バランスシャフトとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 機構 > シャフト > バランスシャフトの意味・解説 

バランスシャフト

英語 balance shaft

ピストンエンジン回転により生じる主運動系(ピストンコンロッド一部)の質量により発生する、不平慣性力打ち消すようにクランクシャフト回転同期させ、釣り合わせる錘を偏心して回転させるシャフトまた、このシャフト不平偶力打ち消すようにしたものがある。これにより、エンジン発生する低周波剛体振動低減し、車内騒音を低く抑えることができる。エンジン回転数2次振動打ち消すためには、クランクシャフトの2倍の速度回転させるため、ベアリング部には細心設計が必要であるほか、重量若干かさむことは避けられない

バランスシャフト

参照 2次バランサー
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

バランスシャフト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/01 15:41 UTC 版)

バランスシャフトとはレシプロエンジンにおけるエンジンの振動の抑制技術であり、直列4気筒に代表されるエンジンバランスの自己相殺が難しいレイアウトにおいて、クランクシャフトから発生する振動を低減するための偏心シャフトである。特に近年の乗用車用ディーゼルエンジンでは採用例が多い(水平対向ディーゼルを除く)。バランスシャフトの基本概念は、1904年イギリスフレデリック・ランチェスターによって発明された[1]




  1. ^ a b "Engine Smoothness", Mark Wan, AutoZine Technical School, 1998–2000
  2. ^ "Shaking forces of twin engines", Vittore Cossalter, Dinamoto.it
  3. ^ Bowen, Robert (January 15), How to Build Max-Performance Mitsubishi 4G63t Engines, S-A Design, ISBN 978-1932494624 
  1. ^ 三菱・4G6型エンジンのうち、4G61のみサイレントシャフトが搭載されなかった。この4G61の内部部品を流用する事でサイレントシャフトを除去する改造が行えた。


「バランスシャフト」の続きの解説一覧





バランスシャフトと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

バランスシャフトに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「バランスシャフト」の関連用語

バランスシャフトのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

カウンターステア

オートザムAZ-3

はっ水ウインドウシステム

ダウエルピン

リニアコントロールバルブ付き低圧ガス封入式ショックアブソーバー

オーバーヘッドコンソール

アトレー7

背面キャリア





バランスシャフトのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバランスシャフト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS