日本のビールとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本のビールの意味・解説 

日本のビール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/11 05:30 UTC 版)

日本のビール英語: Beer in Japan)では、日本で製造および輸入されるビールの概要について記す。




  1. ^ Discovering Tokyo's Craft Beer Bars - The City Lane
  2. ^ a b c 『ビール入門』 保育社1990年、108頁。ISBN 9784586508006
  3. ^ a b (1)「びいる」の登場”. 麒麟麦酒. 2017年2月27日閲覧。
  4. ^ a b (2)蘭日辞書の「ビール」”. 麒麟麦酒. 2017年2月27日閲覧。
  5. ^ a b (3)「ビア」より「ビール」”. 麒麟麦酒. 2017年2月27日閲覧。
  6. ^ オランダ商館長ドゥーフが自家製ビールを醸造する”. 麒麟麦酒. 2017年2月27日閲覧。
  7. ^ 飢饉対策としてビール醸造法を記した反幕府の天才蘭学者・高野長英”. 麒麟麦酒. 2017年2月27日閲覧。
  8. ^ a b 川本幸民がビールの醸造実験”. 麒麟麦酒. 2017年2月27日閲覧。
  9. ^ 井沢省吾 『エピソードで読む日本の化学の歴史』 秀和システム2016年、66頁。ISBN 9784798045238
  10. ^ 横浜に日本初のビール醸造所ジャパン・ブルワリー開設”. 麒麟麦酒. 2017年2月27日閲覧。
  11. ^ a b 柳田卓爾 2008, p. 28.
  12. ^ 渋谷庄三郎”. 麒麟麦酒. 2017年2月27日閲覧。
  13. ^ 柳田卓爾 2008, p. 32.
  14. ^ a b 柳田卓爾 2008, p. 32‐34.
  15. ^ 柳田卓爾 2008, p. 34.
  16. ^ 柳田卓爾 2008, p. 36.
  17. ^ 柳田卓爾 2008, p. 39-40.
  18. ^ a b c d 濱口和夫 「41 大恐慌を生き抜いた日本のビール会社たち」『ビールうんちく読本』 PHP研究所1992年ISBN 9784569564821
  19. ^ 戦時下、統制下におけるビール キリンビール・ホームページ 2017年8月27日閲覧
  20. ^ 柳田卓爾 2008, p. 58.
  21. ^ 「いつの時代も種はある」ビールの失敗が生んだバイオ事業躍進 宝ホールディングス。”. 産経WEST (2015年6月21日). 2018年3月8日閲覧。
  22. ^ どん底「夕日ビール」で組合10年、リストラと対峙 アサヒグループHD社長 小路明善氏(上)”. 日経スタイル (2017年4月9日). 2018年3月12日閲覧。
  23. ^ a b 近藤正高 (2017年3月17日). “ご存知ですか? 3月17日はアサヒスーパードライが発売された日です。”. 文春オンライン. 2018年3月12日閲覧。
  24. ^ a b c d e f g ビール酒造組合・発泡酒の税制を考える会 (2011年). “日本のビール・発泡酒・新ジャンルと税 (PDF)”. ビール酒造組合. 2018年3月8日閲覧。
  25. ^ a b c d e f 三木義一 (2014年12月4日). “ビール文化をかき乱す、税とお酒の腐れ縁”. NIKKEI STYLE. 2018年3月8日閲覧。
  26. ^ [1] Archived April 7, 2005, at the Wayback Machine.
  27. ^ Kamiya, Setsuko, "Suds on tap for summer thirsts", The Japan Times, 7 August 2007, p. 2.
  28. ^ a b 榊原英資 「Ⅳ 日本のおかしなビール消費」『知的食生活のすすめ: 食文化と歴史から考える新しいライフスタイル』 東洋経済新報社2009年ISBN 9784492043509
  29. ^ ビールの表示に関する公正競争規約 (PDF)”. 全国公正取引協議会連合会. 2017年2月27日閲覧。・第4条
  30. ^ William Campbell, What the Japanese are drinking, The Japan Times, April 13, 2007. [リンク切れ]
  31. ^ Global Beer Consumption by Country”. www.kirinholdings.co.jp. Kirin Beer University Report. 2014年6月3日閲覧。
  32. ^ Global Beer Consumption by Country 2014”. Kirin Beer University Report. Kirin Holdings. 2017年4月8日閲覧。
  33. ^ Beer in Japan”. www.euromonitor.com. Euromonitor Reports. 2014年6月3日閲覧。
  34. ^ a b Kachi, Hiroyuki (2014年1月16日). “Japan's Beer Drinkers Still Not Raising a Glass to Abenomics”. The Wall Street Journal. http://blogs.wsj.com/japanrealtime/2014/01/16/japans-beer-drinkers-still-not-raising-a-glass-to-abenomics/ 2014年7月24日閲覧。 
  35. ^ Yamaguchi, Yuki (2013年6月7日). “Imported $60 Stout Opens Doors for Japan Craft Beer Revival”. Bloomberg. https://www.bloomberg.com/news/2013-06-06/-60-imported-stout-opens-doors-for-japan-craft-beer-revival.html 2014年7月13日閲覧。 
  36. ^ a b c 「地ビール」はいかにして「クラフトビール」として蘇ったか。”. フードリンク (2015年4月16日). 2017年10月19日閲覧。
  37. ^ a b c 多タップ揃えた量販型ビアパブから、醸造家の顔が見えるブルーパブ回帰へ。”. フードリンク (2015年4月21日). 2017年10月19日閲覧。
  38. ^ 野田幾子 (2017年6月14日). “キリンが惚れた“世界的クラフトビール会社”の実像 人気を支えるのは「カリスマ醸造家」”. 日経トレンディネット. 2017年10月19日閲覧。
  39. ^ 付表1 地ビール製造免許場(者)数の推移 (PDF)”. 国税庁 (2017年3月). 2017年10月19日閲覧。
  40. ^ “Should time be called on public drinking?”. BBC News Online. (2008年6月2日). http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/magazine/7427304.stm 
  41. ^ To Foreign Nationals who Drive Vehicles in Japan”. National Police Agency. National Police Agency. 2016年5月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年8月22日閲覧。
  42. ^ 坂口謹一郎 『坂口謹一郎酒学集成』4、岩波書店1998年、229-232頁。ISBN 978-4000261890
  43. ^ 鈴木義男. “法廷に現れたる統制違反”. 法律時報 (日本評論社) 16巻3号 (1944年3月). 
  44. ^ 麒麟麦酒 『ビールと日本人―明治・大正・昭和ビール普及史』 麒麟麦酒1983年、318頁。
  45. ^ a b 中村剛 (2016年2月20日). “ビール泡品質向上への一貫した取組み”. 公益社団法人日本農芸化学会. 2018年5月11日閲覧。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本のビール」の関連用語

日本のビールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

はすばラック

観測技術の変遷

C.C.アプリコット・ソーダ

docomo STYLE series L-01B

ニセコ積丹小樽海岸国定公園

シガーボックス

ヒゲ

PC-98VX4/WN





日本のビールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本のビール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS