とるとは?

とる [1] 【執】

暦注十二直の一。神仏祭祀婚姻などに吉、移転旅行に凶という日。

と・る [1] 【取る・執る・採る・捕る・撮る】

( 動五[四] )
手に持つ。 《取・執》
離れているものを手でつかんで持つ。手で握る。 「茶碗を手に-・って見る」 「書棚の本を-・る」 「ペンを-・る」
手に持って使う。操作する。 「船の舵(かじ)を-・る」
つまんで上に引き上げる。 「袴の股立ちを-・る」 「着物の褄(つま)を-・る」
手に入れる。自分のものにする。 「政権を-・る」 「損して得-・れ」
理する。仕事を進める。運用する。 《執》 「事務を-・る」 「政務を-・る」
保存する。残しておく。 《取》 「記念に-・っておく」 「明日のおやつに半分-・っておく」
かたく保持する。守る。 「自説を-・って譲ろうとしない」
それまであった所から自分の側に移す。 《取》
に取って自分ものとする。 「お菓子を一つずつ-・る」 「お釣りは-・っておいてください
集める。採集する。収穫する。 《取・採》 「きのこを-・る」 「貝を-・る」 「血を-・る」 〔農作物場合は「穫る」とも書く〕
捕らえる。つかまえる。捕獲する。 《捕》 「すずめを-・る」 「ちよう)を-・る」 「マグロを-・る」 「熊を-・る」 〔「獲る」とも書く。昆虫など小さな動物場合は「採る」とも書く〕
領有する。支配する。 《取・執》 「天下を-・る」 「リーダーシップを-・る」 「乾杯の音頭を-・る」 「指揮を-・る」
分けて移す。分けて自分ものとする。 「料理小皿に-・る」 「分け前を-・る」
報酬を得る。収入を得る。 「高給を-・る」 「月給を-・る」
(「摂る」とも書く)体内取りこむ。食べる。摂取する。 「食事を-・る」 「野菜を-・る」 「ビタミンを-・る」
体を休ませることをする。体に心地よいことをする。 「睡眠を-・る」 「休養を-・る」 「暖を-・る」 「木陰で涼を-・る」
願い出て得る。請う与えられる
休みをもらう。 「休暇を-・る」 「暇を-・る」
許しを得る。 「保健所許可を-・る」 「相手了解を-・る」
取引をまとめる。 「注文を-・る」 「契約を-・る」
自分ところへ来させてあることをする。または、させる。
注文して持って来させる。取り寄せて買う。 「出前を-・る」 「寿司を-・る」
届けさせて定期的に継続して買う。 「新聞を-・る」
呼び寄せる。呼んで療治をさせる。 「あんまを-・る」
迎え入れる。もらう。 「息子に嫁を-・る」 「弟子を-・る」
権力によって強制的集める。多く受け身の形で用いる。 「息子兵隊に-・られる」 「徴用に-・られる」
引き入れる導き入れる。 《取・採》 「灌漑用水を-・る」 「天窓から明かりを-・る」
導く。案内する。 「手を-・って教える」 「馬の口を-・る」
つながり設ける。接触する。 「連絡を-・る」 「コンタクトを-・る」
成績資格などを得る。 「良い成績を-・る」 「学位を-・る」 「賞を-・る」 「運転免許を-・る」
ある事や物の代わりにあずかる。 「人質を-・る」 「担保を-・る」
それまであった場所から別のところに移す。 《取》
不要なものや汚れなどを除く。取り去る。どける。 「しみを-・る」 「澱(おり)を-・る」
(「脱る」とも書く)身に付けていたものを外す。ぬぐ。 「帽子を-・って挨拶あいさつ)する」 「眼鏡を-・る」
付属品などを取り外す。 「箱のふたを-・る」 「本のカバーを-・る」
体から苦痛や不快感を除く。 「痛みを-・る」 「疲れを-・る」
人の所有物自分のものにする。
ある手段によって、他に属していたもの自分のほうに移す。うばう。 「大手スーパーに客を-・られる」
不法手段自分のものにする。盗む。うばう。 「だまされて土地を-・られる」 「財布を-・られる」 〔金品をぬすむ場合は「盗る」とも書く〕
討ち果たす。殺す。また、首を切る。 「命を-・る」 「仇(かたき)を-・る」 「敵将の首を-・る」
注意関心などを引き付ける。 「テレビに気を-・られる」 「移り変わる景色に気を-・られる」
自由な動きをうばう。 「ぬかるみに足を-・られる」 「スリップしてハンドルを-・られる」
受け取る。徴収する。
物やサービス対価として相手から金銭を受け取る。 「代金を-・る」 「初診料を-・る」
強制的納めさせる。 「税金を-・る」 「賦課金を-・る」
契約約束によって受けて納める。 「家賃を-・る」 「月謝を-・る」 「手数料を-・る」
将棋カルタ花札トランプなどで、敵の駒やその場に出されたを、自分持ち駒にしたり、自分としてうばう。 「飛車を-・る」 「切り札で-・る」
スポーツ試合で、得点を得る。 「初回に二点を-・る」 「一本-・られる」
(「とってもらう」「とってあげる」など授与を表す動詞の上に付いて)他の人のために物を持って渡す。 「その胡椒こしよう)を-・ってください
官位財産などを召し上げる没収する。 「かく官爵かんさく)を-・られず/源氏 須磨
身に負う。引き受ける。受け止める。 《取》
他より劣る評判結果などを得る。 「不覚を-・る」 「若い者引けを-・らない」 「他社後れを-・る」
自分のするべきこととし引き受ける。 《取・執》 「責任を-・る」 「仲介労を-・る」
芸妓娼妓が、客を迎え相手をする。 「客を-・る」
財産家督受け継ぐ。 「跡を-・る」
身に加わる。身に積み重なる。 「年を-・る」 「当年-・って二五歳」
身に負わせる。課する多く受け身の形で用いる。 「反則を-・られる」 「罰金を-・られる」
多く「…にとって」「…にとりて」の形で)…の身として。…の立場からすれば。 「一介研究者に-・って身に余る名誉」 「反対派に-・ってじゃまな存在
選び出す。選んで決める。
よいものを選んで使う。すぐれているものを採用する。 《採・取》 「 - ・るべき唯一の方策」 「どちらの方法を-・るべきだろう」
人を採用する。 《採》
会社・組織などが、従業員採用する。 「新卒を-・る」 「理科系から-・る」
学校学生・生徒入学させる。 「一学年一八〇人-・る」
ある態度や行様式を選んでそのようにする。 《執》 「毅然たる態度を-・る」 「強硬手段を-・る」 「自由行動を-・る」
進む方向選び出し決める。選んでそちらへ行く。 《取》 「針路を北に-・る」 「徳本とくごう峠を越えて上高地へと道を-・る」 「学者への道を-・る」
あるものを選んでそれに基づく。よりどころとする。 《取》 「史実題材を-・った作品
みずからその下につく。仕える。 《取》 「主を-・る」 「師を-・る」
選び出す選択する。 「この二十八日になむ、舟に乗るべき日-・りたりければ/落窪 4」 「クジヲ-・ル/日葡
作り出す。ある形にしてとどめる。 《取》
あるものを原料にして何かを作り出す。 《取・採》 「大豆から油を-・る」 「アオカビ一種から抗生物質を-・る」
形を作る。形を似せ作る。 「石膏で型を-・る」
形を描き出す。 「輪郭を-・る」 「矛盾さまざまな形を-・って表面化する」
書き留める。 「ノートに-・る」 「控えを-・る」 「メモを-・る」
写す。
写真を写す。 《撮》 「記念写真を-・る」 「スナップを-・る」 「映画を-・る」 「レントゲンを-・る」
音や映像磁気テープなどに記録する。 「演奏会模様録音に-・る」 「野鳥鳴き声テープに-・る」 「ビデオに-・っておいた映画を楽しむ」 「コピーを-・る」 〔音を記録する場合は「録る」とも書く〕
数値などを記録する。 「データを-・る」 「心電図を-・る」
数量物事を知る。おしはかる。 《取》
数える。はかる。 「数を-・る」 「カウントを-・る」 「寸法を-・る」 「尺を-・る」 「脈を-・る」
数値集め計算する。 「平均を-・る」 「統計を-・る」
人数などを確認する。 「出席を-・る」 「点呼を-・る」
解釈する。推量する。理解する。受け取る。 「悪く-・らないでほしい」 「冗談を本気と-・られる」
うまく釣り合って安定するようにする。 「バランスを-・る」
相手気持ちに合うようにうまく扱う。 「機嫌を-・る」 「多少わるくなく-・られた事ゆゑ、自然足しげく通ふうち/当世書生気質 逍遥
場所や時間占める。 《取》
場所を占める。場所を定めて落ち着く。 「宿を-・る」 「席を-・る」 「会議室を-・る」 「陣を-・る」
場所を設ける。ある面積占める。 「書斎広く-・る」 「スペースを-・る」
予約して場所を確保する。 「指定券を-・る」 「金曜最終便を-・ってある」 「特別席を-・る」
時間労力を必要とする。費やす。かかる。 「準備手間を-・る」 「一時間ほど時間を-・ってくれないか」
しつらえる。ふとんを敷く。 「床(とこ)を-・る」
手・足・体などを動かす。ある動作をする。
動きととのえる。 「拍子を-・る」 「リズムを-・る」
相撲カルタなどをする。 「横綱と一番-・る」 「家族百人一首を-・る」
(「時にとって」「時にとりて」の形で)場合によって。時によって。 「人、木石にあらねば、時に-・りて、物に感ず事なきにあらず/徒然 41
たとえる。なぞらえる。 「例に-・る」 「このセクション人間に-・ってみれば心臓に当たる部門だ」 〔「とれる」に対す他動詞
[可能] とれる
( 動下二
とれる
慣用揚げ足を- ・ 当たりを- ・ 裏を- ・ 遅れを- ・ 垢離こり)を- ・ 采(さい)を- ・ 鞘(さや)を- ・ 質(しち)に- ・ 死に水を- ・ 酌を- ・ 陣を- ・ 先(せん)を- ・ 大事を- ・ 手に手を- ・ 手玉に- ・ 年を- ・ 中を- ・ 引けを- ・ 暇(ひま)を- ・ 不覚を- ・ 筆を- ・ 脈を- ・ 面を-鬼の首を取ったよう 手に取るよう
表記とる(取・執・採・穫捕・獲・撮・録・盗・摂
「取る」は“手に持つ。手に入れる。徴収する。時間労力要する引き受ける”の意。「本を手に取る」「資格を取る」「天下を取る」「手数料を取る」「手間を取る」「責任を取る執るは“手に持って使う。行う”の意。「筆を執る」「政務執る」「毅然たる態度執る「採る」は“集める。採集する。えらぶ”の意。「きのこを採る」「天窓から明かりを採る」「大豆から油を採る」「決を採る」「新卒を採る」 穫るは“農作物などを収穫する”の意。「穫ったばかりトマト「捕る」は“つかまえる。捕球する”の意。「ちよう)を捕る」「トンボを捕る」「外野フライを捕る」 獲るは“狩りや漁などで獲物をつかまえる”の意。「捕る」とも書く。「熊を獲る」「獲る「撮る」は“写真映画撮影する”の意。「写真を撮る」「映画を撮る」「レントゲンを撮る」 録るは“録音録画する”の意。「ビデオ録る」「野鳥の声をテープ録る盗るは“他人の物をうばう。ぬすむ”の意。「取る」とも書く。「お金盗る」「財布を盗られる」 摂るは“体内取りこむ。食べる”の意。「食事を摂る」「栄養摂る

と・る

連語
接続助詞「て」に動詞「おる(居る)」の付いた「ておる」の転。上にくる語によっては「どる」ともなる〕
その状態にあるという意を表す。 「しばらくここで待っ-・れ」 「晩飯もまだ食べ-・らんのじゃないか」 「腰を痛めていてだいぶ苦しんど・るようだ」 〔やや尊大言い方として用いられるが、本来は西部方言でのもの〕

とる

作者佐野洋

収載図書動詞考察
出版社実業之日本社
刊行年月1994.12

収載図書動詞考察
出版社講談社
刊行年月1997.12
シリーズ名講談社文庫


とる

  1. 近古の語にて交接の意なり。川柳「女のはとる若衆のは借りるなり」 端唄文句口説が床の痴話の種、二人してとる人の種」狂句とると云ふ晩にとられる恥かしさ」とは婿取の夜を云ふか。「盗人もあきれてとらぬ持参金」とは醜婦強姦免るの意なり。「とる」とは執行の義ならんか。
  2. 性交す。近古語。執行の意。女には一番とる。二番とらせるといひ、若衆にはお釜借りると称す俗謡に「口説が床の痴話の種二人してとる人の種」とあり。「とるといふ晩にとられる恥かしさ」「女のはとる、若衆のは借りるなり」「盗人もあきれてとらぬ持参金」。

とる


読み方:とる

  1. 御す(※「ぎょす」)に同じ。
  2. 目上の男が目下の女を寵愛すること。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

都留

読み方
都留とる

都丸

読み方
都丸とる










  • 画数:12
  • 音読み:シ
  • 訓読み:とる
  • ピンイン:shi4













  • 画数:12
  • 音読み:コ
  • 訓読み:とる、 とら
  • ピンイン:hu3 / hu4




※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「とる」に関係したコラム

  • FXやCFDのチャートクラフト方式とは

    FXやCFDのチャートクラフト方式とは、ポイントアンドフィギュアでトレンドラインを引く方法のことです。チャートクラフト方式は考案者のコーエンの名をとって、コーエン方式ともいいます。チャートクラフト方式...

  • 株式分析の逆ウォッチの見方

    株式分析の逆ウォッチは、株価の値動きと出来高をもとに投資スタンスを判断するテクニカル指標です。逆ウォッチは、x座標に出来高、y座標に株価にとり、それぞれの足の交わる点を結んだグラフを作成します。そして...

  • FXやCFDのホッペンシュテット方式とは

    FXやCFDのホッペンシュテット方式とは、ポイントアンドフィギュアでトレンドラインを引く方法のことです。ホッペンシュテット方式は考案者のシュリッカーの名をとって、シュリッカー方式ともいいます。ホッペン...

  • CFDの口座開設時における契約内容は

    CFDの口座を開設する時には、CFD業者の提示する契約書に同意しなければなりません。契約書には、銀行に口座を作る時や商品を分割で支払う際のクレジット契約の時などと同様に細かく取引時のルールが明記されて...

  • CFDの特徴と取引の仕組み

    CFDとは、CFD業者と顧客との間で証拠金をベースに執り行うデリバティブ(金融派生商品)のことです。CFDは、Contract for Differenceの略で、日本語では差金決済取引といいます。C...

  • FXの取引時間はいつからいつまでか

    そもそもFX(外国為替証拠金取引)には、証券取引所や先物取引所のように取引所がなく、インターバンクという仮想(バーチャル)の取引所を通じて取引が行われています。取引を行う市場をインターバンク市場と呼び...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「とる」の関連用語

1
96% |||||

2
92% |||||

3
92% |||||

4
92% |||||

5
92% |||||

6
92% |||||

7
92% |||||

8
92% |||||

9
92% |||||

10
92% |||||

とるのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



とるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2019 Weblio RSS