富山エフエム放送 過去の番組

富山エフエム放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/28 13:22 UTC 版)

過去の番組

平日午前
  • FMモーニングサロン(7:00 - 10:00、番組開始当初)[17]
  • ふれあいホットライン(富山県広報番組、開局時より放送)[18]
  • テルサ・モーニングバルーン(『FMモーニングサロン』内)DJ山口みのり
  • スパークル・イン・マイ・ハート(『FMモーニングサロン』内)DJ福沢万里子
  • ももいろスピリッツ(『FMモーニングサロン』内)DJ池田千代美
  • good morning! That's wakeman show(7時30分以降がローカル枠だった)
  • IN THE MORNING[41]
    • キラリ キトキトコラム
  • スタイリッシュ・ウエー(9:00 - 11:00)
平日午後
  • 昼のリクエストタイム(12:00 - 12:55)[17]
  • FMイブニングサロン(18:00 - 19:00)[17]
  • 電リクパニック
  • 電リクパニック105
  • 電リクパニック'95
  • 電リクパニック'96
  • 電リクパニック'97
  • 電リクパニック'98
  • HITS ON THE RADIO (2010年3月31日終了)
  • イブニング・ファイル(2010年3月31日終了)
  • RADIO JAM
  • grace
  • PASSION
金曜日
土曜日
  • 日産サタデー・フリーウエイ
  • 良楽の土曜の夜はまるかじりDJ三遊亭良楽&高井豊子
日曜日
  • サンデースペシャル(18:00 - 18:55)
    • 小川Dのマジでモテたいんですけど!(第2日曜日)
その他
  • 日刊とやま県聞録
  • おはようサンデーカレッジ
  • カレッジ・プロムナード
  • ぷるるんポリス
  • 富山湾おさかな講座
  • 食のデータ・ベース
  • 立川志の輔の無イミダス
  • 立川志の輔の無イミダス2000
  • 立川志の輔の無イミダス21
  • THE サウンドトラック
  • 週刊とやま県聞録
  • アクセス21
  • A・A・A(トリプル・エー)
  • トレンドナビゲーション
  • Be!Moving
  • キスしよう!恋しよう!
  • 沢樹舞 MOVE ON
  • 往年アイドリアン
  • 音楽かなであん
  • フクロヤ・クレッセントナイト
  • おいでよ!館"館"(ガンガン)
  • 痛快!電脳コロシアム〜ゲームの館〜
  • スーパージャンクション ご機嫌!さる魂
  • 日産デイリー・マガジン
  • TOYOTA ロイヤル・ステーション
  • 読売新聞タウン情報
  • アメージング・アイランド
  • フロム・オレゴン
  • 西武ピラニア族
  • ヤヨイ化学 ミュージック・フラッシュ
  • 伊藤銀次のコーク・サウンド・シャッフル(FMとやま、FM石川FM福井の3局ネット)
  • パソコンネットワークリクエスト
  • パワーホット30
  • 伊藤敏博 星のステーション
  • サンデー TIC トーク(月1回)
  • マッキーのおまかせナイトクラブ
  • 未来大予想テレラジラ投票所
  • 富山発!未来派ヒット最前線
  • ハンディアップゴルフワンポイント
  • デジタルツーカー北陸 SKYリクエスト
  • J-PHONE北陸 SKYリクエスト
  • ラバーズ・ウィスパー
  • パラ・パラ・サタデー
  • ミュージック・ファクトリー
  • ABOタイム
  • マザー・アース
  • ミーティング・ブランニュー・シーン
  • あたらしい音楽
  • MPCミュージック・パートナーズ・クラブ
  • 沢田茅乃 リトル・ソングス
  • ユースケ・サンタマリアジョージア・カフェ(FMとやま、FM石川、FM福井の3局ネット)
  • TOSHIBA ライフ・イズ・ファイン
  • リトルマーメイド おいしさ with you
  • 月刊志の輔レディオ(月1回放送)
  • 情報バキュームスタジオ 〜遊ぶが勝ち〜(月1回放送)
  • 千年の歴史 ウラ話
  • ぱそこん村 解体新書
  • メモリアル・シーン
  • SATY タイムズ・スクエア
  • ファボーレ東宝 キトキトシネマ情報
  • パワーホット30プレビュー
  • イッツ・ア・ファンタスティック・ミュージアム
  • パイナップル・シャワー
  • WARAKU Sweet Heart Story
  • ライナー・ノーツ
  • MUSIC POWER PLAY presented by GIMA(ヘヴィー・ローテーション曲を流す5分番組であったが、一時期GIMAがスポンサードしていたことがあった)
  • あずきごろりんの「学問の、進め!」
  • 小沢伊弘のウイークエンド・ジャーナル
  • 由香の放課後(※一時期、半年ほどNHK-FMで放送していたことあり)
  • 夜はいただき!土曜はDo!
  • だだだDEナイト
  • 日建ハウジング JIN JINハウジング
  • J-HOT 30
  • あそびばベースボール
  • WORLD-HOT 30
  • Mic Net presents Pastime Bar:fragile
  • 快適エアブレスの家
  • kamishima Caf'e La Gita
  • GEENA GEENA GEENA
  • bee! Honey Seven(2003年4月 - 2007年3月29日)
  • くるま〜と通信
  • サウンド・ピン・アクション
  • 竹内祥子のおしゃべりクラシックス
  • ほくでんライフクリップ
  • ウェイクアップシャワー
  • For You 未来倶楽部(2009年12月終了)
  • Hall Friends Club(2010年3月25日終了)
  • セピア色の街へ~自転車にのって(2010年3月26日終了)
  • ミュージック102010年3月28日終了)
  • Feel T(2013年3月29日終了)
  • 氷見きときとナビゲーション(2013年3月30日終了)
  • 射水ムズムズアワー
  • 小沢伊弘のデイリーコラム(2015年3月終了)
  • KUROBE〜THE FUTURE〜(2014年4月 - 2015年3月)
  • 文苑堂書店Presents 小川Dのマジでモテたいんですけど!コンカツ篇
  • New Disc File
  • だら~ず・さん生の「富山!歴史『笑』学校!!」
  • 大喜利プラス〜あなたはだんだんボケたくなる!〜(第1金曜日)
  • 富山のスポーツ応援団"体育会ラジオ"
  • WEEKLY CHART EXPRESS -TOYAMA TOP30-
  • レディオ・ジャーナル〜がんばる富山の企業人〜
  • 杉本英世のゴルフクリニック
  • Takaoka'n Radio
  • 音魂 ミュージックラバー
  • ビッグスギのチップショットトーク
  • 开开心心 楽しい中国語
  • ラジオ紙芝居木曾義仲巴御前の生涯〜(grace内で放送)
  • 母心のだら騒ぎ!
  • リバーリトリート雅樂倶 PRESENTS Time after time〜Good Music Selection
  • BOUSAI RADIO
  • 富山ダイハツ 山内マリコのオッケイトーク
  • URBAN COLORS
  • 岡部里香の推し♡スポ
  • あいの風 はたちのホーム
  • kei Rei jazz midnight
  • Netz Cafe Drivin'
  • 桜木町ナイトスナッカーズ - レギュラー番組としては2023年2月25日で終了[47]。翌月からは『ヨリミチトソラ』のフロート番組として放送されている(月曜日18時台)。

注釈

  1. ^ a b c d 富山エフエム放送 非常勤取締役
  2. ^ 「ふれステ」とは、富山県小矢部市にあるOTANIふれあいステーションの略称である。
  3. ^ なお、番組間の16:55に放送された「JFNニュース」は送信ネットワークが異なるため問題なく放送された。

出典

  1. ^ a b c d 富山エフエム放送 1988, p. 5.
  2. ^ a b c 「減収も純利益1.9倍 富山エフエム」『北國新聞』朝刊、2021年6月1日、5面。
  3. ^ a b c 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2019』コーケン出版、2019年11月25日、346頁。 
  4. ^ 『日本新聞年鑑2022』日本新聞協会、2021年12月6日、326頁。ISBN 978-4-88929-087-5 
  5. ^ 『北日本新聞』1981年5月27日付朝刊18面『県内から7社がテレビ局を申請 ~FM局は2社~』より。
  6. ^ 富山エフエム放送 1988, p. 3.
  7. ^ 富山エフエム放送 1988, p. 116.
  8. ^ 「FM局 23府県のプラン確定 12月20日、申請締め切り」『北日本新聞』朝刊、1982年10月28日、2面。
  9. ^ a b 「FM放送局の許可申請 県内から40社 一本化への調整に注目」『福井新聞』、1982年12月21日、15面。
  10. ^ 「県内から36社名乗り 民放FM局 申請締め切る」『北日本新聞』朝刊、1982年12月21日、16面。
  11. ^ 富山エフエム放送 1988, p. 4.
  12. ^ 『開局5周年の足どり 新しい文化の発信をめざして』(1992年3月28日、富山エフエム放送発行)8、9、144ページ。
  13. ^ 『開局5周年の足どり 新しい文化の発信をめざして』(1992年3月28日、富山エフエム放送発行)10ページ。
  14. ^ a b c d e 『開局5周年の足どり 新しい文化の発信をめざして』(1992年3月28日、富山エフエム放送発行)144ページ。
  15. ^ a b 『開局5周年の足どり 新しい文化の発信をめざして』(1992年3月28日、富山エフエム放送発行)20、144ページ。
  16. ^ a b c d 『開局5周年の足どり 新しい文化の発信をめざして』(1992年3月28日、富山エフエム放送発行)146ページ。
  17. ^ a b c d e f 「きょうから本放送 FMとやま」『富山新聞』、1985年4月1日、1面。
  18. ^ a b 県広報とやま 昭和60年5月号” (PDF). 富山県知事公室広報課. p. 24 (1985年5月). 2022年5月15日閲覧。
  19. ^ a b 『開局5周年の足どり 新しい文化の発信をめざして』(1992年3月28日、富山エフエム放送発行)10ページ。
  20. ^ 『北日本新聞』1985年4月1日付朝刊、テレビ欄[要ページ番号]
  21. ^ 北日本新聞1995年4月1日付朝刊[要ページ番号]
  22. ^ 『日本民間放送年鑑2023』(2023年11月30日、一般社団法人日本民間放送連盟編集・発行)358頁。
  23. ^ 博報堂DYメディアパートナーズの提供する音声コンテンツ配信プラットフォームアプリ「ラジオクラウド」のコンテンツ配信社が64社へ拡大』(PDF)(プレスリリース)博報堂DYメディアパートナーズ、2017年10月2日https://www.hakuhodody-media.co.jp/wordpress/wp-content/uploads/2017/10/HDYMPnews20171002_02.pdf2022年4月1日閲覧 
  24. ^ 「ラジオクラウド」のコンテンツ配信社が64社に拡大、NACK5やFMヨコハマら参加”. AV Watch (2017年10月4日). 2018年11月11日閲覧。
  25. ^ 『富山新聞』2019年6月4日付27面『富山テレビと富山エフエムが災害協力協定を締結』より。
  26. ^ a b アーバンプレイス内の「新スタジオ」および「新ラウンジ」開設について』(PDF)(プレスリリース)富山エフエム放送・北電産業、2019年12月12日https://www.hs-k.co.jp/pdf/20191212.pdf2021年1月3日閲覧 
  27. ^ 「富山駅北にぎわいへスタジオ・ラウンジ 富山エフエム・北電産業」『北日本新聞』、2020年3月20日、7面。
  28. ^ 「南北接続、音でにぎわい 富山エフエム駅北に新スタジオ」『富山新聞』、2020年3月20日、23面。
  29. ^ a b 「感染拡大防止へ共同CMを放送 ラジオ3局も」『富山新聞』、2020年4月24日、27面。
  30. ^ a b c 富山のテレビ・ラジオ局、新型コロナ対策の共同キャンペーンCM放送”. マイナビニュース (2020年4月23日). 2023年4月5日閲覧。
  31. ^ a b c 富山県内のテレビ4局&ラジオ3局、新型コロナ対策で共同キャンペーン”. ORICON NEWS (2020年4月24日). 2023年4月5日閲覧。
  32. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2015』コーケン出版、2015年11月20日、332頁。 
  33. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2016』コーケン出版、2016年11月25日、339頁。 
  34. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑'92』コーケン出版、1992年11月、300頁。 
  35. ^ 日本民間放送連盟『日本民間放送年鑑2003』コーケン出版、2003年11月、320頁。 
  36. ^ ラジオ番組「とやま情報スクエア」 - 富山県知事政策局広報課
  37. ^ a b “「一人ひとりが芸術家」 特別支援学校生の作品展 富山”. 朝日新聞デジタル. (2021年1月31日). オリジナルの2021年1月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210131103349/https://www.asahi.com/articles/ASP1Z6TH0P1ZPISC00F.html 2022年1月8日閲覧。 
  38. ^ a b 絵品作家でもある室井滋さんがセレクト 動物が登場する絵本5選”. NEWSポストセブン (2021年3月31日). 2022年1月8日閲覧。
  39. ^ a b “友達を描いた 図画・作文 黒部 富山エフエム巡回展”. 北陸中日新聞Web. (2021年11月4日). オリジナルの2021年11月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20211105004254/https://www.chunichi.co.jp/article/359530 2022年1月8日閲覧。 
  40. ^ a b 本田久雄「個性派揃いの番組がズラリ! radikoで聴きたい各局イチ押しプログラム!」『ラジオマニア2022』、三才ブックス、2022年8月30日、55頁、ISBN 978-4-86673-324-1 
  41. ^ a b c 富山・宇奈月温泉で地元アナ「お湯に入るとあったまっちゃー!」”. NEWSポストセブン (2021年2月9日). 2022年1月8日閲覧。
  42. ^ クラシック音楽を楽しめる!おすすめラジオ番組”. radiko news (2022年9月15日). 2023年4月4日閲覧。
  43. ^ a b セプテンバーミー・ドイヒロト、富山の音楽シーン活性化を目指すラジオ番組のDJに”. 音楽ナタリー (2021年7月30日). 2022年1月8日閲覧。
  44. ^ 富山民放ラジオ7局合同企画「防災スペシャル2021 豪雨災害からの避難」(インターネットアーカイブ)
  45. ^ 富山民放ラジオ7局ネット 防災スペシャル2022 今さら聞けない地震の基礎知識
  46. ^ 9月1日は「防災の日」、防災知識の情報や被災地の復興支援を伝えるラジオ番組”. radiko news (2022年9月1日). 2023年4月4日閲覧。
  47. ^ 北陸中日新聞 2023年2月25日 朝刊21面
  48. ^ “菊地信子 確かなアナウンス力で「疾走感のある読みを大切に」”. スポーツニッポン. (2019年9月10日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/09/10/kiji/20190910s00041000081000c.html 2022年5月15日閲覧。 
  49. ^ FMとやまのラジオコマーシャル
  50. ^ “音楽プロデューサー・小林信吾さん死去 62歳 食道がんで療養中 「愛は勝つ」の編曲担当”. スポーツニッポン. (2020年10月9日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/10/09/kiji/20201009s00041000166000c.html 2022年1月8日閲覧。 
  51. ^ 『開局5周年の足どり 新しい文化の発信をめざして』(1992年3月28日、富山エフエム放送発行)24ページ『社章決まる』。
  52. ^ 「富山エフエムで1時間10分放送中断」スポーツニッポン、2009年01月10日。
  53. ^ 沼倉真里子Time After Time~good music selection~について。」mariko826.com blog!、2009年1月10日。
  54. ^ <お詫び>FMとやまからリスナーの皆様へ」富山エフエム放送
  55. ^ 7月11日(日)放送中断分のradikoタイムフリー聴取と再放送について”. 2021年7月15日閲覧。
  56. ^ 7月25日(日) 放送の「V6 Next Generation」について(再放送日時のお知らせ)”. 2021年7月27日閲覧。






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「富山エフエム放送」の関連用語

富山エフエム放送のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



富山エフエム放送のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの富山エフエム放送 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS