ディーゼル微粒子捕集フィルターとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ディーゼル微粒子捕集フィルターの意味・解説 

ディーゼル微粒子捕集フィルター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/04/20 08:25 UTC 版)

ディーゼル微粒子捕集フィルター[1](ディーゼルびりゅうしほしゅうフィルター、Diesel particulate filterDPF)は、ディーゼルエンジン排気ガス中の粒子状物質を漉し取り軽減させるフィルターである。トラックバストラクターなどのマフラーなどに装着する。




[ヘルプ]


「ディーゼル微粒子捕集フィルター」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ディーゼル微粒子捕集フィルター」の関連用語

ディーゼル微粒子捕集フィルターのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

Express5800

発電所等

フランス刺しゅう針

ぬりたし

ムラサキシメジ

重太郎

ゴールデンバタフライフィッシュ

フロントロックナイフ





ディーゼル微粒子捕集フィルターのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのディーゼル微粒子捕集フィルター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS