第5ステージとは? わかりやすく解説

第5ステージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/13 10:05 UTC 版)

ハードパンチャー はじめの一歩」の記事における「第5ステージ」の解説

東日本新人王2回戦一歩VS小橋健太一戦モデル

※この「第5ステージ」の解説は、「ハードパンチャー はじめの一歩」の解説の一部です。
「第5ステージ」を含む「ハードパンチャー はじめの一歩」の記事については、「ハードパンチャー はじめの一歩」の概要を参照ください。


第5ステージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/13 10:05 UTC 版)

ハードパンチャー はじめの一歩」の記事における「第5ステージ」の解説

A級ボクサー賞金トーナメント1回戦一歩VS冴木卓麻一戦モデル

※この「第5ステージ」の解説は、「ハードパンチャー はじめの一歩」の解説の一部です。
「第5ステージ」を含む「ハードパンチャー はじめの一歩」の記事については、「ハードパンチャー はじめの一歩」の概要を参照ください。


第5ステージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/10 16:15 UTC 版)

ジロ・デ・イタリア 2011 第1-第11ステージ結果」の記事における「第5ステージ」の解説

5月11日(水) ピオンビーノオルヴィエート 191.0km 中級山岳ステージ開始前レオパルド・トレックの8人のメンバーと、タイラー・ファーラーガーミン・サーヴェロ)が当大会を後にした。 昨年続き登場したストラーデ・ビアンケ白い道)の終盤メイン集団から飛び出したピーター・ウェーニングラボバンク)が最後メイン集団追い上げ振り切ってジロ初のステージ優勝、さらにマリア・ローザ獲得した区間成績 順位選手名国籍チーム時間1 ピーター・ウェーニング オランダ ラボバンク 4時5449秒 2 ファビオ・ドゥアルテ コロンビア ジェオックス・TMC +08秒 3 ホセ・セルパ コロンビア アンドローニ・ジョカットーリ 同 4 クリストフ・ル・メヴェル フランス ガーミン・サーヴェロ 同 5 オスカル・ガット イタリア ファルネーゼ・ヴィーニ - ネーリ・ソットーリ 同 6 ヴィンチェンツォ・ニバリ イタリア リクイガス・キャノンデール 同 7 アルベルト・コンタドール スペイン チーム・サクソバンク - サンガード 同 8 ミケーレ・スカルポーニ イタリア ランプレ・ISD 同 9 ホアキン・ロドリゲス スペイン チーム・カチューシャ10 ロマン・クロイツィガー チェコ アスタナ・チーム77 別府史之 日本 チーム・レディオシャック +6分44個人総合成績 順位選手名国籍チーム時間1 ピーター・ウェーニング オランダ ラボバンク 14時5933秒 2 マルコ・ピノッティ イタリア チーム・HTC - ハイロード +02秒 3 カンスタンツィン・シウツォウ ベラルーシ チーム・HTC - ハイロード 同 4 クリストフ・ル・メヴェル フランス ガーミン・サーヴェロ +05秒 5 パブロ・ラストラス スペイン チーム・モビスター +22秒 6 ヴィンチェンツォ・ニバリ イタリア リクイガス・キャノンデール +24秒 7 ミケーレ・スカルポーニ イタリア ランプレ・ISD +26秒 8 ステヴェン・クリュイスウェイク オランダ ラボバンク +28秒 9 アルベルト・コンタドール スペイン チーム・サクソバンク - サンガード +30秒 10 ホセ・セルパ コロンビア アンドローニ・ジョカットーリ +3374 別府史之 日本 チーム・レディオシャック +8分07ポイント賞 順位選手名国籍チームポイント1 アレッサンドロ・ペタッキ イタリア ランプレ・ISD 28 2 クリストフ・ル・メヴェル フランス ガーミン・サーヴェロ 26 3 ピーター・ウェーニング オランダ ラボバンク 25 山岳賞 順位選手名国籍チームポイント1 マルティン・コーラー スイス BMC・レーシングチーム 10 2 ジャンルカ・ブランビッラ イタリア コルナゴ - CSF・イノックス 8 3 クリストフ・ル・メヴェル フランス ガーミン・サーヴェロ 5 新人賞 順位選手名国籍チーム時間1 ステヴェン・クリュイスウェイク オランダ ラボバンク 15時0001秒 2 ファビオ・ドゥアルテ コロンビア ジェオックス・TMC +15秒 3 ピーター・クナウフ イギリス チーム・スカイ +22チーム時間順位チーム名国籍時間1 チーム・モビスター スペイン 44時間1726秒 2 アスタナ・チーム カザフスタン +18秒 3 ジェオックス・TMC スペイン +34

※この「第5ステージ」の解説は、「ジロ・デ・イタリア 2011 第1-第11ステージ結果」の解説の一部です。
「第5ステージ」を含む「ジロ・デ・イタリア 2011 第1-第11ステージ結果」の記事については、「ジロ・デ・イタリア 2011 第1-第11ステージ結果」の概要を参照ください。


第5ステージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/02 05:15 UTC 版)

ジロ・デ・イタリア 2010 第1-第11ステージ結果」の記事における「第5ステージ」の解説

5月13日(木) ノヴァーラノーヴィ・リーグレ 162.0km コースには3級山岳2つ設定されたがほぼフラット、しかしゴール間際は狭いコース幅とツイスティなレイアウトで、集団スプリントにはテクニック要される。まず18km地点アタック決めたのは新城幸也Bbox・ブイグテレコム)、これにフリアン・フシャール(コフィディス)、ジェローム・ピノークイックステップ)、そしてマリア・ヴェルデを纏うパウル・フォス(チームミルラム)が合流し逃げは4人。ツール・ド・フランスでも逃げ回った経験のあるピノーの差を開きすぎない力を溜めるとのアドバイス、そしてコース長が短い事もあり最大タイム差は5分40秒とさほど開かない。そして一つ目山岳ポイントフォス1位、新城2位通過しグランツール日本人初の山岳ポイント獲得成功二つ目山岳フォスが1位通過し明日のマリア・ヴェルデを確定させる。この下りから逃げグループ速度上げ始め集団とのチェイスへと突き進む。このペースアップと目的達成したという2つ理由からフォスがちぎれ、逃げ3人とメイン集団争いに。しかし昨日TTT疲れもありメイン集団統率上手く取れず思うようにはペース上がらない残り10km地点で1分強と逃げ切り吸収微妙になったところでチームスカイチーム・HTC - コロンビアラボバンクらがトレイン形成し一気メイン集団加速後方はこれに耐えきれずバラバラになってしまう。人数減らしたメイン集団逃げとの差は残り5km30秒常識的に考えればぎりぎり吸収だがツイスティなコースがこれを阻む。この状態にフシャールとピノー吸収覚悟するが、モチベーション残っていた新城残り1.2kmからアタック、これで目が覚めたフシャールとピノー再加速開始しラスト直線、ここも新城が一番にスプリントし始めるが、既に先のアタックで足が残ってなかったため二人振り切るほどの加速出来ず新城後ろから飛び出したピノーグランツール勝利を決め2位にフシャール、3位新城という順で、逃げ容認されたのではなく実力逃げ切り達成新城は自らが作り出したグランツール日本人最上位(5位)を更新、さらに本日逃げ距離賞を獲得したメイン集団はわずか4秒後にタイラー・ファーラーガーミン・トランジションズ)が先頭ゴールスプリンター厳しと言われるジロで、スプリンターチームとしては落としたくないポイントを落とすこととなってしまった。総合上位勢は全員先頭集団残り大会5日目にして初めマリア・ローザ移動がなかった。マリア・ヴェルデとマリア・ビアンカそれぞれパウル・フォスとヴァレリオ・アニョーリキープ。マリア・ロッソ・パッショーネはタイラー・ファーラージェローム・ピノー同点並んだが、今ステージ順位順(ピノー:1位、ファーラー:4位)という規定の下、ピノーに渡ることとなった区間成績 順位選手名国籍チーム時間1 ジェローム・ピノー フランス クイックステップ 3時45分59秒 2 ジュリアン・フシャール フランス コフィディス 同 3 新城幸也 日本 Bbox ブイグテレコム 同 4 タイラー・ファーラー アメリカ合衆国 ガーミン・トランジションズ +04秒 5 グレッグ・ヘンダーソン ニュージーランド チームスカイ 同 6 アレッサンドロ・ペタッキ イタリア ランプレ - ファルネーゼ・ヴィーニ 同 7 グレーム・ブラウン オーストラリア ラボバンク 同 8 アンドレ・グライペル ドイツ チームHTC - コロンビア 同 9 ルカス・セバスティアン・アエド アルゼンチン チーム・サクソバンク10 ウィイアン・ボネ フランス Bbox ブイグテレコム総合成績 順位選手名国籍チーム時間1 ヴィンチェンツォ・ニバリ イタリア リクイガス・ドイモ 14時3003秒 2 イヴァン・バッソ イタリア リクイガス・ドイモ +13秒 3 ヴァレリオ・アニョーリ イタリア リクイガス・ドイモ +20秒 4 マシュー・ゴス オーストラリア チーム・HTC - コロンビア +26秒 5 アンドレ・グライペル ドイツ チームHTC - コロンビア 同 6 アレクサンドル・ヴィノクロフ カザフスタン アスタナ +33秒 7 ウラディミール・カルペツ ロシア チーム・カチューシャ +39秒 8 リッチー・ポート オーストラリア チーム・サクソバンク +45秒 9 デヴィッド・ミラー イギリス ガーミン・トランジションズ10 パオロ・ティラロンゴ イタリア アスタナ +59112 新城幸也 日本 Bbox ブイグテレコム +1136ポイント賞 順位選手名国籍チームポイント1 ジェローム・ピノー フランス クイックステップ 39 2 タイラー・ファーラー アメリカ合衆国 ガーミン・トランジションズ 39 3 グレーム・ブラウン オーストラリア ラボバンク 37 14 新城幸也 日本 Bbox ブイグテレコム 20 山岳賞 順位選手名国籍チームポイント1 パウル・フォス ドイツ チーム・ミルラム 10 2 ステファノ・ピラッツィ イタリア コルナゴ - CSX・イノックス 4 3 リック・フレンス オランダ ラボバンク 4 4 新城幸也 日本 Bbox ブイグテレコム 3 新人賞 順位選手名国籍チーム時間1 ヴァレリオ・アニョーリ イタリア リクイガス・ドイモ 14時3023秒 2 マシュー・ゴス オーストラリア チーム・HTC - コロンビア +06秒 3 リッチー・ポート オーストラリア チーム・サクソバンク +25

※この「第5ステージ」の解説は、「ジロ・デ・イタリア 2010 第1-第11ステージ結果」の解説の一部です。
「第5ステージ」を含む「ジロ・デ・イタリア 2010 第1-第11ステージ結果」の記事については、「ジロ・デ・イタリア 2010 第1-第11ステージ結果」の概要を参照ください。


第5ステージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/01 09:20 UTC 版)

ブエルタ・ア・エスパーニャ2009 第1-第11ステージ結果」の記事における「第5ステージ」の解説

9月3日(木) タラゴナ - ビナロス 174.0km 休息日挟んで最初のスペインステージ。レース前半と後半アップダウンがあり、ゴール手前8kmのエルミタ峠が仕掛けどころ。前ステージで重傷負ったクリス・ホーナーロベルト・キセルロフスキフジ・セルベット)の2人未出走レース開始直後アタック決まり、フリアン・サンチェス(コンテントポリス・アンポ)ら6人が逃げ始めてメイン集団には最大6分前後差をつける。しかし、ガーミンコロンビアなどがメイン集団ペース上げ残り18km地点全ての逃げ吸収1つ集団となってエルミタ峠に突入する上り入ってダビ・デ・ラ・フエンテフジ・セルベット)のアタック反応したフィリップ・ジルベールサイレンス・ロット)が先頭山頂通過一時後続20秒以上の差をつけるが、スプリンター擁するチーム中心とするメイン集団のペースアップに残り3km過ぎて吸収。しかし、このペースアップで各チームともアシスト使ってしまい、最後集団スプリントはエーススプリンター同士直接対決委ねられることに。最後トム・ボーネン後ろに「ただ乗り」する形になったアンドレ・グライペル爆発的な加速一気にボーネンを交わしてそのままステージ優勝自身ステージ2連勝チームとしてはステージ3連勝)で、マイヨ・プントスに加えボーナスタイム稼いでマイヨ・オロ獲得した序盤2級山岳先頭通過したアイトール・フェルナンデスエウスカルテル・エウスカディ)がマイヨ・モンターニャ、セラフィン・マルティネス(シャコベオ・ガリシア)がマイヨ・コンビナダをそれぞれ獲得している。 区間成績 順位選手名国籍チーム時間1 アンドレ・グライペル ドイツ チーム・コロンビア - HTC 4時2754秒 2 トム・ボーネン ベルギー クイックステップ +01秒 3 ダニエーレ・ベンナーティ イタリア リクイガス 同 4 タイラー・ファーラー アメリカ合衆国 ガーミン・スリップストリーム 同 5 ウィイアン・ボネ フランス BBox ブイグテレコム 同 6 ユルヘン・ルラントス ベルギー サイレンス・ロット 同 7 オスカル・フレイレ スペイン ラボバンク 同 8 ボルト・ボジチュ スロベニア ヴァカンソレイユ 同 9 ダヴィデ・ヴィガノ イタリア フジ・セルベット10 フランシスコ・ホセ・パチェコ スペイン コンテントポリス・アンポ 同 総合成績 順位選手名国籍チーム時間1 アンドレ・グライペル ドイツ チーム・コロンビア - HTC 19時間4023秒 2 トム・ボーネン ベルギー クイックステップ +06秒 3 ファビアン・カンチェラーラ スイス チーム・サクソバンク +09秒 4 ダニエーレ・ベンナーティ イタリア リクイガス +17秒 5 ベルト・グラプシュ ドイツ チーム・コロンビア - HTC +20秒 6 タイラー・ファーラー アメリカ合衆国 ガーミン・スリップストリーム +21秒 7 ロマン・クロイツィガー チェコ リクイガス +26秒 8 ダビ・ガルシア スペイン シャコベオ・ガリシア +27秒 9 イヴァン・バッソ イタリア リクイガス10 アレハンドロ・バルベルデ スペイン ケス・デパーニュポイント賞 順位選手名国籍チームポイント1 アンドレ・グライペル ドイツ チーム・コロンビア - HTC 78 2 トム・ボーネン ベルギー クイックステップ 58 3 タイラー・ファーラー アメリカ合衆国 ガーミン・スリップストリーム 47 山岳賞 順位選手名国籍チームポイント1 アイトール・エルナンデス スペイン エウスカルテル・エウスカディ 10 2 ラース・ボーム オランダ ラボバンク 9 3 セラフィン・マルティネス スペイン シャコベオ・ガリシア 7 コンビネーション順位選手名国籍チームポイント1 セラフィン・マルティネス スペイン シャコベオ・ガリシア 121 2 ドミーニク・レルス ドイツ チーム・ミルラム 164 3 ジュリアン・エル・ファレ フランス コフィディス 201 チーム時間順位チーム時間1 リクイガス 59時間0227秒 2 チーム・サクソバンク +03秒 3 ガーミン・スリップストリーム +06

※この「第5ステージ」の解説は、「ブエルタ・ア・エスパーニャ2009 第1-第11ステージ結果」の解説の一部です。
「第5ステージ」を含む「ブエルタ・ア・エスパーニャ2009 第1-第11ステージ結果」の記事については、「ブエルタ・ア・エスパーニャ2009 第1-第11ステージ結果」の概要を参照ください。


第5ステージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/12 22:35 UTC 版)

ジロ・デ・イタリア 2009 第1-第11ステージ結果」の記事における「第5ステージ」の解説

5月13日(水) トナディーコ(サン・マルティーノ・ディ・カストロッツァ) - カステルロットアルペ・ディ・シウジ) 125km 前日引き続いて山岳ステージ+山頂ゴール序盤からトマ・ヴォクレールBボックス・ブイグテレコム)ら7人が逃げ続けたが、残り10km地点全員吸収された。厳し上り2004年ジロ覇者ダミアーノ・クネゴランプレ)などの有力選手次々脱落していく中で、残り500mでのカルロス・サストレサーヴェロ・テストチーム)のアタック反応したデニス・メンショフラボバンク)が、同じく反応したダニーロ・ディルーカLPR・ブレークス)を抑えてステージ優勝。2秒差のステージ2位に終わったディルーカだが、ステージ3位のトーマス・ルヴクヴィストチーム・コロンビア=ハイロード)に3秒差+ボーナスタイム差4秒を加えて総合首位浮上マリア・ローザ奪取した。(マリア・ヴェルデもキープ。)ディルーカから5秒差の総合2位後退したルヴクヴィストもマリア・ビアンカはしっかりキープしたマリア・チクラミーノ4日連続アレッサンドロ・ペタッキLPR・ブレークス)がキープしている。前年ジロ総合3位マルツィオ・ブルセギンランプレ)が2分26秒遅れのステージ30位、クネゴが2分39秒遅れの32位、ランス・アームストロングアスタナ)2分58秒遅れの35位、2000年ジロ覇者ステファノ・ガルゼッリ(アクア・エ・サポーネ=カッフェ・モカンボ)が5分24秒遅れの55位に終わるなど、マリア・ローザ争い有力選手中でも大きく明暗分かれるステージとなった区間成績 順位選手名国籍チーム時間1 デニス・メンショフ ロシア ラボバンク 3時1524秒 2 ダニーロ・ディルーカ イタリア LPR・ブレークス +02秒 3 トーマス・ルヴクヴィスト スウェーデン チーム・コロンビア=ハイロード +05秒 4 イヴァン・バッソ イタリア リクイガス 同 5 リーヴァイ・ライプハイマー アメリカ合衆国 アスタナ +09秒 6 クリス・ホーナー アメリカ合衆国 アスタナ 同 7 カルロス・サストレ スペイン サーヴェロ・テストチーム +19秒 8 ダビ・アロヨ スペイン ケス・デパーニュ +22秒 9 マイケル・ロジャース オーストラリア チーム・コロンビア=ハイロード10 フレドリック・ケシアコフ スウェーデン フジ・セルベット個人総合成績 順位選手名国籍チーム時間1 ダニーロ・ディルーカ イタリア LPR・ブレークス 16時2044秒 2 トーマス・ルヴクヴィスト スウェーデン チーム・コロンビア=ハイロード +05秒 3 マイケル・ロジャース オーストラリア チーム・コロンビア=ハイロード +36秒 4 リーヴァイ・ライプハイマー アメリカ合衆国 アスタナ +43秒 5 デニス・メンショフ ロシア ラボバンク +50秒 6 イヴァン・バッソ イタリア リクイガス +106秒 7 カルロス・サストレ スペイン サーヴェロ・テストチーム +116秒 8 クリス・ホーナー アメリカ合衆国 アスタナ +117秒 9 フランコ・ペッリツォッティ イタリア リクイガス +12710 ダビ・アロヨ スペイン ケス・デパーニュ +141ポイント賞 順位選手名国籍チームポイント1 アレッサンドロ・ペタッキ イタリア LPR・ブレークス 51 2 ダニーロ・ディルーカ イタリア LPR・ブレークス 49 3 タイラー・ファーラー アメリカ合衆国 ガーミン・スリップストリーム 38 山岳賞 順位選手名国籍チームポイント1 ダニーロ・ディルーカ イタリア LPR・ブレークス 25 2 デニス・メンショフ ロシア ラボバンク 15 3 ステファノ・ガルゼッリ イタリア アクア・エ・サポーネ=カッフェ・モカンボ 10 新人賞 順位選手名国籍チーム時間1 トーマス・ルヴクヴィスト スウェーデン チーム・コロンビア=ハイロード 16時2049秒 2 ケヴィン・セールドライエルス ベルギー クイックステップ +2分44秒 3 ハクソン・ロドリゲス ベネズエラ セッラメンティ +4分05チーム時間順位チーム名国籍時間1 アスタナ カザフスタン 48時間2136秒 2 チーム・コロンビア=ハイロード アメリカ合衆国 +31秒 3 バルロワールド イギリス +3分35

※この「第5ステージ」の解説は、「ジロ・デ・イタリア 2009 第1-第11ステージ結果」の解説の一部です。
「第5ステージ」を含む「ジロ・デ・イタリア 2009 第1-第11ステージ結果」の記事については、「ジロ・デ・イタリア 2009 第1-第11ステージ結果」の概要を参照ください。


第5ステージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/05 14:19 UTC 版)

ブエルタ・ア・エスパーニャ2010 第1-第11ステージ結果」の記事における「第5ステージ」の解説

9月1日(水) グアディクスロルカ 195.8km ( 平坦) 起伏少なくないカテゴリー山岳一切存在しないスプリンター向けステージ前日亡くなったローラン・フィニョンへの1分間黙祷捧げられた後にスタート切られた。ピエール・ロランBbox ブイグテレコム)、ダビ・グティエレス(フットオン・セルベット)、ホセ・ビセンテ・トリビオ(アンダルシア・カハスル)、アルノー・ラブ(コフィディス)が逃げ決めるが、スプリントチャンスを逃がしたくないランプレ・ファルネーゼ=ヴィーニFDJといったチームメイン集団コントロール結局残り13km地点逃げ全て吸収され集団スプリント持ち込まれた。発射台役を務めマシュー・ゴスゴール手前5km地点パンク失っていたマーク・カヴェンディッシュ残り500mからの超ロングスプリントに打って出るが、落ち着いて番手入ったタイラー・ファーラーゴール手前でカヴェンディッシュを交わしてステージ優勝2位コルド・フェルナンデスエウスカルテル・エウスカディ)、失速したカヴェンディッシュは3位終わったファーラー昨年に続くブエルタ通算2勝目各賞ジャージ動き無かった区間成績 順位選手名国籍チーム時間1 タイラー・ファーラー アメリカ合衆国 ガーミン・トランジションズ 5時間0336秒 2 コルド・フェルナンデス スペイン エウスカルテル・エウスカディ 同 3 マーク・カヴェンディッシュ イギリス チーム・HTC - コロンビア 同 4 ワウテル・ウェイラント ベルギー クイックステップ 同 5 アレッサンドロ・ペタッキ イタリア ランプレ=ファルネーゼ・ヴィーニ 同 6 セバスティアン・シャヴァネル フランス FDJ 同 7 ローベルト・フェルスター ドイツ チーム・ミルラム 同 8 デニス・ガリムジャノフ ロシア チーム・カチューシャ 同 9 テオ・ボス オランダ サーヴェロ・テストチーム10 フレフ・ファン・アヴェルマート ベルギー オメガファーマ・ロット総合成績 順位選手名国籍チーム時間1 フィリップ・ジルベール ベルギー オメガファーマ・ロット 19時間0006秒 2 イゴル・アントン スペイン エウスカルテル・エウスカディ +10秒 3 ホアキン・ロドリゲス スペイン チーム・カチューシャ 同 4 ヴィンチェンツォ・ニバリ イタリア リクイガス・ドイモ +12秒 5 ペーター・ヴェリトス スロバキア チーム・HTC - コロンビア +16秒 6 ティージェイ・ヴァン・ガーデレン アメリカ合衆国 チーム・HTC - コロンビア +29秒 7 シャビエル・トンド スペイン サーヴェロ・テストチーム +49秒 8 フランク・シュレク ルクセンブルク チーム・サクソバンク +50秒 9 ルーベン・プラサ スペイン ケス・デパーニュ +5410 エセキエル・モスケラ スペイン シャコベオ・ガリシア +55ポイント賞 順位選手名国籍チームポイント1 イゴル・アントン スペイン エウスカルテル・エウスカディ 41 2 タイラー・ファーラー アメリカ合衆国 ガーミン・トランジションズ 41 3 フィリップ・ジルベール ベルギー オメガファーマ・ロット 37 山岳賞 順位選手名国籍チームポイント1 セラフィン・マルティネス スペイン シャコベオ・ガリシア 13 2 ダリオ・カタルド イタリア クイックステップ 8 3 ダヴィ・モンクティエ フランス コフィディス 6 コンビネーション順位選手名国籍チームポイント1 ヴィンチェンツォ・ニバリ イタリア リクイガス・ドイモ 23 2 シャビエル・トンド スペイン サーヴェロ・テストチーム 42 3 エゴイ・マルティネス スペイン エウスカルテル・エウスカディ 114 チーム時間順位チーム名国籍時間1 ケス・デパーニュ スペイン 56時間3412秒 2 チーム・カチューシャ ロシア +105秒 3 オメガファーマ・ロット ベルギー +118

※この「第5ステージ」の解説は、「ブエルタ・ア・エスパーニャ2010 第1-第11ステージ結果」の解説の一部です。
「第5ステージ」を含む「ブエルタ・ア・エスパーニャ2010 第1-第11ステージ結果」の記事については、「ブエルタ・ア・エスパーニャ2010 第1-第11ステージ結果」の概要を参照ください。


第5ステージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/12 09:27 UTC 版)

ツール・ド・フランス2010 プロローグ-第10ステージ結果」の記事における「第5ステージ」の解説

7月8日(木) エペルネーモンタルジ 187.5km 前日より距離は長めだが、やはりスプリンター向け平坦ステージ前日落車して、ゴール後の検査鎖骨骨折判明したアメツ・チュルカエウスカルテル・エウスカディ)が未出走188名がスタート。6km地点逃げ決まりホセ・イバン・グティエレスケス・デパーニュ)、ジュリアン・エル・ファレコフィディス)、ユルヘン・ファン・デ・ワール(クイックステップ)の3名がメイン集団最大7分弱の差を付けたメイン集団前日引き続きチーム・HTC - コロンビアコントロール最後にグティエレス逃げから飛び出して粘り見せるも、残り4kmすぎで吸収され前日続いて集団スプリント突入ガーミン・トランジションズトレイン形成するも、マーク・レンショー強烈な牽きで番手上げてマーク・カヴェンディッシュ発射。カヴェンディッシュはそのまま先頭を譲らずにステージ優勝掴み取った。カヴェンディッシュはツール通算11勝目苦難シーズン続いていたこともあって表彰式では涙ぐむ場面見られた。敢闘賞グティエレス獲得している。各賞には動きはなかった。 区間成績 順位選手名国籍チーム時間1 マーク・カヴェンディッシュ イギリス チーム・HTC - コロンビア 4時3050秒 2 ゲラルト・ツィオレック ドイツ チーム・ミルラム 同 3 エドヴァルド・ボアソン・ハーゲン ノルウェー チーム・スカイ 同 4 ホセ・ホアキン・ロハス スペイン ケス・デパーニュ 同 5 トル・フースホフト ノルウェー サーヴェロ・テストチーム 同 6 セバスティアン・テュルゴ フランス Bbox ブイグテレコム 同 7 ロビー・マキュアン オーストラリア チーム・カチューシャ 同 8 アレッサンドロ・ペタッキ イタリア ランプレ - ファルネーゼ・ヴィーニ 同 9 ロワイ・モンドリ フランス Ag2r・ラ・モンディアル10 タイラー・ファーラー アメリカ合衆国 ガーミン・トランジションズ15 新城幸也 日本 Bbox ブイグテレコム総合成績 順位選手名国籍チーム時間1 ファビアン・カンチェラーラ スイス チーム・サクソバンク 22時間5945秒 2 ジェライント・トーマス イギリス チーム・スカイ +23秒 3 カデル・エヴァンス オーストラリア BMC・レーシングチーム +39秒 4 ライダー・ヘシェダル カナダ ガーミン・トランジションズ +46秒 5 シルヴァン・シャヴァネル フランス クイックステップ +101秒 6 アンディ・シュレク ルクセンブルク チーム・サクソバンク +109秒 7 トル・フースホフト ノルウェー サーヴェロ・テストチーム +119秒 8 アレクサンドル・ヴィノクロフ カザフスタン アスタナ +131秒 9 アルベルト・コンタドール スペイン アスタナ +14010 ユルヘン・ファンデンブルック ベルギー オメガファーマ・ロット +14271 新城幸也 日本 Bbox ブイグテレコム +3分47ポイント賞 順位選手名国籍チームポイント1 トル・フースホフト ノルウェー サーヴェロ・テストチーム 102 2 アレッサンドロ・ペタッキ イタリア ランプレ - ファルネーゼ・ヴィーニ 88 3 ロビー・マキュアン オーストラリア チーム・カチューシャ 81 48 新城幸也 日本 Bbox ブイグテレコム 13 山岳賞 順位選手名国籍チームポイント1 ジェローム・ピノー フランス クイックステップ 13 2 シルヴァン・シャヴァネル フランス クイックステップ 8 3 レイン・ターラミャエ エストニア コフィディス 8 新人賞 順位選手名国籍チーム時間1 ジェライント・トーマス イギリス チーム・スカイ 23時0008秒 2 アンディ・シュレク ルクセンブルク チーム・サクソバンク +46秒 3 ロマン・クロイツィガー チェコ リクイガス・ドイモ +2分01チーム時間順位チーム名国籍時間1 チーム・サクソバンク デンマーク 69時間0310秒 2 ガーミン・トランジションズ アメリカ合衆国 +11秒 3 チーム・スカイ イギリス +25敢闘賞 ホセ・イバン・グティエレス (ケス・デパーニュ)

※この「第5ステージ」の解説は、「ツール・ド・フランス2010 プロローグ-第10ステージ結果」の解説の一部です。
「第5ステージ」を含む「ツール・ド・フランス2010 プロローグ-第10ステージ結果」の記事については、「ツール・ド・フランス2010 プロローグ-第10ステージ結果」の概要を参照ください。


第5ステージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/07 18:49 UTC 版)

ツール・ド・フランス2009 第1-第11ステージ結果」の記事における「第5ステージ」の解説

7月8日(水) キャプ・ダグドペルピニャン 196.5km 中盤連続して4級山岳設定されているものの、後半はほぼ平坦なコースレイアウト10km地点での別府史之スキル・シマノ)のアタックきっかけレース動き始め最終的にアントニー・ジェランヤウヘニ・フタロヴィッチ(共にフランセーズ・デ・ジュー)、マルツィン・サパ(ランプレ)、トマ・ヴォクレールブイグテレコム)、ミハイル・イグナティエフアルベルト・ティマースキル・シマノ)の6人の逃げ決まったその後130km地点からの横風区間メイン集団一時3つ分断されたが、残り20km地点で再び大集団戻っている。しかし余分な力を使ったせいか追走足並み乱れ残り10km地点でも逃げ集団との差が1分を超える状態に。残り4km地点逃げ集団からヴォクレールがアタックすると、後ろ牽制状態になりヴォクレールの独走態勢に。そのままヴォクレールがイグナティエフ集団追撃かわして念願ツール勝利を挙げたイグナティエフが7秒差の2位敢闘賞獲得集団同じく7秒差でフィニッシュ集団先頭取ったマーク・カヴェンディッシュマイヨ・ヴェール争いライバルとなる他のスプリンター達にさらに差をつけることに成功している。その他の賞争いには動き無かった。尚、 ロベルト・ヘーシンクラボバンク)が122km地点での落車影響で9分35秒の大幅遅れでフィニッシュゴール後の検査左手首骨折が判明したヘーシンクは、結局ステージ終了後リタイアとなってしまった。 区間成績 順位選手名国籍チーム時間1 トマ・ヴォクレール フランス Bボックス・ブイグテレコム 4時2935秒 2 ミハイル・イグナティエフ ロシア チーム・カチューシャ +07秒 3 マーク・カヴェンディッシュ イギリス チーム・コロンビア=HTC 同 4 タイラー・ファーラー アメリカ合衆国 ガーミン・スリップストリーム 同 5 ゲラルト・ツィオレック ドイツ チーム・ミルラム 同 6 ダニーロ・ナポリターノ イタリア チーム・カチューシャ 同 7 ホセ・ホアキン・ロハス スペイン ケス・デパーニュ 同 8 ロワ・モンドリ フランス AG2R 同 9 オスカル・フレイレ スペイン ラボバンク10 トル・フースホフト ノルウェー サーヴェロ・テストチーム18 新城幸也 日本 Bボックス・ブイグテレコム72 別府史之 日本 スキル・シマノ総合成績 順位選手名国籍チーム時間1 ファビアン・カンチェラーラ スイス チーム・サクソバンク 15時0749秒 2 ランス・アームストロング アメリカ合衆国 アスタナ 同 3 アルベルト・コンタドール スペイン アスタナ +19秒 4 アンドレアス・クレーデン ドイツ アスタナ +23秒 5 リーヴァイ・ライプハイマー アメリカ合衆国 アスタナ +31秒 6 ブラッドリー・ウィギンス イギリス ガーミン・スリップストリーム +38秒 7 アイマル・スベルディア スペイン アスタナ +51秒 8 トニー・マルティン ドイツ チーム・コロンビア=HTC +52秒 9 デヴィッド・ザブリスキー アメリカ合衆国 ガーミン・スリップストリーム +10610 デヴィッド・ミラー イギリス ガーミン・スリップストリーム +107139 新城幸也 日本 Bボックス・ブイグテレコム +6分49150 別府史之 日本 スキル・シマノ +735ポイント賞成績 順位選手名国籍チームポイント1 マーク・カヴェンディッシュ イギリス チーム・コロンビア=HTC 96 2 トル・フースホフト ノルウェー サーヴェロ・テストチーム 70 3 タイラー・ファーラー アメリカ合衆国 ガーミン・スリップストリーム 54 12 新城幸也 日本 Bボックス・ブイグテレコム 30 27 別府史之 日本 スキル・シマノ 18 山岳賞成績 順位選手名国籍チームポイント1 ユシ・ヴァイカネン フィンランド フランセーズ・デ・ジュー 9 2 トニー・マルティン ドイツ チーム・コロンビア=HTC 6 3 アントニー・ジェラン フランス フランセーズ・デ・ジュー 6 新人賞部門 順位選手名国籍チーム時間1 トニー・マルティン ドイツ チーム・コロンビア=HTC 15時0841秒 2 ロマン・クロイツィガー チェコ リクイガス +39秒 3 ヴィンチェンツォ・ニバリ イタリア リクイガス +4426 新城幸也 日本 Bボックス・ブイグテレコム +5分57チーム時間順位チーム名時間1 アスタナ 43時間4939秒 2 チーム・サクソバンク +2分33秒 3 チーム・コロンビア=HTC +2分45敢闘賞選手 ミハイル・イグナティエフ( ロシア・チーム・カチューシャ)

※この「第5ステージ」の解説は、「ツール・ド・フランス2009 第1-第11ステージ結果」の解説の一部です。
「第5ステージ」を含む「ツール・ド・フランス2009 第1-第11ステージ結果」の記事については、「ツール・ド・フランス2009 第1-第11ステージ結果」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「第5ステージ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「第5ステージ」の関連用語

第5ステージのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第5ステージのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのハードパンチャー はじめの一歩 (改訂履歴)、ジロ・デ・イタリア 2011 第1-第11ステージ結果 (改訂履歴)、ジロ・デ・イタリア 2010 第1-第11ステージ結果 (改訂履歴)、ブエルタ・ア・エスパーニャ2009 第1-第11ステージ結果 (改訂履歴)、ジロ・デ・イタリア 2009 第1-第11ステージ結果 (改訂履歴)、ブエルタ・ア・エスパーニャ2010 第1-第11ステージ結果 (改訂履歴)、ツール・ド・フランス2010 プロローグ-第10ステージ結果 (改訂履歴)、ツール・ド・フランス2009 第1-第11ステージ結果 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS