駐車場 自動車所有と駐車場

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 場所 > 駐車場の解説 > 自動車所有と駐車場 

駐車場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/07 00:00 UTC 版)

自動車所有と駐車場

車庫の保有

集合住宅の駐車場。自動二輪車用はカーポート。
戸建て住宅の駐車場(カーポート)
自家用立体駐車場

多くの国では、自動車を所有する場合、家庭用の自動車と外来用の自動車の駐車スペースを確保することは持ち家の責任であり、駐車スペースを自宅の敷地内に用意することが基本と考えられている[6]。日本のように車庫法が整備されている例もあるが、そのような事例は多くはない[6]。駐車するための設備建物は「車庫」あるいは「ガレージ」と呼ばれ、また、簡単な屋根を設けたものは「カーポート」などとも呼ばれる。

日本では1962年(昭和37年)に自動車の保管場所の確保等に関する法律が制定されており、車両を保有する者は車の保管場所を確保することが義務付けられている[2]。アパートなどの住民企業の自家用、従業員用などのいわゆる自家用の駐車場に対しては、車両を公道に駐車させないことを目的にした自動車の保管場所の確保等に関する法律(略称「車庫法」)が適用される。この法律においては、自動車の保管場所という用語が用いられる。

レジデンシャル・パーミット

シアトルなど欧米の都市ではレジデンシャル・パーミットが採用されることがある[7]。レジデンシャル・パーミットとは、主に住宅地で路上駐車の制限的許可と有料化を行うシステムである[7]。レジデンシャル・パーミットの対象地域では住民や勤務者は年間使用料を支払えば自動車に専用のステッカーを貼ることで路上駐車することができる[7]。また、レジデンシャル・パーミットの対象地域への外来者は、一定時間に限って路上駐車が認められたり、駐車のためパーキングメーターの利用が求められる[7]


注釈

  1. ^ 日本では自動二輪車については、駐車場法の一部改正[1]により駐車場法第2条第4号の「自動車」の定義に大型自動二輪車及び普通自動二輪車(以下両者をあわせ「自動二輪車」という。)が加えられ自動車と同じ扱いになった。

出典

  1. ^ 都市の秩序ある整備を図るための都市計画法等の一部を改正する法律(平成18年5月31日 法律第46号)
  2. ^ a b c d 浅井建爾 『道と路がわかる辞典』(初版)日本実業出版社、2001年11月10日、255頁。ISBN 4-534-03315-X 
  3. ^ 他に水平循環式・多層循環式・エレベータースライド式・平面往復式 出典:「driver 2009-4-5」八重洲出版
  4. ^ 高田邦道『駐車学』交通研究協会、2015年、13頁
  5. ^ a b c 高田邦道『駐車学』交通研究協会、2015年、32頁
  6. ^ a b 高田邦道『駐車学』交通研究協会、2015年、95頁
  7. ^ a b c d 高田邦道『駐車学』交通研究協会、2015年、106頁
  8. ^ 『ハワイ完全版 2019』JTBムック、21頁
  9. ^ アスファルト・スポット”. 越後妻有里山協働機構. 2022年6月11日閲覧。
  10. ^ “日本一難しいと話題のパーキング、その正体に驚き どう駐めれば良いんだ…”. Sirabee (NEWSY). (2022年6月3日). https://sirabee.com/2022/06/03/20162865284/ 2022年6月11日閲覧。 
  11. ^ 新潟総合テレビ (2022年6月7日). “日本一難しいと話題の駐車場 その真相は”大地の芸術祭”のアート作品!?現地に行ってみた【十日町市】”. FNNプライムオンライン (フジニュースネットワーク). https://www.fnn.jp/articles/-/371444 2022年6月11日閲覧。 


「駐車場」の続きの解説一覧




駐車場と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

駐車場のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



駐車場のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの駐車場 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS