uとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > > uの意味・解説 

<u>〜</u> 下線タグ

HTML仕様 : HTML4.01Transitional 非推奨

属性機能と値   DTD ※
属性なし 要素内容アンダーライン下線付き表示する

要素内の文字下線付き文字表示します。これらのフォント関連要素スタイルシートによる指定推奨されています。当要素は、非推奨となっています。

※ DTD表記
◎: HTML4.01Strictで定義されている必須の属性と値
○: HTML4.01Strictで定義されている属性と値
▽: HTML4.01Transitionalの属性と値(非推奨

テトラヒドリドウラン(IV)

分子式U
その他の名称:Tetrahydrideuran(IV)
体系名:テトラヒドリドウラン(IV)


ウラン(IV)

分子式U
その他の名称:Uran(IV)
体系名:ウラン(IV)


ウラン

分子式U
その他の名称:U、UraniumUran
体系名:ウラン


物質
ウラン
英語名
Uranium
元素記号
U
原子番号
92
分子量
238.0289
発見
1789年
原子半径(Å)
1.38(1.50)
融点(℃)
1133
沸点(℃)
3887
密度(g/cm3
18.7
比熱(cal/g ℃)
0.028


ウリジン

英訳・(英)同義/類義語:uridine, , U , Urd, uridine

RNA構成するヌクレオチドで、ピリミジン塩基ウラシルリボースがグリコシル結合している。生体内では核酸構成ヌクレオチドとなるほか、リン酸化された誘導体が糖の合成などにも関与する。

U

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


ウラン(U)

ウランは天然放射性元素1つで、同位体には質量数234235238のものがあります天然ウランではこのうち99%がウラン238、約1%ウラン235です。ウラン235核分裂の際に生じるエネルギーが非常に大きく存在比を3%程度高めたものは原子炉核燃料として用いられます。放射線障害とともに化学毒性強く粘膜刺激による結膜炎肺炎胃炎、腎障害などが認められています。平成10年6月水道水に関する監視項目として指針値(0.002mg/リットル以下)が定められました。

U

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/09 19:55 UTC 版)

Uは、ラテン文字アルファベット)の 21 番目の文字。小文字は uVWYとともにギリシャ文字Υ(ウプシロン)に由来し、キリル文字Уに相当する。Υ(ウプシロン)の別形に由来するFとも同系といえる。元来のラテン語字母には存在しない文字であり、中世になって、それまで/u//w/の両方を表していたVから、/u/を表すために分離した文字である(V#歴史参照)。






「U」の続きの解説一覧





uと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

uに関連した本

「u」に関係したコラム

  • 株式の投資判断とは

    株式の投資判断とは、証券会社などの証券アナリストが銘柄を分析して投資判断を下すことです。投資判断では、「1、2、3」のような数字で表現したり、「売り、買い、中立」、「Underweight、Overw...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「u」の関連用語

uのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ホソメコンブ

フィリネ・トラペジア

STS-65

ウィッシュ

海南猪

喰い替え

土方久徴

市原ジャグリングサークル[JugJug}





uのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
WEB for beginnerWEB for beginner
Copyright (C) 2002~2017 banban@scollabo.com
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2017 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
京浜河川事務所京浜河川事務所
Copyright (C) 2017 京浜河川事務所 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのU (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS