二次空気導入装置とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 二次空気導入装置の意味・解説 

二次空気導入装置

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/12/23 01:35 UTC 版)

二次空気導入装置(にじくうきどうにゅうそうち)とは、ガソリンエンジンを搭載した自動車などで排気ガスに含まれる未燃焼炭化水素の完全燃焼させる装置である。日本では二次空気噴射装置(にじくうきふんしゃそうち)や二次空気供給装置(にじくうききょうきゅうそうち)と呼ばれる場合があり、国土交通省環境省の技術区分上は、エアポンプなどによって強制的に空気を送る方式を二次空気噴射装置(AI)、リードバルブなどの受動的な供給方式を二次空気供給装置(AS)として分類している[1][2]。英語圏ではスモッグポンプ(: Smog pump)やエアインジェクション(: Air injection)と呼ばれる場合もある。






「二次空気導入装置」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「二次空気導入装置」の関連用語

二次空気導入装置のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

メタン・ハイドレート

ハット

宮崎ラーメン

ニューギニアワニ

二重反転ローター

球根水洗機

U-36A

おれんじ7





二次空気導入装置のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの二次空気導入装置 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS