正二十面体とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 幾何学 > 正多面体 > 正二十面体の意味・解説 

せい にじゅうめんたい -にじふめん- [0] 【正二十面体】

二〇個の面がすべて合同正三角形でできている正多面体

正二十面体

正多面体のうち面の数が20個あるものを正二十面体という。

面の形は正三角形である。

辺の数は30本、頂点の数は12個、1つ頂点に集まる辺の数は5本である。

[数式]

正二十面体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/25 00:34 UTC 版)

正二十面体(せいにじゅうめんたい、regular icosahedron)は立体の名称の1つ。空間正三角形20枚で囲んだ凸多面体3次元空間で最大の面数を持つ正多面体である。






「正二十面体」の続きの解説一覧



正二十面体と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「正二十面体」の関連用語

正二十面体のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



正二十面体のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
数理検定協会数理検定協会
Copyright©2019 数理検定協会 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの正二十面体 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS