凸集合とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 高等数学 > 集合 > 凸集合の意味・解説 

とつ しゅうごう -しふがふ [3] 【凸集合】

〘数〙 平面または空間内の点の集合 M において、 M 任意の点を結ぶ線分M 含まれるとき、 M を凸集合という。

凸集合

読み方とつしゅうごう
【英】:convex set

ベクトル空間部分集合 S\,次の条件を満たすもの.


x, y \in S, \alpha \in (0,1) 
 \Longrightarrow \alpha x + (1-\alpha) y \in S
\,

有限個の半空間共通部分として表される凸集合を特に凸多面体という. 凸集合や凸多面体線形計画をはじめ, 数理計画様々な分野において最も基本的役割を果たす.


凸集合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/06 09:21 UTC 版)

ユークリッド空間における物体が(とつ、: convex)であるとは、その物体に含まれる任意の二点に対し、それら二点を結ぶ線分上の任意の点がまたその物体に含まれることを言う。例えば中身のつまった立方体は凸であるが、例えば三日月形のように窪みや凹みのあるものは何れも凸でない。凸曲線英語版は凸集合の境界を成す。




  1. ^ Takayama (1994)「しばしばみられる混乱が『凹集合』である。凹函数と凸函数はある種の函数のクラスを指すのであって集合のではない、その一方凸集合は集合のある種のクラスを指すのであって函数のではない。『凹集合』は集合か函数か紛らわしい」[3]:54
  2. ^ Corbae, Stinchcombe & Zeman (2009)「凹集合というようなものは存在しない」[4]:347
  3. ^ 空集合はミンコフスキー和において重要である。空集合は他の任意の部分集合を零化 (annihilate) する: 任意の部分集合 S に対して、それと空集合との和 S + ∅ = ∅ は空集合である。
  4. ^ ミンコフスキー和と凸化の可換性は (Schneider 1993, pp. 2–3, Theorem 1.1.2) を参照。(Schneider 1993, pp. 126–196, Chapter 3 Minkowski addition) はミンコフスキー和集合の凸包に関する多くの文献を論じている[8]
  1. ^ McConnell, Jeffrey J. (2006), Computer Graphics: Theory Into Practice, ISBN 0-7637-2250-2 .
  2. ^ Weisstein, Eric W. "Concave". MathWorld(英語). 
  3. ^ Takayama, Akira (1994), Analytical Methods in Economics, University of Michigan Press, ISBN 9780472081356, https://books.google.com/books?id=_WmZA0MPlmEC 
  4. ^ Corbae, Dean; Stinchcombe, Maxwell B.; Zeman, Juraj (2009), An Introduction to Mathematical Analysis for Economic Theory and Econometrics, Princeton University Press, ISBN 9781400833085, https://books.google.com/books?id=j5P83LtzVO8C 
  5. ^ a b Soltan, Valeriu, Introduction to the Axiomatic Theory of Convexity, Ştiinţa, Chişinău, 1984 (in Russian).
  6. ^ a b Singer, Ivan (1997). Abstract convex analysis. Canadian Mathematical Society series of monographs and advanced texts. New York: John Wiley & Sons, Inc.. pp. xxii+491. ISBN 0-471-16015-6. MR 1461544. 
  7. ^ Krein, M.; Šmulian, V. (1940年). “On regularly convex sets in the space conjugate to a Banach space”. Annals of Mathematics (2), Second series 41: pp. 556–583. doi:10.2307/1968735 
  8. ^ Schneider, Rolf (1993). Convex bodies: The Brunn–Minkowski theory. Encyclopedia of mathematics and its applications. 44. Cambridge: Cambridge University Press. pp. xiv+490. ISBN 0-521-35220-7. MR 1216521. 
  9. ^ Lemma 5.3: Aliprantis, C.D.; Border, K.C. (2006). Infinite Dimensional Analysis, A Hitchhiker's Guide. Berlin: Springer. ISBN 978-3-540-29587-7. 
  10. ^ Rawlins G.J.E. and Wood D, "Ortho-convexity and its generalizations", in: Computational Morphology, 137-152. Elsevier, 1988.
  11. ^ Munkres, James; Topology, Prentice Hall; 2nd edition (December 28, 1999). ISBN 0-13-181629-2.
  12. ^ Definition:Convex Set (Order Theory) at ProofWiki
  13. ^ van De Vel, Marcel L. J. (1993). Theory of convex structures. North-Holland Mathematical Library. Amsterdam: North-Holland Publishing Co.. pp. xvi+540. ISBN 0-444-81505-8. MR 1234493. 


「凸集合」の続きの解説一覧



凸集合と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「凸集合」の関連用語

凸集合のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



凸集合のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2019 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの凸集合 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS