OSI参照モデルとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > ネットワーク用語 > OSI参照モデルの意味・解説 

OSI参照モデル

読み方オーエスアイさんしょうモデル
別名:OSI基本参照モデルOSI階層モデル
【英】OSI basic reference model, OSI reference model, OSI layer model

OSI参照モデルとは、異な機種間におけるデータ通信実現するためのプロトコル通信規約体系として定められたOSIOpen Systems Interconnectionに基づきコンピューターの持つべき通信機能を7つの階層区分したモデルのことである。1977年国際標準化機構ISO)によって制定された。

OSI参照モデルは、システム相互接続するために開発される規格に共通の基盤提供する(それによって開発効率向上させる)こと、ならびに既存規格モデル内に位置付けることの2つを目的にしている。物理的接続のための規格から業務処理に必要な規格までを7つの階層レイヤー)に分割して、通信に必要とされる処理機能体系的まとめている。

第1層フィジカル層)では、伝送経路上のデータ表現方式インターフェース形状など、ネットワーク接続伝送に関する物理的物質的方式規定されている。

第2層データリンク層)では、伝送経路構成し、直接接続されている通信機器間でのデータ識別経路選択に関する方式規定されている。

第3層ネットワーク層)では、第2層以下のプロトコル用いて接続されているネットワーク同士通信をおこなうための方式規定されている。

第4層トランスポート層)では、データ送受信を行う端末どうしでデータ正しく手順を踏んで送り届けられたか、という管理信頼性確保のための方式規定されている。

第5層セッション層)では、データ流れ論理的回路確立切断回線状態などの管理方式規定されている。

第6層プレゼンテーション層)では、文字コード圧縮形式など、外部入力装置から読み込んだ機器固有のデータ形式ネットワーク共通の形式変換するための方式規定されている。

第7層アプリケーション層)では、ネットワーク通じて通信するアプリケーション相互にデータやり取りする場合に必要とする共通のデータ構造などが規定される。

プロトコルとしてのOSIは、インターネット普及に伴い台頭してきたTCP/IP標準の座を譲ることとなったが、OSI参照モデルは明快構図として、現在でもデータ通信構造説明する際によく用いられる。

通信方式のほかの用語一覧
OSI:  ネットワーク層  OSI階層モデル  OSI基本参照モデル  OSI参照モデル  PHY  レイヤ1  レイヤ2

OSI参照モデル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/31 22:51 UTC 版)

OSI参照モデル(OSIさんしょうモデル、: OSI reference model)は、国際標準化機構(ISO)によって策定された、コンピュータの持つべき通信機能を階層構造に分割したモデルである。OSI基本参照モデルOSIモデルなどとも呼ばれ、通信機能(通信プロトコル)を7つの階層に分けて定義している。




  1. ^ (注)OSI参照モデルの第7層における「アプリケーション」とは、あくまでHTTPやFTP等の通信サービスのことであり、いわゆる「アプリケーションソフト」の意味ではない。また "ユーザーが操作するインターフェース" のことでもない。別物である。これは頻繁に誤解されていることなので注意が必要である。第七層も一般ユーザーには直接には全く見えない形で、メーリングソフトやホームページ作成公開ソフト等のアプリケーションソフトの背後で作動しているのである。
  2. ^ ITU-T Recommendation Q.1400 (03/1993), Architecture framework for the development of signalling and OA&M protocols using OSI concepts, pp 4, 7.


「OSI参照モデル」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

OSI参照モデルに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「OSI参照モデル」の関連用語

OSI参照モデルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




OSI参照モデルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2014 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2014 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリOSI参照モデルの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのOSI参照モデル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS