ノロウィルスとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > ノロウィルスの意味・解説 

ノロウィルス

別名:ノロウイルス
英語:norovirus

感染性胃腸炎原因となるウィルス感染すると激し腹痛と共に嘔吐下痢症状引き起こす下痢便吐瀉物乾燥して微量の塵となり、空気中に飛散することで、空気感染する。

ノロウィルスに罹患すると急激な下痢嘔吐に襲われ、2日前後続くが、その後回復に向かう。普通は後遺症も残らない。長期間激し下痢によって脱水症状陥ったり、体力消耗したりする場合があるため注意が必要となる。

ノロウィルスは、特別な治療を行わなくても回復するが、他方効果的抗ウィルス薬発見されていない

ノロウィルスと同様に感染性胃腸炎引き起こすウィルスをとして、ロタウィルスも知られている。

関連サイト
ノロウイルスに関するQ&A - 厚生労働省
ノロウイルス感染症 - 愛媛県衛生環境研究所

ノロウイルス

(ノロウィルス から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/20 04:32 UTC 版)

ノロウイルスNorovirus)は、ウイルス性胃腸炎を引き起こすウイルスの一である。感染者の糞便吐瀉物、あるいはそれらが乾燥したものから出る塵埃を介して経口感染するほか、河川を経由して蓄積された貝類の摂食による食中毒の原因になる場合もある。ノロウイルス属による集団感染は世界各地の学校や養護施設などで散発的に発生している。「NV」や「NoV」と略される。




  1. ^ iPS細胞株由来の腸管上皮細胞を用いたヒトノロウイルス増殖法を確立(佐藤研がCMGH誌に発表) 大阪大学微生物病研究所(2019年11月29日閲覧)
  2. ^ 西尾治「ノロウイルス感染症」『公衆衛生』71巻 12号 2007/12/15, p.972-976
  3. ^ Guideline for the Prevention and Control of Norovirus Gastroenteritis Outbreaks in Healthcare Settings, 2011 CDC Healthcare Infection Control Practices Advisory Committee (HICPAC)
  4. ^ 吉田正樹「ノロウイルス感染症」『日本内科学会雑誌』2013年 102巻 11号 p.2801-2807, doi:10.2169/naika.102.2801, p.2806, 日本内科学会
  5. ^ a b c Thorne & Goodfellow (2014). “Norovirus gene expression and replication”. J Gen Virol 95 (2): 278-291. doi:10.1099/vir.0.059634-0. 
  6. ^ Zheng et al. (2006). “Norovirus classification and proposed strain nomenclature”. Virology 346 (2): 312-323. doi:10.1016/j.virol.2005.11.015. 
  7. ^ Kroneman et al. (2013). “Proposal for a unified norovirus nomenclature and genotyping”. Arch Virol 158 (10): 2059-2068. doi:10.1007/s00705-013-1708-5. 
  8. ^ a b ノーウォークウイルス(ノロウイルス)の遺伝子型(2015年改訂版)掲載日:2015/9/8 国立感染症研究所
  9. ^ 2011 ICTV Newsletter #9, November 2011, 国際ウイルス分類委員会, (2011年11月14日), http://talk.ictvonline.org/files/ictv_documents/m/newsletters/4069.aspx 
  10. ^ ノロウイルスで十二指腸上皮が全滅する 日経メディカルオンライン 2006/12/19
  11. ^ ノロウイルス陽性となった調理従事者の陰性確認検査―東京都『病原微生物検出情報(月報)』Vol.31 p.319-320: 2010年11月号
  12. ^ 生駒俊和、野崎涼子、浅井孝夫 ほか、「【原著】新潟県の食品取扱業者におけるノロウイルス感染予防対策の実際と不顕性感染者の頻度」『医学検査』2015年 64巻 2号 p.155-162 , doi:10.14932/jamt.14-41
  13. ^ a b 白土(堀越) 東子, 武田 直和「ノロウイルスと血液型抗原」『ウイルス』Vol.57, pp.181-189 (2007)]
  14. ^ a b 中沢春幸, 吉田徹也「【原著】塵埃感染の疑われたノロウイルスによる集団感染性胃腸炎事例」『感染症学雑誌』2010年 84巻 6号 p.702-707, doi:10.11150/kansenshogakuzasshi.84.702, 日本感染症学会
  15. ^ J Infect Dis 2012 Jun 1; 205:1639.
  16. ^ J Infect Dis 2012 Jun 1; 205:1622.
  17. ^ 「ノロウイルス汚染の疑い、キムチなど700トン回収へ」[リンク切れ]朝鮮日報』日本語版
  18. ^ a b 西尾治, 秋山美穂, 愛木智香子ほか「ノロウイルスによる食中毒について」『食品衛生学雑誌』2005年 46巻 6号 p.235-245, doi:10.3358/shokueishi.46.235, 日本食品衛生学会
  19. ^ 「生シラスが原因食品と疑われる有症苦情事例―千葉市」国立感染症研究所『病原微生物検出情報(月報)』Vol.32 p.363-364: 2011年12月号
  20. ^ ノロウイルスの遺伝子型 国立感染症研究所(2019年11月29日閲覧)
  21. ^ 林麻貴, 中川弘「生物発光酵素免疫測定法(BLEIA®)を用いた高感度な便中ノロウイルス検出試薬BL-NV‘栄研’の有用性評価」『日本食品微生物学会雑誌』2013年 30巻 4号 p.193-197, doi:10.5803/jsfm.30.193
  22. ^ 世界初の生物発光を利用した超高感度『全自動生物化学発光免疫測定装置 BLEIA(R)-1200』 栄研化学 (PDF)
  23. ^ クイックナビ[リンク切れ]デンカ生研
  24. ^ ノロウイルスに関するQ&A(日本国厚生労働省) (PDF) Q10においては「止しゃ薬(いわゆる下痢止め薬)は、病気の回復を遅らせることがあるので使用しないことが望ましいでしょう」と記載されている。
  25. ^ 「ノロウイルスワクチン開発で成果、感染・胃腸炎発症が半減」日経メディカルオンライン、2011年12月27日(日経BP)2019年11月29日閲覧
  26. ^ 「世界初となるノロウイルスワクチンのフィールド試験開始について」武田薬品工業ニュースリリース(2016年6月21日)2019年11月29日閲覧
  27. ^ 新光一郎・若林裕之「ラクトフェリンのノロウイルスなどへの感染防御作用」『Food Style 21』第17巻、日本食品化学新聞社、2013年、 70-71頁。
  28. ^ 江頭昌典、森内昌子・森内浩幸「ラクトフェリンによるロタウィルス下痢症の予防・軽症化効果」『ラクトフェリン2007 :ラクトフェリン研究の新たな展望と応用へのメッセージ』日本ラクトフェリン学会第2回学術集会実行委員会編、日本医学館、東京、2007年、162-165頁。ISBN 978-4-89044-632-2
  29. ^ ノロウイルス大流行!予防効果が高い「低温殺菌牛乳」プレジデント オンライン(2016年12月28日)2019年11月29日閲覧
  30. ^ ノロウイルスに関するQ&A 厚生労働省
  31. ^ a b 畑江敬子「食中毒の予防」『日本調理科学会誌』2010年 43巻 5号 p.322-325, doi:10.11402/cookeryscience.43.322, 日本調理科学会
  32. ^ 『ノロウイルス食中毒予防対策リーフレット』 (PDF) 厚生労働省
  33. ^ カキ「風評被害」に悲鳴 今季の感染例ゼロ ノロウイルス食中毒[リンク切れ]北海道新聞』2006年12月17日。
  34. ^ a b 【感染症に備える】(下)ノロウイルス 嘔吐物の適切処理を『日本農業新聞』2019年11月28日
  35. ^ 国立感染症研究所推奨新型ノロウイルス対策世界一受けたい授業』(日本テレビ系列)2015年12月5日放送(2015年12月22日閲覧)
  36. ^ 検出されたSRSVの内訳、2002/03〜2010/11シーズン 病原生物検出情報:2011年9月6日現在報告数 国立感染症研究所(2019年11月29日閲覧)
  37. ^ ノロウイルスに関するQ&A 厚生労働省
  38. ^ ノロウイルスによる食中毒や感染に注意 〜感染性胃腸炎の患者数は、過去10年の同時期で2番目に多い水準〜 厚生労働省(2019年11月29日閲覧)
  39. ^ ノロウイルス遺伝子型GII/4の発生動向と特徴 国立医薬品食品衛生研究所(2012年12月27日)2019年11月29日閲覧
  40. ^ <速報>ノロウイルスGII/4の新しい変異株の遺伝子解析と全国における検出状況 国立感染症研究所(2012年11月28日)2019年11月29日閲覧
  41. ^ Ahmed SM, et al. Global prevalence of norovirus in cases of gastroenteritis: a systematic review and meta-analysis. Lancet Infect Dis, 27 June 2014. doi:10.1016/S1473-3099(14)70767-4
  42. ^ ノロウイルスGII.17型の流行とその特徴について-三重県 国立感染症研究所『IASR』Vol.36 p.91-92: 2015年5月号
  43. ^ 「ノロウイルスが変異 免疫持たず大流行のおそれ」[リンク切れ]NHK(2015年8月28日)
  44. ^ Genome of Emerging Norovirus GII.17, United States, 2014EID July 2015
  45. ^ Emergence of a novel GII.17 norovirus – End of the GII.4 era?Eurosurveillance, Volume 20, Issue 26, 02 July 2015.
  46. ^ a b 水中病原ウイルスによる水環境汚染の実態 (PDF) 」『モダンメディア』2006年4月号(第52巻4号)
  47. ^ 山本俊夫, 島津智浩, 遠藤善宏, 白石廣行, 影山努, (2005)「宮城県内の牡蛎養殖海域に流入する河川水中のノロウイルスの定量」『水環境学会誌』2005年 28巻 8号 p.515-521, doi:10.2965/jswe.28.515
  48. ^ 水道水のウイルス汚染の健康影響評価に関する検討 (PDF)国立保健医療科学院
  49. ^ 平山謙二、山本徳栄「水道水汚染によるクリプトスポリジウム症の集団発生 (PDF) 」『埼玉医科大学雑誌』2003年 28巻 3号 p.77-
  50. ^ 食品安全情報(微生物) No.13 (2012.06.27) (PDF) 国立医薬品食品衛生研究所
  51. ^ 第5節第1項瀬戸内海の汚濁の現況[リンク切れ]環境白書』昭和48年度
  52. ^ a b 洗浄・消毒マニュアル 14 3.用語解説”. 厚生労働省. 2019年10月17日閲覧。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ノロウィルス」の関連用語

ノロウィルスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ノロウィルスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのノロウイルス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS