lidocaineとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > lidocaineの意味・解説 

リドカイン

分子式C14H22N2O
慣用名 ルカイナ、イシカイン、リドカイン、ズンカイン、キシロカイン、リグノカイン、レオステシン、Rucaina、Duncaine、Isicaine、Leostesin、Lidocaine、Xylocaine、Lignocaine、2-(Diethylamino)-N-(2,6-dimethylphenyl)acetamide、グラボカイン、Xylocain、Xylestesin、Maricaine、Isicaina、Solcain、Xycaine、Xylocitin、キシロシチン、Gravocain、マリカイン、ソルカイン、キシレステシン、キシカイン、イシカイナ、2-Diethylamino-2',6'-dimethylacetanilide、L-740、N-(2,6-Dimethylphenyl)-2-(diethylamino)acetamide、Liocaine、リオカイン、N-(2,6-Dimethylphenyl)-Nα,Nα-diethylglycinamide、Proliferol、プロリフェロール、Xylocaine viscous、キシロカインビスカス、アネトカイン、Anetocaine、オリベス、Olives、パートラン、Partran、フリードカイン、Freedocaine、ペンレス、Penles、ユーパッチ、Youpatch、メドカイン、Medcaine
体系名: 2-(ジエチルアミノ)-N-(2,6-ジメチルフェニル)アセトアミド、2-ジエチルアミノ-2',6'-ジメチルアセトアニリド、N-(2,6-ジメチルフェニル)-2-(ジエチルアミノ)アセトアミド、N-(2,6-ジメチルフェニル)-Nα,Nα-ジエチルグリシンアミド


リドカイン

薬物リドカイン
英名lidocaine
化合物名or商品名キシロカイン
分子式C14H22N2O
分子データ
用途局所麻酔薬表面麻酔
副作用
胎,授乳児への影響
備考プロカイン塩酸塩の数倍の強さ
融点6869
沸点180182
LD50(マウス)/mg kg-1292(経口)
LD50(その他)/mg kg-1
» 「動く分子事典」の分子モデル表示の特性について、「生活環境化学の部屋」より補足説明をいただいております。

リドカイン

【仮名】りどかいん
原文】lidocaine

皮膚の神経末端において痛み信号遮断することにより痛み軽減させる物質不整脈止めるために静脈内投与されることもある。局所麻酔薬一種であり、抗不整脈薬一種でもある。

リドカイン

(lidocaine から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/12 04:40 UTC 版)

リドカイン: Lidocain)は、世界で最も広く使用される局所麻酔薬であり、抗不整脈薬でもある。また、神経痛や手足のしびれの症状の一部にも有効である。




[ヘルプ]
  1. ^ a b 「リドカイン」『日本薬局方』第16改正。1452頁。厚生労働省。(2011-03-24)
  2. ^ a b c d Lidocaine (DB00281)
  3. ^ Lidocaine excretion in breast milk


「リドカイン」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「lidocaine」の関連用語

1
リドカインアセタート 化学物質辞書
94% |||||

2
72% |||||

3
リドカイン炭酸塩 化学物質辞書
72% |||||

4
リドカイン硫酸塩 化学物質辞書
72% |||||

5
ヘモザ 化学物質辞書
50% |||||

6
リグノスパン 化学物質辞書
50% |||||

7
50% |||||

lidocaineのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ルリカケス

トマト

ミニキャブ バン

とびら

ブルーフェイスド レスター

ミツバ

S-643

BMW M3 クーペ





lidocaineのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
生活環境化学の部屋生活環境化学の部屋
Copyright © 2017 Home Page for Learning Environmental Chemistry, All rights reserved.
Jmol is a free, open-source software licensed under the GNU Lesser General Public License
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2017 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリドカイン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS