シェアサイクルとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > シェアサイクルの意味・解説 

シェアサイクル

自転車共用、という意味で用いられる表現市中自転車貸出し拠点設けられ、利用者いわゆるちょい乗り」に利用できる、というサービスを指す。観光地などでの手軽な移動手段として導入される例がある。

シェアサイクルと似た事業としては「レンタサイクル」が挙げられる。シェアサイクルはシェアリングエコノミー概念にもとづく事業であるという点にレンタサイクルとの違いを見出せるが、両者違いは必ずしも明確ではないことも多い。

基本的にレンタサイクルは誰にどの自転車何時間だけ貸し出すかが明確に管理される有料サービスであり、シェアサイクルは無料もしくは無料にちかい対価シェア対象となる自転車はどれでも利用でき、いわゆる乗り捨ても可能になっている場合が多い。

なお「シェアサイクル」は英語で share cycle表記しうるが、英語圏では share cycleという表現一般的でなく、「シェアサイクル」は和製英語判断できる。英語圏では cycle sharing あるいは bicycle sharingバイシクルシェアリング)と呼ばれることが多い。

レンタサイクル

(シェアサイクル から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/24 08:29 UTC 版)

レンタサイクル和製英語: rent-a-cycle英語: rental cycle)とは、自転車を有料で貸し出す事業のうち、数か月にわたるなど長期の賃貸借リース)ではなく、数時間くらいの短期の賃貸借(レンタル)を指す。また、貸し出された自転車自体を指すこともある。






「レンタサイクル」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シェアサイクル」の関連用語

シェアサイクルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



シェアサイクルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2019 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのレンタサイクル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS