う蝕 公衆衛生

う蝕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/18 17:27 UTC 版)

う蝕(齲蝕、うしょく)とは、の実質欠損のなかで、生物的要因(口腔内の細菌糖質から作ったによる歯の脱灰など)が原因であるものである[1]。そのほかの物理的要因(磨耗、たわみなど)、化学的要因(細菌由来ではない酸など)による歯の実質欠損は、う蝕には入らない。疾病負荷の観点から歯周病と並び、歯科の二大疾患の一つである[2]。また、一度う蝕を治療した歯に、再度う蝕ができた場合、二次う蝕と呼ぶ。


  1. ^ Pitts, N., Zero, D., Marsh, P. et al. Dental caries. Nat Rev Dis Primers 3, 17030 (2017). https://www.nature.com/articles/nrdp201730
  2. ^ Global, regional, and national incidence, prevalence, and years lived with disability for 328 diseases and injuries for 195 countries, 1990–2016: a systematic analysis for the GlobalBurden of Disease Study 2016(Lancet)
  3. ^ Oral health” (英語). www.thelancet.com. 2021年1月2日閲覧。
  4. ^ 平成28年歯科疾患実態調査、結果の概要の図9[1]
  5. ^ 学校保健統計調査:文部科学省” (日本語). 文部科学省ホームページ. 2021年1月2日閲覧。
  6. ^ 歯科疾患実態調査|厚生労働省”. www.mhlw.go.jp. 2021年1月2日閲覧。
  7. ^ 安藤雄一, 深井穫博, 青山旬: わが国における歯科診療所の受療率と現在歯数の推移の関連 患者調査と歯科疾患実態調査の公表データを用いた分析. ヘルスサイエンス・ヘルスケア 2010, 10:85-90.[2]
  8. ^ a b c d e f 日本歯科保存学会 2015, pp. 3–4.
  9. ^ 日本歯科保存学会.う蝕治療ガイドライン 第2版[3]
  10. ^ 日本歯科保存学会.う蝕治療ガイドライン 第3版[4]
  11. ^ 日本口腔衛生学会. 今後のわが国における望ましいフッ化物応用への学術的支援[5]
  12. ^ a b c d e f Report of a Joint WHO/FAO Expert Consultation Diet, Nutrition and the Prevention of Chronic Diseases 2003
  13. ^ 「検診で虫歯見つかった子 過半数、治療せず 保団連調べ」『日本経済新聞』朝刊2018年7月14日(社会面)2018年7月14日閲覧。
  14. ^ 日本学校保健会ウェブサイト「学校保健の歴史」(2)
  15. ^ 厚生労働省ウェブサイト 乳幼児健康診査事業実践ガイドP96
  16. ^ 例えば新潟市新潟市では各地区センターにて、フッ化物塗布を実施している。[6]
  17. ^ [https://www.kenko-niigata.com/material/ files/group/3/fmrmanualP1~15.pdfhkdqj200000awidd.html 新潟県、新潟県教育委員会、新潟県歯科医師会、新潟県歯科保健協会:新潟県における新潟県フッ化物洗口マニュアル: P7-9, 2015. ]
  18. ^ Who:World Health Assembly Resolution paves the way for better oral health care
  19. ^ 日本口腔衛生学会:第 74 回 WHO 総会議決書を踏まえた口腔衛生学会の提言
  20. ^ Marcenes W, Bernabé E, Global Burden of Oral Conditions. Oral Epidemiology(編): Springer, Cham; 2021.
  21. ^ フッ化物洗口マニュアル(2022 年版) 厚生労働省令和3年度厚生労働行政推進調査事業費補助金(地域医療基盤開発推進研究事業)「歯科口腔保健の推進に資するう蝕予防のための手法に関する研究」班 編
  22. ^ Oxford Textbook of Public Health 9.8 Dental public health
  23. ^ 平成11年歯科疾患実態調査の概要(厚生労働省)
  24. ^ 平成17年歯科疾患実態調査結果について (厚生労働省)
  25. ^ Keyes. Dental caries in the Syrian hamster. X. The natural history of the disease in a single family. Int Dent J Int Dent J 13, 86-109, 1963NAID 10011482585
  26. ^ a b Ole Fejerskov, Edwina Kidd 著、高橋信博、恵比須繁之 訳 『デンタルカリエス原著第2版』医歯薬出版、2013年、v頁。ISBN 978-4263444023 
  27. ^ Ross et al., p. 453 [要文献特定詳細情報]
  28. ^ Stephan RM, Miller BF. A quantitative method for evaluating physical and chemical agents which modify production of acids in bacterial plaques on human teeth. J Dent Res. 1943;22;45-51.
  29. ^ https://www.toothfriendly-sweets.jp/concept_b.html#concept_3[要文献特定詳細情報]
  30. ^ オゾンによるう蝕治療(2008 issue 1, -)[リンク切れ](Minds医療情報サービス)
  31. ^ Burt Eklund "Dentistry, Dental practice and the community", 1999. ISBN 978-0721673097.
  32. ^ "Coronal caries in the primary and permanent dentition of children and adolescents 1-17 years of age: United States 1988-1991", Journal of Dental Research, 1996; 75(special issue). PMID 8594087.
  33. ^ Edelstein, "The medical management of dental caries" 1994 PMID 8294673.
  34. ^ Vargas CM et al. "Sociodemographic distribution of pediatric dental caries: NHANES III, 1988−1994: J Am Dent Accos, 1998. PMID 9766104.
  35. ^ Pitts NB. "Risk assessment and caries prediction" J Dent Educ, 1998;62, pp.762-70. PMID 9847880
  36. ^ 米国におけるう蝕の予防とコントロールのためのフッ化物応用に関する推奨 "Recommendations for Using Fluoride to Prevent and Control Dental Caries in the United States", p.10. ISBN 978-4896051797.
  37. ^ a b c d Anders Zachrisson、Svante Twetman 2013.
  38. ^ 『唾液-歯と口腔の健康』 医歯薬出版、1998年1月。ISBN 978-4263453889
  39. ^ 奈良県歯科医師会ウェブサイト”. www.nashikai.or.jp. 2019年5月9日閲覧。
  40. ^ Clarke NG, Fanning EA. "Plaque pH and calcium sucrose phosphate: a telemetric study" Aust Dent J, 16(1), 1971 Feb, pp13-6. PMID 5279872.
  41. ^ 小児と思春期のう蝕予防のためのフッ化物配合歯磨剤(2008 issue 1, -)[リンク切れ](Minds医療情報サービス)
  42. ^ 虫歯予防のための異なるフッ化物濃度の歯磨き粉
  43. ^ Canadian Task Force on Preventive Health Care Periodic health examination, 1995 update: 2. Prevention of dental caries. The Canadian Task Force on the Periodic Health Examination.Periodic health examination, 1995 update: 2. Prevention of dental caries. The Canadian Task Force on the Periodic Health Examination.
  44. ^ Fluoride and different vehicles to provide fluoridefor Prevention or Control of Dental Caries”. マルメ大学. 2008年12月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2018年8月15日閲覧。
  45. ^ 稲葉大輔、小松久憲 『初期う蝕のマネージメント-う蝕を進行させないために』クインテッセンス出版、2004年8月。ISBN 978-4874178140。16頁。
  46. ^ Comments on the WHO Draft Guideline: Sugars intake for adults and children 2014年、ロンドン大学名誉教授 WPT James氏ら
  47. ^ 発がん性評価Group3分類(国際がん研究機関)
  48. ^ フッ素毒警告ネットワーク
  49. ^ 『フッ化物と口腔保健-WHOのフッ化物応用と口腔保健に関する新しい見解』高江洲義矩監修、1995年、ISBN 9784870781153
  50. ^ 「フッ素洗口で口腔・咽頭ガンなどの危険」『食品と暮らしの安全』2003年12月1日、通巻176号、p20
  51. ^ sealant A.D.A.
  52. ^ 虫歯を劇的に減らす方法を調査せよ(特命リサーチ)日本テレビ
  53. ^ 東京予防歯科研究会
  54. ^ Summary of strength of evidence linking diet to dental cariesP118 Table 14
  55. ^ Moynihan, P. J.; Kelly, S. A. M. (2013). “Effect on Caries of Restricting Sugars Intake: Systematic Review to Inform WHO Guidelines”. Journal of Dental Research 93 (1): 8–18. doi:10.1177/0022034513508954. ISSN 0022-0345. 
  56. ^ WHO opens public consultation on draft sugars guideline (世界保健機関)
  57. ^ 米満正美、小林清吾、宮﨑秀夫、ほか 『新予防歯科学3版-上』 医歯薬出版、2003年11月。ISBN 978-4263455678。67頁。
  58. ^ Neff D. "Acid production from different carbohydrate sources in human plaque in situ." Caries Res. 1(1), 1967, pp78-87. PMID 5228899.
  59. ^ a b c ペル アクセルソン 『う蝕の診断とリスク予測:実践編』 クインテッセンス出版、2003年6月。71頁。ISBN 978-4874177709
  60. ^ ペル アクセルソン 『う蝕の診断とリスク予測:実践編』 クインテッセンス出版、2003年6月。91頁。ISBN 978-4874177709
  61. ^ Jensen ME, Wefel JS. "Effects of processed cheese on human plaque pH and demineralization and remineralization" Am J Dent, 3(5), 1990 Oct, pp217-23. PMID 2076251.
  62. ^ Kashket S, DePaola DP. "Cheese consumption and the development and progression of dental caries" Nutr Rev, 60(4), 2002 Apr, pp97-103. PMID 12002685.
  63. ^ 『唾液-歯と口腔の健康』 医歯薬出版、1998年1月。ISBN 978-4263453889。104頁。
  64. ^ Edgar WM. "Sugar substitutes, chewing gum and dental caries-a review" Br Dent J 184(1), 1998 Jan 10, pp29-32. PMID 9479811.
  65. ^ ペル アクセルソン 『う蝕の診断とリスク予測:実践編』 クインテッセンス出版、2003年6月。ISBN 978-4874177709
  66. ^ 稲葉大輔、小松久憲 『初期う蝕のマネージメント-う蝕を進行させないために』クインテッセンス出版、2004年8月。ISBN 978-4874178140。15頁。
  67. ^ 健康日本21
  68. ^ European Academy of Paediatric Dentistry ヨーロッパ小児歯科医師会
  69. ^ American Dental Association アメリカ歯科医師会
  70. ^ 食べもの文化編集部『清涼飲料上手な飲み方選び方』芽ばえ社、2003年4月。ISBN 978-4895792677
  71. ^ 『唾液-歯と口腔の健康』 医歯薬出版、1998年1月。ISBN 978-4263453889。94-96頁。
  72. ^ a b 甲原玄秋、堀江弘 「清涼飲料水がおよぼす歯の脱灰作用」『千葉医学雑誌』77(3)、2001年6月1日、145-149頁。
  73. ^ 西口栄子ほか 「清涼飲料水によるエナメル質の脱灰」『口腔衛生学会雑誌』45(3)、1995年7月30日、314-321頁。
  74. ^ トゥースフレンドリー協会
  75. ^ 姫野かつよ・竹内正敏『歯科臨床におけるガム徹底活用法』2015年。
  76. ^ 虫歯より深刻「酸蝕歯」 ちびちび飲み、歯には負担 NIKKEI STYLE 2018年6月25日
  77. ^ a b c d e Epidemiology of Dental Caries U.I.C.
  78. ^ ベルンワード・W・ワインバーガー(日本語) 『概説 ピエール・フォシャール 歯科外科医 近代歯科医学の端緒、最初の歯科医学書および200年前の歯科医に関する論述』訳 高山直秀、時空出版、東京都文京区、2015年11月15日 (原著1941年)、50頁。ISBN 978-4-88267-062-9NCID BB20208297 
  79. ^ J. Kilian Clarke. (1924 Jun) "On the Bacterial Factor in the Ætiology of Dental Caries", Br J Exp Pathol 5(3), pp.141–147. PMC 2047899.
  80. ^ 角健吾「野生の動物も歯が命」、アフリカンサファリ
  81. ^ a b c 「動物(どうぶつ)は歯磨(はみが)きなしで大丈夫(だいじょうぶ)? 」(ののちゃんのDo科学 - 朝日新聞 2015年11月28日付)
  82. ^ 川口芳矢、早川祥子、山田博之、橋本千絵(2010年3月)「カリンズ森林保護区におけるチンパンジーの歯周疾病」『環境エンリッチメント』4(1)






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「う蝕」の関連用語

う蝕のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



う蝕のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのう蝕 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS