ドライブ・バイ・ワイヤとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > ドライブ・バイ・ワイヤの意味・解説 

ドライブバイワイヤ

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ドライブ・バイ・ワイヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/21 15:00 UTC 版)

ドライブ・バイ・ワイヤ (drive-by-wire)は、自動車における運転制御システムの1種で、従来の機械式制御に置き換わり機械的仕事を電線内(電線=ワイヤ)を通る電気信号で制御するシステムのことであり、元は航空機の操舵システムであるフライ・バイ・ワイヤの転用である。 変速機(シフト・バイ・ワイヤ)、ステアリング(ステア・バイ・ワイヤ)、ブレーキブレーキ・バイ・ワイヤ)の電子制御は開発・販売例(日産・スカイラインセダン V37のダイレクト・アダクティブ・ステアリングやいすゞ自動車NAVi5)はあるが、本格的な普及にはまだいたらず研究段階であり、現状では自動車用で広く普及している電子制御はスロットル制御(スロットル・バイ・ワイヤ)のみである。スロットルの駆動方式のみを指して電子制御スロットル(電制スロットル、電スロ)と呼ばれることもある。以下はスロットル・バイ・ワイヤのみの説明である。






「ドライブ・バイ・ワイヤ」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ドライブ・バイ・ワイヤ」の関連用語

ドライブ・バイ・ワイヤのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

エンドヨーク

テリオス

カーブ進入速度危険防止支援システム

プリウス

Jゲートセレクター

サージ

遠心鋳造法

iモビリティセンター





ドライブ・バイ・ワイヤのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのドライブ・バイ・ワイヤ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS