とるとは?

と◦る

連語接続助詞「て」に動詞「お(居)る」の付いた「ておる」の音変化動詞連用形に付いて、そうした動作・状態にあることを表す。…ている。「ここで待っ—◦れ」「話は聞い—◦る」

[補説] ガ・ナ・バ・マ行の五段動詞に付く場合は「どる」となる。「支払いは済んどる」


と・る【取る/執る/採る/捕る/撮る】

【一】[動ラ五(四)

手の中におさめる。手に持つ。

㋐手でつかむ。握って持つ。「その本を—・って見てください」「胸ぐらを—・る」

㋑手に持って動かす。手を働かして何かをする。操作する。「舵(かじ)を—・る」

㋒(手を持って)教えたり、導いたりする。「手—・り、足—・りして教える」

㋓(捕る)動物などをつかまえる。「セミを—・る」「銛(もり)でを—・る」

㋔(「(作物を)穫る」「(動物を)獲る」とも書く)生きていくための、えものや作物を手に入れる。収穫したり、捕獲したりする。「山菜を—・って暮らしを立てる

㋐(執る)(手で)うまく動かして、事を行う。処理する。「事務を—・る」「指揮を—・る」

そのような考え方を固く守る。主張する。「中立立場を—・る」「強硬態度を—・る」

いろいろな方法自分のものにする。

相手からもらってこちらのものにする。手に入れる。「金メダルを—・る」「休みを—・る」「免許を—・る」「税金を—・られる」

㋑(その家の者として)人を迎え入れる。「内弟子を—・る」「婿を—・る」

注文して届けさせる。いつもそこで買う。「お昼にすしを—・る」「酒はあの店から—・る」「新聞を—・る」

㋓(「盗る」とも書く)人のもの無理に自分ものとする。盗む。奪う。「力ずく財布を—・る」「現金だけ—・られた」

召し上げる没収する。「官職を—・る」

自分のものにすることを前もって約束する。予約する。「芝居の席を—・る」

㋖身にひきうける。「責任を—・る」「正直だという評判を—・る」「父の跡を—・る」

㋗客として相手をする。「芸者が客を—・る」

㋘(年などを)かさねる。「年を—・る」

㋐身につけているものをはずしたり、ぬいだりする。(一時的に)からだから離す。「帽子を—・る」「ネクタイを—・る」

㋑(そこにある不用のもの、余分なものを)他へ移す。除き去る。そこからいなくする。「しみを—・る」「痛みを—・る」「かたきを—・る」

同類のものを広く多く集める。採取する。「木の実を—・って食糧にする」

㋑(採る)多くの中から選んで、決める。採用したり、選択したりする。「気に入った品を—・る」「新卒者を—・る」

㋒(採る)選んで、どちらかのほうに決める。「可否を—・る」「南に針路を—・る」

㋓(採る)みちびき入れる。「明かりを—・る窓」

㋔(「摂る」とも書く)必要なものとして体内にとり入れる。「栄養を—・る」

材料原料からとり出したり、作り出したりする。製する。「豆から油を—・る」

形をまねて作る。(記して)形を残す。「入れ歯の型を—・る」「不動姿勢を—・る」「メモを—・る」

数量をはかる。数える。調べる。「統計を—・る」「寸法を—・る」「タイムを—・る」「脈を—・る」

㋐(人の心をおしはかったり、要点押さえたりして)うまくことをすすめる。「ごきげんを—・る」「バランスを—・る」

調子を合わせる。「拍子を—・る」「歩調を—・れ」

そのことのために場所や時間などを必要とする。「手間を—・る仕事」「大きすぎて場所を—・る」

10 そのよう解釈したり、判断したりする。解する。「文字どおりに—・る」「悪く—・る」

11 相撲カルタなどの遊びをする。「一番—・ろうか」「花札を—・る」

12

㋐(撮る)写真を写す。「記念写真を—・る」

写し作る。「コピーを—・る」

㋒(「録る」とも書く)録画する。録音する。「フルハイビジョンカメラで—・る」

13 (「…にとって」の形で)…としては。…の立場からは。「彼の死は経済界に—・って大きな痛手だ」

[可能] とれる

【二】[動ラ下二「とれる」の文語形

[下接句] 揚げ足を取る当たりを取る虻蜂(あぶはち)取らず・彝(い)を秉(と)る・暇(いとま・ひま)を取る・裏を取る猿猴(えんこう)月を取る・後れを取る鬼の首を取ったよう音頭を取る・舵(かじ)を取る・気を取られる・機嫌気褄(きづま)を取る・機嫌を取る牛耳を執る教鞭(きょうべん)を執る消し口を取る・堅(けん)を被(こうむ)り鋭(えい)を執る木盾(こだて)に取る小褄(こづま)を取る采(さい)を採る鞘(さや)を取る質(しち)に取る死に水を取る尺を取る酌を取る章を断ち義を取る陣を取る先(せん)を取る・損して得取る・大事を取る盾に取る・短を舎(す)て長を取る・褄(つま)を取る手に手を取る手に取るよう手を取る手玉に取る天下を取る得を取るより名を取れ年を取るとっこに取る(とんび)に油揚(あぶらげ)を取られたよう・名を捨てて実を取る名を取る中を取る鳴くは鼠(ねずみ)を捕らぬ・盗人(ぬすびと)の上前(うわまえ)を取る箸(はし)を取る引けを取る・庇(ひさし)を貸し母屋を取られる・左褄(ひだりづま)を取る・人の褌(ふんどし)で相撲を取る暇を取る不覚を取る筆を執る面を取る股立(ももだち)を取る・涼を取る労を取る


トル【torr】

圧力単位。1トルは水銀柱1ミリ底面に及ぼす圧力で、133.3224パスカル。E=トリチェリの名にちなむ。記号torr, Torr


と・る

連語〕 (助詞「て」に動詞「おる(居)」の付いた「ておる」の変化したもの動詞連用形に付けて用いる。上にくる語によって「どる」とも) その状態にあるという意を添える。…ている。

雑俳智恵車(1716‐36)「渋団・裸でで涼んどる」

滑稽本浮世風呂(1809‐13)四「きのふのけんかは対人(あひて)を知居(しっト)りますが」

[補注]東京語の「てる」にあたる。同じく「ておる」から「ちょる(じょる)」となった地方もある。


トル

(英 torr) 〔名〕 圧力単位。一トルは水銀柱ミリメートル底面に及ぼす圧力で、一三三・三二二四パスカルイタリア物理学者E=トリチェリの名にちなむ。記号 torr, Torr


と・る【取・執・採・捕・撮】

1⃣ 〔他ラ五(四)

[一] 手に握って持つ。身から離れないようにしっかり持つ。

① 手に持つ。つかむ。

書紀720皇極三年六月歌謡向つ峰(を)に 立てる夫(せ)らが 柔手(にこで)こそ 我が手を騰羅(トラ)め」

徒然草1331頃)一五七「筆をとれば物書かれ」

② 手に持ってそれを使う。

万葉(8C後)一七・三九六一「白波の寄す磯廻(いそみ)を漕ぐ船の(かぢ)登流(トル)間なく思ほえし君」

③ 手に持ったりつまんだりして、さしたり引いたり上げたりする。

(イ) を植える。

古今(905‐914)秋上・一七二「昨日こそさなへとりしかいつのまにいなばそよぎて秋風の吹く〈よみ人しらず〉」

(ロ) (案内したり、教えたりするために)手を引くまた、指導する。

蜻蛉(974頃)上「『あやし、ここにぞある』とて、手をとりてみちびく」

(ハ) (「馬の口を取る」の形で) 手綱を引く。

伊勢物語(10C前)六三「道にて馬の口をとりて」

(ニ) つまんで引き上げる。

平家13C前)八「やごとなき女房達、袴のそばをとり」

逃げないようにしっかり押えるつかまえる。捕獲する。

古事記(712)下・歌謡「雲雀は 天に翔(かけ)る 高行くや総別(はやぶさわけ) 鷦鷯(さざき)登良(トラ)さね」

(5) 仕事事業などを遂行する。手を使ったりして仕事を進める。

救荒勅語明治元年1868六月二日「是朕か実に万機を攬るに不堪」

破戒(1906)〈島崎藤村〉二「身体衰弱して、職務執る堪へないから退職する」

(6) 持っている考え意志堅く守る。

破戒(1906)〈島崎藤村〉七「斯志ばかりは堅く執って変るな」

[二] 自分物になるように、また、自分の物として持てるようにする。

農作物草木魚介類などを収穫採集する。また、あるものから抜き出したり、しぼり出したりする。

書紀720応神一三年三月・歌謡「香ぐはし 花橘 下枝(しづえ)らは 人皆等利(トリ)」

自分思い通り支配領有する。

白氏文集天永四年点(1113)三「各の強兵を握(トリ)、恩沢固むず」

大鏡(12C前)五「天下とる相おはします」

③ 買ったりもらったりして受け収めるまた、報酬として得る。

*竹取(9C末‐10C初)「給はせたる物各分けつつとる」

徒然草1331頃)九三「買ふ人、明日そのあたひをやりて牛をとらんと言ふ

願い出て、もらう。

*虎明本狂言箕被室町末‐近世初)「何なりともそなたのほしひ物をとっておかいれ

(5) (嫁・むこ・養子などを)迎え入れる

蜻蛉(974頃)下「いかで、いやしからざらん人の女子一人とりて、うしろみもせん」

(6) 師として学ぶ。また、主人として仕える。弟子にして教えることもいう。

源氏100114頃)紅葉賀舞の師どもなど、世になべてならぬをとりつつ、おのおのこもりゐてなむ習ひける」

(7) 芸者娼妓などが、客を迎え入れ相手をする。

破垣(1901)〈内田魯庵〉一「越谷お茶屋へ遣ればお客を取るのが忌(いや)だと云って」

(8) 和歌などの一部引き受けてよむ。また、他の和歌趣向などを意識的にとり入れてよむ。

源氏100114頃)早蕨「はかなきことも本末をとりていひかはし」

(9) 食べ物読み物などを注文してとり寄せる。また、定期的に持って来させて買う。

いさなとり(1891)〈幸田露伴〉二「新聞数多く購(ト)るも彦右衛門の家、雑誌数多く取るも彦右衛門の家」

(10) ある成績資格などを得る。

はやり唄(1902)〈小杉天外一三「成程二十六で学位を得(ト)った才子らしい相である」

(11)所を確保したり、時や手間を費やしたりする。

青年(1910‐11)〈森鴎外〉九「日本人は〈略〉飲食をする方を好くから、食堂広く取(ト)るやうになるのでせう」

(12) 年齢積み重ねる。年とる。

俳諧春の日(1686)「世にあはぬ局涙に年とりて〈記念にもらふ嵯峨の苣畑(ちさばた)〈重五〉」

(13) (光、、熱などを)導き入れる

小学読本(1884)〈若林三郎〉四「障子明け涼を取りつつ源氏物語を講ぜしに」

(14) からだに栄養物などを入れる。また、休息する。ねむる。

海に生くる人々(1926)〈葉山嘉樹〉三〇「暖かいコーヒー暖かい肉を摂るべき時候であった」

(15)引き取るの意) 浄瑠璃の節章を表わす語。

(イ) 七五調で進めてきた文章をわざと字余りにする。本来ならば三味線がひくところを太夫が引きうけて語ることを示す。

(ロ) 人物出入り場面転換をするときに用いる節になることを示す。

浄瑠璃源頼家源実朝鎌倉三代記(1781)一「弓と弦とに引き別れ入るや トル 長閑き」

[三] それまであった所か引き離す

ついているものを除き去る。

岩淵本願四分律平安初期点(810頃)「脚を拭ふ巾、熱を摂(トル)巾」

② 身につけているものをはずす。ぬぐ。

浮世草子好色貝合(1687)下「先、衣とらしゃれ」

生命を奪う。うちとるまた、首を斬り放す

万葉(8C後)六・九七二「千万(ちよろづ)の軍なりとも言挙げせず取(とり)て来ぬべき男とそ思ふ

平家13C前)八「三刀さいて頸をとる」

むりやりに、または、ひそかに他人の物を自分の手収める。うばう。ぬすむ。

大和(947‐957頃)一二六「家も焼けほろび物の具もみなとられはてて」

(5) 官位財産などを召しあげる。とりあげる。

平中(965頃)一「宮仕へをも仕うまつらずといふこと出で来て、つかさとらせ給へば」

(6) 代金税金月謝などを徴収する。「税金をとる」

苦の世界(1918‐21)〈宇野浩二〉二「なかなか上等らしいので、あんなのはこのごろではずゐぶんとるんだらうねと」

(7) 将棋で、味方の駒の利きにあたる相手の駒を奪って持駒とする。

[四] 身に負う

評判恥辱失敗などを身に受ける。

古今(905‐914)恋三・六二八みちのくにありといふなるなとり川なき名とりては苦しかりけり〈壬生忠岑〉」

平家13C前)五「詞のつつしまざるは、やぶれをとる道なり

ひきうけて行なう負担する。

源氏100114頃)東屋大臣にならむ贖労(ぞくらう)をとらむなどぞ、あまりおどろおどろしき事と

名跡(みょうせき)や財産ひきつぐ

仮名草子犬枕(1606頃)「知りて入らぬ物。跡とって死する人」

[五] えらんできめる。また、所を定め設ける。

① (採) よい、すぐれている認める。また、そう認め採用する。

蜻蛉(974頃)中「をさなき人、しりへのかたとられて出でにたり」

源氏100114頃)帚木「とる方なくくちをしききはと」

多くのものの中からえらび出す。

落窪(10C後)四「この二十八日になん、舟に乗るべき日とりたりければ」

落ちつくべき宿、席、陣を定める。また、進む道や方向定める。

古今(905‐914)離別・三九二「ゆふぐれのまがきは山と見えななむ夜はこえじとやどりとるべく〈遍昭〉」

平家13C前)六「源平両方陣をとる

④ (「床を取る」の形で) 寝所設ける。ふとんを敷く。

浮世草子好色一代男(1682)七「更過て床とるにも三ツ蒲団替夜着

[六] ある形をつくり出す

① もとの形をまねて作るまた、物の輪郭表わす

日葡辞書(1603‐04)「ヘリヲ toru(トル)」

歌舞伎星月夜見聞実記荏柄の平太)(1880)序幕雪景色一段と、絵にお取(ト)り遊ばすには〈略〉嘸お悦びでござんせうわいな」

② (撮) 写真をうつす。撮影する。

開化自慢(1874)〈山口市郎〉初「写真屋をつれて来て、その文を写真にとる」

忘れないように書きとめる。

青べか物語1960)〈山本周五郎蜜柑の木「本を読んだり、ノート取ったりするのであった」

複写などをつくる。「コピーをとる」「ビデオをとる」

[七] 数量物事内容などを考える。

相手気持酌む相手気持をはかってうまくあつかう。

伊勢物語(10C前)四三この女、けしきをとりて」

日葡辞書(1603‐04)「ヒトノ キゲンヲ toru(トル)」

② はかり数える。また、数えるときのしるしにする。

蜻蛉(974頃)上「山とつもれる しきたへの の塵も ひとりねの かずにしとらば 尽きぬべし」

言葉内容物事の状態、事情などを、あれこれ推測して、こうだと考える。解釈する。受けとる。

二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉上「もしやお銀が悪く取(ト)って〈略〉談(はなし)が破れるやうなことでもあっては大変と」

[八] ある状態にはまるように行動する。

調子などを、うまく合うようにする。

源氏100114頃)梅枝「弁の少将ひゃうしとりて梅が枝いだしたるほど、いとをかし

② すもうを行なう

源平盛衰記14C前)一六「敏延と満仲相撲を取(トリ)けるに」

カルタトランプ遊びをする。

小学読本(1884)〈若林三郎〉二「歌骨牌取りて遊ぶことあるべし」

④ ある行動仕方をする。

懇親会(1909)〈森鴎外〉「僕には此時始めて攻勢を取らうといふ考が出た」

彼の歩んだ道(1965)〈末川博〉三「校長先生がたのとる態度いかにも卑屈である」

(5) 騙(だま)す。あざむく

浄瑠璃夏祭浪花鑑(1745)四「イヤイヤうそ。おれを取るのじゃ」

(6) 情交する。

浮世草子好色産毛(1695頃)四「男千人の肌にふれては菩薩の行とおもひ立、毎夜橋詰に出て人にとらすると風聞す」

[九] ある事に関連させる。

① ある事に引き寄せ考える。

源氏100114頃)若菜上「身にとりては事にあるまじ思ふ給へたち侍る折々あるを」

② ある事にたとえて示す。なぞらえるまた、引き合いに出す

平家13C前)四「太政官の庁は、凡人の家にとらば公文所ていのところ也」

天草本伊曾保(1593)イソポの生涯の事「マコトニ タトエヲ toruni(トルニ) タメシモナイ ホドニ アッタト マウス

[十] (寄席最後に出演する者を「とり」というところからそれを動詞化させたものか) 終わるの意にいう寄席芸人仲間の語。「今日稽古はこれでとります」

2⃣ 〔自ラ下二〕 ⇒とれる(取)


とる【執】

〔名〕 民間暦でいう十二直(じゅうにちょく)の一つ家造り、井掘り、種蒔き婚礼取入れには吉、移徙(いし)、出行蔵開きなどには凶とされる。〔暦日諺解1789)〕


と・る【照】

〔自ラ四〕 動詞「てる(照)」の上東国方言

万葉(8C後)一四・三五六一「金門田あらがきまゆみ日が刀礼(トレ)ば待とのす君をと待とも」


とる

作者佐野洋

収載図書動詞考察
出版社実業之日本社
刊行年月1994.12

収載図書動詞考察
出版社講談社
刊行年月1997.12
シリーズ名講談社文庫


とる

  1. 近古の語にて交接の意なり。川柳「女のはとる若衆のは借りるなり」 端唄文句口説が床の痴話の種、二人してとる人の種」狂句とると云ふ晩にとられる恥かしさ」とは婿取の夜を云ふか。「盗人もあきれてとらぬ持参金」とは醜婦強姦免るの意なり。「とる」とは執行の義ならんか。
  2. 性交す。近古語。執行の意。女には一番とる。二番とらせるといひ、若衆にはお釜借りると称す俗謡に「口説が床の痴話の種二人してとる人の種」とあり。「とるといふ晩にとられる恥かしさ」「女のはとる、若衆のは借りるなり」「盗人もあきれてとらぬ持参金」。

とる


読み方:とる

  1. 御す(※「ぎょす」)に同じ。
  2. 目上の男が目下の女を寵愛すること。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

都留

読み方
都留とる

都丸

読み方
都丸とる










  • 画数:12
  • 音読み:シ
  • 訓読み:とる
  • ピンイン:shi4













  • 画数:12
  • 音読み:コ
  • 訓読み:とる、 とら
  • ピンイン:hu3 / hu4




※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「とる」に関係したコラム

  • FXやCFDのチャートクラフト方式とは

    FXやCFDのチャートクラフト方式とは、ポイントアンドフィギュアでトレンドラインを引く方法のことです。チャートクラフト方式は考案者のコーエンの名をとって、コーエン方式ともいいます。チャートクラフト方式...

  • 株式分析の逆ウォッチの見方

    株式分析の逆ウォッチは、株価の値動きと出来高をもとに投資スタンスを判断するテクニカル指標です。逆ウォッチは、x座標に出来高、y座標に株価にとり、それぞれの足の交わる点を結んだグラフを作成します。そして...

  • FXやCFDのホッペンシュテット方式とは

    FXやCFDのホッペンシュテット方式とは、ポイントアンドフィギュアでトレンドラインを引く方法のことです。ホッペンシュテット方式は考案者のシュリッカーの名をとって、シュリッカー方式ともいいます。ホッペン...

  • CFDの口座開設時における契約内容は

    CFDの口座を開設する時には、CFD業者の提示する契約書に同意しなければなりません。契約書には、銀行に口座を作る時や商品を分割で支払う際のクレジット契約の時などと同様に細かく取引時のルールが明記されて...

  • CFDの特徴と取引の仕組み

    CFDとは、CFD業者と顧客との間で証拠金をベースに執り行うデリバティブ(金融派生商品)のことです。CFDは、Contract for Differenceの略で、日本語では差金決済取引といいます。C...

  • FXの取引時間はいつからいつまでか

    そもそもFX(外国為替証拠金取引)には、証券取引所や先物取引所のように取引所がなく、インターバンクという仮想(バーチャル)の取引所を通じて取引が行われています。取引を行う市場をインターバンク市場と呼び...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「とる」の関連用語

1
96% |||||

2
92% |||||

3
92% |||||

4
92% |||||

5
92% |||||

6
92% |||||

7
92% |||||

8
92% |||||

9
92% |||||

10
92% |||||

とるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



とるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS