ブンゼン電池とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ブンゼン電池の意味・解説 

ブンゼン電池

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/21 08:01 UTC 版)

ブンゼン電池は亜鉛-炭素一次電池硝酸もしくはクロム酸炭素カソードと、それから多孔質ポットで隔離された希硫酸中の亜鉛アノードからなる。




  1. ^ Carhart, Henry Smith (1891). Primary Batteries. Boston: Allyn and Bacon. pp. 179–180. https://books.google.com/books?id=6aA3AAAAMAAJ&pg=PA179&dq=bunsen+cell+reactions#PPA179,M2 2008年9月13日閲覧。. 


「ブンゼン電池」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ブンゼン電池」の関連用語

ブンゼン電池のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ブンゼン電池のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブンゼン電池 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS