ウィルス性食中毒とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > ウィルス性食中毒の意味・解説 

ウィルス性食中毒

読み方:ウィルスせいしょくちゅうどく
別名:ウイルス性食中毒

ウィルスへの感染原因として罹患する食中毒のこと。代表的ウィルスとして「ノロウィルス」がある、

食中毒は、その原因タイプによって、ウィルス性食中毒、細菌性食中毒自然毒食中毒化学性食中毒、の4種に大きく分類される。例えば「サルモネラ菌」や「病原性大腸菌O-157」などは細菌性食中毒分類され、フグ毒毒キノコなどは自然毒食中毒分類される。

2011年3月発生した東日本大震災の影響で、被災地では5月から6月にかけて大量クロバエイエバエなどの「震災バエ」が発生している。ハエ仲間には、ウィルス性食中毒や感染症媒介するものが多く注意と対応が呼びかけられている。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ウィルス性食中毒のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ウィルス性食中毒のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS