畿央大学 畿央大学の概要

畿央大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/08 02:54 UTC 版)

畿央大学
畿央大学
畿央大学
大学設置 2003年
創立 1946年
学校種別 私立
設置者 学校法人冬木学園
本部所在地 奈良県北葛城郡広陵町馬見中4-2-2
学部 健康科学部
教育学部
助産学専攻科
研究科 健康科学研究科
教育学研究科
ウェブサイト 畿央大学公式サイト
テンプレートを表示

沿革

  • 2003年 設立(健康科学部理学療法学科、健康生活学科)。桜井女子短期大学短期大学部に。
  • 2006年 教育学部現代教育学科を開設(短期大学部は募集停止)
  • 2007年 大学院健康科学研究科(修士課程)  設置
  • 2007年 健康科学研究所 設置
  • 2008年 健康科学部看護医療学科 開設
  • 2009年 大学院健康科学研究科(博士後期課程) 開設
  • 2011年 大学院健康科学研究科に看護学分野 開講
  • 2012年 助産学専攻科 開設
  • 2012年 現代教育研究所 開設
  • 2013年 ニューロリハビリテーション研究センター 開設
  • 2014年 大学院教育学研究科 開設
  • 2014年 健康科学部および教育学部 定員増
  • 2014年 健康科学部健康栄養学科および教育学部現代教育学科 コース再編

学部・学科

  • 健康科学部
    • 理学療法学科
    • 看護医療学科
    • 健康栄養学科
      • 臨床栄養コース
      • スポーツ栄養コース
      • 食品開発コース
    • 人間環境デザイン学科
      • 建築・まちづくりコース
      • インテリアデザインコース
      • 造形デザインコース
  • 教育学部
    • 現代教育学科
      • 学校教育コース
      • 幼児教育コース
      • 保健教育コース
  • 助産学専攻科

大学院

メディアからの評価

就職率ランキング

開設して10数年ながら「就職に強い大学」として評価されている。

  • 朝日新聞出版発行 AERA進学MOOK「就職力で選ぶ大学」の特集記事「521大学 実就職率ランキング」において、2015年3月卒業生の就職者数が300人以上の国公私立大学の中で、畿央大学は関西2位(全国14位)だった。また同紙の「学部別就職率ランキング」でも、教育学部が関西1位(全国9位)になっている。

その他のランキング

  • 5月16日東洋経済新報社発行「週刊東洋経済」臨時増刊「本当に強い大学2016」の特集記事「本当に強い大学 総合ランキング」において、畿央大学が関西の私立大学で10位だった。国公立大学を含めると16位(全国では88位)。このランキングは「教育力」「就職力」「財務力」「国際力」の4つの視点から評価されたもの。

キャンパスライフ

なんば、天王寺から電車で約27分と交通の便が良く、実際に大学全体の半数以上が大阪府出身で、通学している。

最寄り駅である近鉄五位堂駅からはバス5分、徒歩15分。大学の周辺は閑静な住宅地であり、大学の隣には高塚地区公園とショッピングセンター「エコール・マミ」がある。




  1. ^ 放送大学 平成28年度 単位互換案内
  2. ^ 『奈良新聞』朝刊、奈良新聞社、2016年4月6日、3面


「畿央大学」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「畿央大学」の関連用語

畿央大学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

物理系凍結抑制舗装弾性体空隙充填型

ツノウシノシタ

リモコンジョグ・ジョグ

千匹猿透図鐔

東西線50系車両

PC-98VX4/WN

鍋島灯台

アウシュビッツ強制収容所





畿央大学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの畿央大学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS