ブンタンとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > ブンタンの意味・解説 

文旦

読み方:ブンタン(buntan)

ザボン一品


文旦

読み方:ブンタン(buntan)

ザボン別称
ミカン科常緑低木

学名 Citrus maxima


文旦

読み方:ブンタン(buntan)

ザボン別称。おもに九州南部栽培され、果実柑橘類のなかで最大。帯黄色、皮が厚く、特に内がわの白色部分が厚い。果肉白色のものと紫色のものとがある

季節 秋、冬

分類 植物


ブンタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/19 19:40 UTC 版)

ブンタン文旦学名Citrus maxima)は、柑橘類の一種である。標準和名はザボン(朱欒、香欒、謝文)。ザンボアボンタンジャボン[注 1]とも呼ばれる。




  1. ^ 広島県東広島市安芸津町周辺で栽培されている香酸柑橘の「じゃぼん」はブンタン類とユズの交雑種と推定され別種である。[1]
  2. ^ ただし、文旦、ポメロとして栽培されている品種に他の種の遺伝子移入が無いとは限らない。
  1. ^ Tokurou Shimizu; Akira Kitajima, Keisuke Nonaka, Terutaka Yoshioka, Satoshi Ohta, Shingo Goto, Atsushi Toyoda, Asao Fujiyama, Takako Mochizuki, Hideki Nagasaki, Eli Kaminuma, Yasukazu Nakamura (November 30, 2016). “Hybrid Origins of Citrus Varieties Inferred from DNA Marker Analysis of Nuclear and Organelle Genomes” (英語). PLOS ONE 11 (11): e0166969. doi:10.1371/journal.pone.0166969. http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0166969. 
  2. ^ 阿久根市 観光・特産品(ボンタン)”. 阿久根市. 2011年11月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年2月22日閲覧。
  3. ^ 農林水産省特産果樹生産動態等調査 2013年7月23日閲覧
  4. ^ 大橘(パール柑)(Pearlkan)”. 熊本県地産・地消サイト. 熊本県. 2015年5月26日閲覧。
  5. ^ サワーポメロ”. 花・果樹. 鹿児島県. 2014年8月10日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年7月21日閲覧。
  6. ^ 高岡文旦”. みやざきの味と花101. 宮崎県. 2014年4月21日閲覧。
  7. ^ 高岡文旦”. 宮崎中央青果株式会社. 2014年4月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年4月21日閲覧。
  8. ^ サラダポメロ”. 2019年2月28日閲覧。


「ブンタン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ブンタン」の関連用語

ブンタンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ブンタンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブンタン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS