名古屋第二環状自動車道とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 路線 > 道路 > 日本の高速道路 > 名古屋第二環状自動車道の意味・解説 

名古屋第二環状自動車道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/23 17:29 UTC 版)

名古屋第二環状自動車道(なごやだいにかんじょうじどうしゃどう、NAGOYA-DAINI-KANJO EXPRESSWAY)は中日本高速道路株式会社(NEXCO中日本)が管理している名古屋市外縁を回る高速道路高速自動車国道)で、名古屋環状2号線の専用部の一部である[1]。略称は名二環(めいにかん、MEI-NIKAN EXPWY)[1]




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 出口ないし入口専用の山田西IC、山田東ICを除く。
  2. ^ 日本道路公団は国の出資によって設立された法人、地方道路公社は地方公共団体によって設立された法人である。両者ともそれぞれの出資者の代行機関的性格を持つ。なお、首都高速道路公団は国と地方公共団体の折半出資の法人である(『名古屋高速道路公社二十年史』1991年、26頁)。
  3. ^ 部分的に一般国道302号に指定されたのは1969年だが建設省の直轄事業とされたのは1971年4月からである(『二十年のあゆみ』建設省中部地方建設局 愛知国道工事事務所、1991年、21頁)。

出典

  1. ^ a b 愛知国道事務所 2012, p. 2.
  2. ^ 愛知国道工事事務所 2000, pp. 16 - 17.
  3. ^ a b 建設省中部地方建設局 愛知国道工事事務所 1991, p. 91.
  4. ^ a b c d 愛知国道工事事務所 2000, p. 19.
  5. ^ http://media2.c-nexco.co.jp/images/charge/170717668153c76499bb91d.pdf
  6. ^ 愛知国道工事事務所 2000, p. 15.
  7. ^ 国土交通省中部地方整備局愛知国道事務所 2012, pp. 2 - 4.
  8. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 180.
  9. ^ そこが知りたい 名古屋高速Q&A” (日本語). 名古屋高速道路公社. 2016年5月31日閲覧。
  10. ^ a b c 日本道路公団名古屋建設局 名古屋工事事務所 1995, p. 545.
  11. ^ a b c d e 日本道路公団名古屋建設局 名古屋工事事務所 1992, p. 365.
  12. ^ 日本道路公団名古屋建設局 名古屋工事事務所 1992, pp. 446 - 450.
  13. ^ 高速道路簡易料金表 中日本エリア 高速道路料金表” (日本語). NEXCO中日本. 2016年6月21日閲覧。
  14. ^ a b 国土交通省中部地方整備局 愛知国道事務所 2011, pp. 9 - 10.
  15. ^ a b c d e f g イカロス出版 2012, pp. 34 - 35.
  16. ^ 日本道路公団名古屋建設局 名古屋工事事務所 1995, pp. 41、47.
  17. ^ a b c 日本道路公団名古屋建設局 名古屋工事事務所 1995, p. 47.
  18. ^ 路線マップからICを選ぶ” (日本語). NEXCO中日本. 2016年2月18日閲覧。
  19. ^ a b 日本道路公団名古屋建設局 名古屋工事事務所 1995, p. 21.
  20. ^ a b 日本道路公団名古屋建設局 名古屋工事事務所 1992, pp. 365 - 373.
  21. ^ ご利用のごあんない” (日本語). NEXCO中日本. 2015年10月24日閲覧。
  22. ^ a b 日本道路公団名古屋建設局 名古屋工事事務所 1995, pp. 530 - 531.
  23. ^ 日本道路公団名古屋建設局 名古屋工事事務所 1992, pp. 446 - 447.
  24. ^ a b c d 愛知国道事務所Webライブラリ
  25. ^ “名二環 名古屋西―飛島間着工 全線開通まであと5年”. 読売新聞愛知県. (2013年9月21日) 
  26. ^ 2012年4月20日 東海北陸道4車線化や名二環の事業許可 - 中日新聞 CHUNICHI Web
  27. ^ “名二環 名古屋西―飛島間着工 全線開通まであと5年”. 読売新聞愛知県. (2013年9月21日) 
  28. ^ a b c d e 日本道路公団名古屋建設局 名古屋工事事務所 1995, p. 49.
  29. ^ http://www.jehdra.go.jp/pdf/198.pdf
  30. ^ a b 日本道路公団名古屋建設局 名古屋工事事務所 1995, pp. 542 - 543.
  31. ^ “珍しい単アーチ 庄内川橋に取り付け”. 中日新聞: p. 14. (1990年12月28日夕刊) 
  32. ^ a b c 日本道路公団名古屋建設局 名古屋工事事務所 1995, p. 50.
  33. ^ a b c d e f g 日本道路公団名古屋建設局 名古屋工事事務所 1992, p. 7.
  34. ^ 日本道路公団名古屋建設局 名古屋工事事務所 1992, p. 5.
  35. ^ 建設省中部地方建設局 愛知国道工事事務所 1991, p. 92.
  36. ^ a b “新伊勢湾時代 夢ジェクト21 "マルサ"に熱い期待”. 中部読売新聞. (1988年5月21日朝刊) 
  37. ^ a b 財団法人 名古屋都市センター 1999, p. 353.
  38. ^ 財団法人 名古屋都市センター 1999, p. 354.
  39. ^ 財団法人 名古屋都市センター 1999, pp. 349 - 350.
  40. ^ 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 156.
  41. ^ a b “名古屋市高速道路 公団の設立を運動 来年度着工をめざす 期成同盟、計画決める”. 中日新聞: p. 1. (1968年7月2日夕刊) 
  42. ^ a b 名古屋高速道路公社四十年史編集委員会 2012, p. 157.
  43. ^ “有料道路を民間資金で 建設省方針 公社設立を準備 事業費の15パーセント貸し付ける”. 毎日新聞(東京): p. 1. (1970年1月22日朝刊) 
  44. ^ 名古屋高速道路公社20年史編集委員会 1991, p. 16.
  45. ^ “公社法適用1号に 名古屋市高速道の建設”. 毎日新聞. (1970年5月9日夕刊) 
  46. ^ 名古屋高速道路公社20年史編集委員会 1991, p. 25.
  47. ^ a b “名古屋環2の自動車専用部 来年度にも着工”. 中日新聞: p. 1. (1982年8月28日朝刊) 
  48. ^ 愛知国道工事事務所 2000, pp. 14 - 17.
  49. ^ a b “環状2号線を大幅手直し 東部3.5キロは掘割式に 中部地建 騒音公害避ける 高架部分6車線を4車線へ”. 中日新聞: p. 1. (1975年7月17日朝刊) 
  50. ^ 日本道路公団名古屋建設局 名古屋工事事務所 1992, p. 41.
  51. ^ a b c “東名阪自動車道 清洲東 - 名古屋西間が開通”. 中日新聞: p. 12. (1988年3月23日夕刊) 
  52. ^ 日本道路公団名古屋建設局 名古屋工事事務所 1992, pp. 1 - 2.
  53. ^ “ワンウエー方式 出口から進入?東名阪を逆走、19歳激突死 守山 トラックと 全線の開通以来3件目”. 中日新聞: p. 11. (1995年7月11日夕刊) 
  54. ^ a b c d 守山区制50周年記念事業実行委員会 2013, p. 213.
  55. ^ 清水草一 2009, p. 138.
  56. ^ “都市高速と東名阪直結 白川-亀山間、40分に短縮”. 中日新聞: p. 1. (1986年10月27日夕刊) 
  57. ^ “名古屋都市高速四谷-高針間 知事案を県都計審へ トンネル、高架の4車線”. 朝日新聞. (1991年8月14日朝刊) 
  58. ^ “都市高速1号線 留保の四谷-高針3.6キロ 計画決定手続きへ”. 中日新聞. (1989年12月30日朝刊) 
  59. ^ “新伊勢湾時代 夢ジェクト21 渋滞解消のカギ「環2」”. 中部読売新聞. (1988年5月20日) 
  60. ^ a b “東名阪と東名直結 東西結ぶ新動脈開通”. 中日新聞: p. 1. (1993年12月3日夕刊) 
  61. ^ 愛知国道事務所 2012, pp. 25 - 33.
  62. ^ a b “環状2号整備計画に 国交相諮問へ 名古屋西 - 飛島間”. 中日新聞: p. 1. (2009年4月24日夕刊) 
  63. ^ 日本道路公団名古屋建設局 名古屋工事事務所 1992, p. 22.
  64. ^ 建設省中部地方建設局 愛知国道工事事務所 1991, pp. 92 - 94.
  65. ^ 建設省中部地方建設局 愛知国道工事事務所 1991, p. 93.
  66. ^ “東名阪 勝川 - 清洲東 華やかに開通 高速2号と接続”. 中日新聞: p. 1. (1991年3月19日夕刊) 
  67. ^ 名古屋高速道路公社 工事誌編集委員会 1998, p. 15.
  68. ^ “都心へ流れスムーズ 名古屋高速「環状」が開通”. 中日新聞: p. 1. (1995年9月19日夕刊) 
  69. ^ “名東 - 緑 着工へ前進 名古屋環状2号 整備計画に格上げ”. 中日新聞: p. 1. (1998年12月25日夕刊) 
  70. ^ “楠 - 小牧南間が開通 名濃道路 国道41号渋滞緩和へ”. 中日新聞: p. 10. (2001年3月10日夕刊) 
  71. ^ “名古屋都心と東名間を短縮 名高速と東名阪新ルートが開通”. 中日新聞: p. 10. (2003年3月29日夕刊) 
  72. ^ “名高速一宮線が開通 名古屋や新空港へより早く”. 中日新聞: p. 27. (2005年2月12日朝刊) 
  73. ^ “名古屋線と一宮線結ぶ 名高速清洲線が開通”. 中日新聞: p. 22. (2007年12月11日朝刊) 
  74. ^ “名二環開通 302号も同時開通”. 中日新聞: p. 23. (2011年3月21日朝刊) 
  75. ^ “名二環 名古屋西―飛島間着工 全線開通まであと5年”. 読売新聞愛知県. (2013年9月21日) 
  76. ^ 中日本高速道路株式会社公告第14号「高速道路の料金の額及び徴収期間の公告」(平成23年3月31日付 官報号外第68号、56頁)
  77. ^ http://www.c-nexco.co.jp/navi/toll/
  78. ^ 前掲(78~82頁)
  79. ^ 名古屋高速道路公社四十年史 (PDF)”. 名古屋高速道路公社. p. 277. 2015年6月2日閲覧。
  80. ^ 日本道路公団名古屋建設局 名古屋工事事務所 1995, p. 25.
  81. ^ 日本道路公団名古屋建設局 名古屋工事事務所 1995, p. 51.
  82. ^ “名古屋環状2号線・東名阪自動車道 吹き抜け部分全域に吸音材使ったふた設置 住民の要望受け年内に完成”. 中日新聞: p. 17. (1999年1月13日朝刊) 
  83. ^ a b 日本道路公団名古屋建設局 名古屋工事事務所 1995, p. 46.
  84. ^ 日本道路公団名古屋建設局 名古屋工事事務所 1992, pp. 559 - 578.
  85. ^ 日本道路公団名古屋建設局 名古屋工事事務所 1992, pp. 138 - 142.
  86. ^ 日本道路公団名古屋建設局 名古屋工事事務所 1992, pp. 438 - 440.
  87. ^ 日本道路公団名古屋建設局 名古屋工事事務所 1992, p. 27.
  88. ^ 愛知県警察高速隊の所在地及び管轄路線


「名古屋第二環状自動車道」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「名古屋第二環状自動車道」の関連用語

名古屋第二環状自動車道のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

延命冠者

ルクソール神殿

Megane Glass Roof Cabriolet

絞り加工

ポーター

クロリティー

T-4

ラテラル・ウォーターハザード





名古屋第二環状自動車道のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの名古屋第二環状自動車道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS