土砂ダムとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 土砂ダムの意味・解説 

土砂ダム

読み方:どしゃダム
別名:天然ダム

山間の川などに土砂流れ込み上流から流れ込むをせき止めることで水位上昇し、自然に形成されたダムようになったもの。「天然ダム」と呼ばれることもある。

土砂ダムは豪雨に伴う土砂災害多大降水影響などによってできることが多い。報道などでは「せき止め湖」という表現多く用いられる。

2011年8月末から9月にかけて日本紀伊半島周辺を襲った台風12号通称タラス」)は、和歌山県などの山間部に計4つの土砂ダムを形成した。国土交通所や下流自治体警戒呼びかけている。

天然ダム

(土砂ダム から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/15 04:11 UTC 版)

天然ダム(てんねんダム)とは、大雨や地震火山噴火などの自然現象のために、土砂などが河川の水の流れを堰き止めるようになった地形をいう。また、この地形によって形成された、水を大量に蓄積する現象を指す場合もある。




  1. ^ 国土交通省がこの呼称を用ることとなったいきさつには、2004年10月23日に発生した新潟県中越地震が関係している。この地震において、新潟県古志郡山古志村を流れる芋川流域などでこの現象が生じた。その時点において、天然ダムという言葉はすでに学術用語として広く用いられており、当初は日本の国土交通省もこの表現を採用していた。しかし、国土保全と災害対策と治水を担う国土交通省は、この表現が「美しい印象を与えてしまう恐れがあり被災者の心情にそぐわない」ことを理由として、同年11月12日、この現象を示す表現を「河道閉塞」に改めることとした。なお、ここでの「河道」は水路の意味合いであり、通常の意味での「道路」を閉塞するとの意味は全く含んでいない。水が流れる河川の水路ことを河の「みち」(道)としている点には注意が必要である。
  1. ^ 天然ダム付近に監視カメラを設置しました~平成30年7月豪雨を受けた技術的支援~ 国土交通省近畿地方整備局
  2. ^ 読売テレビ道浦俊彦によると、読売新聞は、新潟県中越地震の際に「天然ダム」について「天然という言葉には美しいイメージがあるのでふさわしくない」との声があがったことから、2004年11月13日付朝刊において「今後は『土砂崩れダム』に改める」と告知した(ことばの話3244「地震湖」(道浦俊彦「とっておきの話」2008年5月27日、2012年3月15日閲覧))。
  3. ^ NHKホームページ「そなえる防災」の2012年(平成24年)9月掲載のコラムでは、タイトルは「天然ダムの危険性と対策」で、記事には「土砂ダム、堰止湖(せきとめこ)とも呼ばれる」と書かれている。
  4. ^ 多里英, 公文富士夫, 小林舞子 ほか、「長野県北西部,青木湖の成因と周辺の最上部第四紀層」 『第四紀研究』 2000年 39巻 1号 p.1-13, doi:10.4116/jaqua.39.1 日本第四紀学会
  5. ^ 卜部厚志, 藤本裕介, 片岡香子、「越後平野の沖積層形成における火山性洪水イベントの影響 地質学雑誌 2011年 117巻 9号 p.483-494, doi:10.5575/geosoc.117.48
  6. ^ a b 長野県中・北部で形成された巨大天然ダムの事例紹介 (PDF) 歴史地震研究会 歴史地震第26号
  7. ^ 井上公夫(2012) (PDF) 井上公夫, 山本武美(2012): 宝永南海地震(1707)で形成された仁淀川中流(高知県越知町)の天然ダムの石碑と説明看板, 砂防と治水, 44(6), pp.113-115.
  8. ^ 情報の散歩道 (PDF) 井上公夫,山本武美: 宝永南海地震(1707)で形成された仁淀川中流・舞ヶ鼻の天然ダムの石碑と説明看板
  9. ^ 都司嘉宣歴史地震の話 ―語り継がれた南海地震高知新聞企業、2012年、ISBN 978-4-87503-437-7
  10. ^ 善光寺地震による虫倉山周辺,特に臥雲院付近の地すべり災害 歴史地震 第23号(2008) 101-109 頁
  11. ^ 梓川上流・トバタ崩れ (1757) に伴う天然ダムの形成と決壊対策 砂防学会誌 Vol. 60 (2007-2008) No. 3 P 44-49]
  12. ^ “土砂崩れダム、新たに2か所確認”. 読売新聞. (2011年9月8日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110906-OYT1T01177.htm 2011年9月10日閲覧。 
  13. ^ “大雨で決壊の恐れ高まる 奈良・和歌山の2つの天然ダム湖”. 産経新聞. (2011年9月8日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110908/dst11090821230024-n1.htm 2011年9月10日閲覧。 
  14. ^ “奈良・和歌山の土砂崩れダム3か所、決壊の恐れ”. 読売新聞. (2011年9月16日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110916-OYT1T00991.htm 2011年9月16日閲覧。 


「天然ダム」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「土砂ダム」の関連用語

土砂ダムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



土砂ダムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの天然ダム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS