 「旦那への用は-で,御用が済むと直ぐ嬢様の/社会百面相 魯庵


漬けたり、浸けたり

読み方:つけたり

カ行下二段活用動詞漬く」「浸く」の連用形漬け」「浸け」に、完了助動詞「たり」が付いた形。
漬く」「浸く」の口語形としては、カ行下一段活用動詞漬ける」「浸ける」が対応する。

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

つけたりに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「つけたり」の関連用語

つけたりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

フィット アリア

アオモグサ

1・1/2t救急車

カナダヤマアラシ

酒井 栄男

縞竹

2000系

小鹿田皿山の唐臼





つけたりのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary

©2017 Weblio RSS