インフォームドコンセントとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > インフォームドコンセントの意味・解説 

インフォームド‐コンセント【informed consent】

読み方:いんふぉーむどこんせんと

手術などに際して医師病状治療方針分かりやすく説明し患者同意を得ること。解諾(げだく)。IC


インフォームド・コンセント(いんふぉーむど・こんせんと)


インフォームド・コンセント informed consent

医療過誤裁判における裁判規準とした法理の名称。
アメリカ1957年のサルゴ裁判で、医師リスクのある医学的侵襲患者同意なくして与えた場合には暴行日本では故意の傷害」)として罰するとした法理から。60年ナタンソン裁判では、患者前もって医学的侵襲内容説明して開示し、さらに医学的侵襲にはどのような危険の可能性があるかについて説明して危険性警告をしないで医療行為をした場合には過失として罰するという法理をインフォームド・コンセントに追加するなどの経過があり、70年ごろにインフォームド・コンセントは確立しました。
インフォームド・コンセントは、患者個人の権利医師義務という見地からみた法的概念

インフォームドコンセント

医師患者に対して治療開始する前にこれから始め治療内容について「なぜこの治療必要なのか」「どのくらいの期間がかかるのか」「この治療をすることによる効果どういったものか」「治療にかかる費用」等を、わかりやすく説明をし、その上で患者から同意を得ることを言います。 

インフォームド・コンセント


インフォームド・コンセント

病状や、それに対する治療法、また各種治療のメリットデメリット治る確率などを、医師患者に十分説明し同意得たうえで医療を行うこと。


インフォームドコンセント


インフォームド・コンセント (いんふぉーむど・こんせんと)


インフォームド・コンセント

Informed consent

【概要】 医療者側から検査や治療について十分な説明が行なわれ、患者側も納得した上で同意する、あるいは拒否するというプロセス患者知る権利を元にした自己決定権実施である。医療者側が優位なパターナリズムから、双方協力して対処するパートナーシップへの転換である。輸血医療治験については実質的な義務化が行われている。 

【詳しく】 説明内容としては病状に関する説明これから選択できる検査治療法利点欠点代わりうる検査治療法利点欠点などがあり、できれば医療者からの圧迫感がないこと、あるいは場合によっては代弁者(Advocate)が選べることが望ましい。医療では一刻を争う救急状態、意識変容あるいは障害など、様々な場合があり一様に実施できない場合もある。また法的な争い避けるための「形式的な同意」になりかねないとか、医師患者関係を冷たいものに変えたという批判もある。一方で患者の権利法」として法制化すべきだという考えもある。「HIV検査患者同意が必要」とした厚労省通知が、「なぜエイズだけ特別に要求されるのか」と論議呼んでいる。

《参照》 治験


インフォームド・コンセント

informed consent

日本語では「説明と同意」と訳されます。医師から十分な説明を受けてその内容患者理解した上で同意承諾することがインフォームド・コンセントです。医師がインフォームド・コンセントを得るために説明すべき事項には、病名病状第一選択として提案する治療方法(基本的に標準治療)、予想される治療の効果治療に伴う危険性副作用その他の治療法と標準治療比較した場合長所と短所などがあります。インフォームド・コンセントは患者自身の意志治療法決め権利尊重するものです

標準治療臨床試験


インフォームド・コンセン ト、説明と同意(Informed consent)


インフォームドコンセント informed consent


インフォームドコンセント


インフォームドコンセント informed consent

全体 ★☆☆☆ 60歳以上 ★☆☆☆

凡例

意味説明

十分な説明受けた上で同意


インフォームド・コンセント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/23 00:24 UTC 版)

インフォームド・コンセント: informed consent)とは、「医師と患者との十分な情報を得た(伝えられた)上での合意」を意味する概念[1]。 医師が説明をし、同意を得ること。 特に、医療行為(投薬・手術・検査など)や治験などの対象者(患者や被験者)が、治療や臨床試験・治験の内容についてよく説明を受け十分理解した上で: informed)、対象者が自らの自由意志に基づいて医療従事者と方針において合意する(同意する)(: consent)ことである(単なる「同意」だけでなく、説明を受けた上で治療を拒否することもインフォームド・コンセントに含まれる)。説明の内容としては、対象となる行為の名称・内容・期待されている結果のみではなく、代替治療副作用や成功率、費用、予後までも含んだ正確な情報が与えられることが望まれている。また、患者・被験者側も納得するまで質問し、説明を求めなければならない。これは医療倫理から派生した概念であり、患者の権利の一つともされる。


注釈

  1. ^ 「説明と合意 (informed consent)」と記す場合があれば[6]、「Informed Consent (説明と同意)」と記す場合もある[7]
  2. ^ 本書において「インフォームド・コンセント(informed consent 以下、IC と略)」と記している[11]
  3. ^ 本人の代理として代理決定をした家族の心理的な負担について、(水野 1990, p. 200-202)。
  4. ^ 精神疾患患者の自己決定権がどのような要件の下で制約されるか、憲法学からの考察として、竹中勲「精神衛生法の強制入院制度をめぐる憲法問題」『判例タイムズ』第34巻第5号、判例タイムズ社、1983年2月、 50-76頁、 ISSN 04385896NAID 40003206077 を参照。
  5. ^ エホバの証人の輸血拒否事件を法的パターナリズム論の視点から考察したものとして、以下を参照。中村直美 『エホバの証人の輸血拒否とパターナリズム』。ホセ・ヨンパルト、三島淑臣編 『法の理論』13、成文堂、1993年。

出典

  1. ^ 川上武『戦後日本病人史』社人法団農山漁村文化協会、2002年、1ページ、ISBN 4-540-00169-8
  2. ^ a b http://medical.nihon-data.jp/archives/1116
  3. ^ a b 松井英俊「インフォームド・コンセントの歴史的展開から得られた患者:医療従事者関係の検討」『看護学統合研究』第5巻第2号、広島文化学園大学、2004年3月、 70-73頁、 ISSN 13460692NAID 110004687485
  4. ^ 五十嵐雅哉「医療におけるパターナリズムが正当化され条件」『日本老年医学会雑誌』第41巻第1号、日本老年医学会、2004年1月、 9頁、 doi:10.3143/geriatrics.41.8ISSN 03009173NAID 10012898485
  5. ^ a b c d e 江口聡 著「インフォームド・コンセント: 概念の説明」、加藤尚武・加茂直樹 編 『生命倫理学を学ぶ人のために』世界思想社、1998年1月、30頁。ISBN 978-4-7907-0690-8 
  6. ^ 笹子三津留, 石川勉, 松江寛人, 山田達哉, 木下平, 丸山圭一, 岡林謙蔵, 田尻久雄, 吉田茂昭, 山口肇, 斉藤大三, 小黒八七郎「早期胃癌に対する局所切除」『日本消化器外科学会雑誌』第23巻第9号、日本消化器外科学会、1990年、 2194頁、 doi:10.5833/jjgs.23.2191ISSN 0386-9768NAID 130004116429
  7. ^ 井上裕美「―Informed Consent (説明と同意) ―婦人科内視鏡手術とInformed Consent ―“Great expectaion syndrome”とDay surgery」『日本産科婦人科内視鏡學會雜誌』第16巻第2号、日本産科婦人科内視鏡学会、2000年12月、 180-185頁、 doi:10.5180/jsgoe.16.2_180ISSN 1884-9938NAID 10020399469
  8. ^ a b 星野一正「インフォームド・コンセント-考え方と実際:第42回日本透析医学会教育講演より」『日本透析医学会雑誌』第30巻第10号、日本透析医学会、1997年10月、 1222頁、 doi:10.4009/jsdt.30.1219ISSN 13403451NAID 10004920752
  9. ^ 医療過誤訴訟における医師の説明義務違反(一)」『成城法学』第62号、成城大学、2000年7月、 41-123頁、 ISSN 03865711NAID 110000246494
  10. ^ 水野 1990, p. 61-67,「アメリカのインフォームド・コンセント」節
  11. ^ a b 一宮茂子「生体肝移植ドナーが経験したインフォームド・コンセント -ドナーインタビューの分析より」『Core Ethics : コア・エシックス』第8号、立命館大学大学院先端総合学術研究科、2012年、 53頁、 doi:10.34382/00005540ISSN 1880-0467NAID 110009426552
  12. ^ シンポジウム 第54回人権擁護大会 2011年10月6日 2018年7月8日閲覧
  13. ^ a b c d 『日本医師会 診療情報の提供に関する指針 第2版』日本医師会、2002年10月https://www.med.or.jp/doctor/member/000318.html 
  14. ^ 名古屋地裁平成19年6月14日、判例タイムズ1266号、271頁。
  15. ^ 浅井篤「インフォームド・コンセントの基本」『健康人間学』第16号、京都大学医療技術短期大学部、2004年、 11-15頁、 ISSN 09163352NAID 120000896598
  16. ^ a b 子どもを対象とする看護研究に関する倫理指針(日本小児看護学会)
  17. ^ Reference guide to consent for examination or treatment (second edition), イギリス保健省, (2009-08), https://www.gov.uk/government/publications/reference-guide-to-consent-for-examination-or-treatment-second-edition 
  18. ^ インフォームドアセントを得ると、児の不安・恐怖は和らぐか? 小児から得るのは同意ではなく「賛意」”. 中外医学社(m3.com) (2021年4月6日). 2021年4月6日閲覧。
  19. ^ Division of Mental Health and Prevention of Substance Abuse (1996).  (Report). World Health Organization. WHO/MNH/MND/96.9. http://www.who.int/mental_health/media/en/75.pdf. 
  20. ^ 樋澤吉彦「「同意」は介入の根拠足り得るか?:パターナリズム正当化原理の検討を通して」『新潟青陵大学紀要』第5巻第5号、新潟青陵大学、2005年、 77-90頁、 doi:10.32147/00001138ISSN 1346-1737NAID 110007568924
  21. ^ a b 2000年2月29日最高裁判決(平成一〇年(オ)第一〇八一号、第一〇八二号平成一二年二月二九日第三小法廷判決)。
  22. ^ a b 『判例時報』1629号、34頁。『判例タイムズ』965号、83頁。
  23. ^ 「患者の権利」の保障は医療現場の改善につながる | TKC全国会 医業・会計システム研究会 | TKCグループ” (日本語). www.tkc.jp. 2019年5月25日閲覧。



「インフォームドコンセント」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

インフォームドコンセントのお隣キーワード

インフォームド

インフォームド・コンセン ト

インフォームド‐チョイス

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



インフォームドコンセントのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2022 Houterasu All rights reserved.
財団法人和歌山県人権啓発センター財団法人和歌山県人権啓発センター
Copyright (C) 2022 財団法人和歌山県人権啓発センター All rights reserved.
レーシック・ネットレーシック・ネット
Copyright (C) Japan medical net communications co.,ltd All Rights Reserved.
Supplement Kuchikomi RankingSupplement Kuchikomi Ranking
(C)2022 All Rights Reserved. 健康食品のあり方を考える日本サプリメント評議会の運営です。
花王ロリエ花王ロリエ
Copyright © 1994-2022 KAO CORPORATION. All Rights Reserved.
高須クリニック高須クリニック
copyrightc 1999-2022 Takasu Clinic all right reserved.
赤ちゃん&子育てインフォ赤ちゃん&子育てインフォ
Copyright©2022 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2022, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
VOL-NetVOL-Net
Copyright(C) 2002-2022 声を聴き合う患者たち&ネットワーク「VOL-Net」. All Rights Reserved.
トランスプラント・コミュニケーション [臓器移植の情報サイト]トランスプラント・コミュニケーション [臓器移植の情報サイト]
© 1996-2008 Transplant Communication All Rights Reserved (Unless otherwise noted.)
あったかタウンあったかタウン
(c) copyright2022 kaigo-service.all rights reserved
歯イタッ!でどっとこむ歯イタッ!でどっとこむ
Copyright (C) 2022 haitade.com All Rights Rserved,
歯イタッ!でどっとこむ教えて歯科用語
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2022 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのインフォームド・コンセント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS