性同一性障害 性同一性障害の概要

性同一性障害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/20 13:51 UTC 版)

性同一性障害
性別違和
分類および外部参照情報
ICD-10 F64
ICD-9-CM 302.5
MedlinePlus 001527
MeSH D005783

その病状を持つ者は性同一性障害者(せいどういつせいしょうがいしゃ)、GID当事者(ジーアイディーとうじしゃ)などと呼ばれる。また日本などにおける診断名のみならず、身体的な性別と性同一性が異なる人に対する幅広い表現としてトランスジェンダーという言葉がある。なお、体の性の変異に関わる性分化疾患性的指向に因る同性愛や性同一性とは関連しない異性装とは根本的に事象が異なる(後述参照)。

診断分類である『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM)の、2013年の第5版(DSM-5)は、性別違和(せいべついわ、英:gender dysphoria)という新しい診断名を用いている。ただし日本精神神経学会では診断名としては「性同一性障害」を使用していると報道された[1]
性同一性障害ではなく性別違和に改称する動きがある。

性同一性障害のデータ
ICD-10 F64
DSM-IV-TR 302.85
統計
世界の患者数 不明
日本の患者数 不明
学会
日本 GID学会

日本精神神経学会

世界 WPATH
この記事はウィキプロジェクト雛形を用いています



[ヘルプ]
  1. ^ <訂正>」『朝日新聞』2014年11月16日朝刊、3面。
  2. ^ a b 山内俊雄 2005, p. 368.
  3. ^ a b c d 野宮ほか 2011, p. 40.
  4. ^ a b 山内兄人・新井康允 2006, p. 342.
  5. ^ 野宮ほか 2011, p. 197–200.
  6. ^ 野宮ほか 2011, p. 200–205.
  7. ^ 野宮ほか 2011, p. 14.
  8. ^ 野宮ほか2011, p. 14–17.
  9. ^ 性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律(平成十五年七月十六日法律第百十一号)
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m JSPNガイドライン第3版 2006.
  11. ^ “gender identity” という言葉を初めて用いたのは、アメリカの心理学者ジョン・マネー John Money。初出は1966年。
  12. ^ 野宮ほか 2011, p. 20.
  13. ^ 野宮ほか 2011, p. 20–22.
  14. ^ John Money (1994 Fall), “The concept of gender identity disorder in childhood and adolescence after 39 years.”, Journal of Sex & Marital Therapy 20 (3): 163–177, http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/7996589 
  15. ^ Robert J. Stoller (1964), “A Contribution to the Study of Gender Identity”, International Journal of Psycho-Analysis 45: 220–226, http://www.pep-web.org/document.php?id=ijp.045.0220a 
  16. ^ 野宮ほか 2011, p. 20–21.
  17. ^ 野宮ほか 2011, p. 22.
  18. ^ a b 野宮ほか 2011, p. 24.
  19. ^ Robert J. Stoller (1964), “A Contribution to the Study of Gender Identity”, International Journal of Psycho-Analysis 45: 220–226, http://www.pep-web.org/document.php?id=ijp.045.0220a 
  20. ^ UPR結果文書・補遺・仮訳 – 外務省
  21. ^ 中村美亜 2006.
  22. ^ 野宮ほか 2011, p. 50.
  23. ^ 山内俊雄 2000, p. 9–10.
  24. ^ (Robert Stoller, 1963–1964)
  25. ^ Milton Diamond (2004), “Sex, Gender, and Identity over the Years: A changing perspective”, Child and Adolescent Psychiatric Clinics of North America 13: 591–607, http://www.hawaii.edu/PCSS/biblio/articles/2000to2004/2004-sex-gender-and-identity.html 
  26. ^ ジョン・コラピント著、村井智之訳 2005.
  27. ^ ミルトン・ダイアモンド、ヘイゼル・グレン・ベイ、東優子訳 「間違う権利—セックスとジェンダーの自己決定をめぐって」『性同一性障害—ジェンダー・医療・特例法』 御茶の水書房、2008年(2008年9月30日第1版第1刷発行)、197–199頁。
  28. ^ 山内俊雄 & 2000 53–68頁.
  29. ^ 山内兄人・新井康允 2006, 35、322、337頁.
  30. ^ a b 野宮ほか 2011, p. 136.
  31. ^ 山内俊雄編著 『Modern Physician 25-4 性同一性障害の診かたと治療』 新興医学出版社、2005年(2005年4月15日発行)、444頁。
  32. ^ 野宮ほか 2011, p. 23–24.
  33. ^ 佐藤俊樹・黒田重利 「ジェンダークリニックの取り組みと実態」『Modern Physician 25-4 性同一性障害の診かたと治療』 新興医学出版社、2005年(2005年4月15日発行)、417頁。
  34. ^ Jiang-Ning Zhou, Michel A. Hofman, Louis J. G. Gooren & Dick F. Swaab (2 November 1995), “A sex difference in the human brain and its relation to transsexuality”, Nature 378: 68–70, http://www.nature.com/nature/journal/v378/n6552/abs/378068a0.html 
  35. ^ a b 野宮ほか 2011, p. 26.
  36. ^ 野宮ほか 2011, p. 57.
  37. ^ 野宮ほか 2011, 58–59、153頁.
  38. ^ a b c 野宮ほか 2011, p. 54.
  39. ^ 野宮ほか 2011, p. 55–56.
  40. ^ 山内俊雄 2005, p. 444.
  41. ^ 野宮ほか 2011, p. 135.
  42. ^ 野宮ほか 2011, p. 47.
  43. ^ a b 針間克己 (3 2011). “自称性同一性障害と本物をどう見分けるか”. 精神科 18 (3): 326-329. http://ci.nii.ac.jp/naid/40018744231. 
  44. ^ Person E, Ovesey L (1974 Jan), “The transsexual syndrome in males. I. Primary transsexualism.”, American Journal of Psychotherapy 28 (1): 4–20, http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/4812111 
  45. ^ Person E, Ovesey L (1974 Apr), “The transsexual syndrome in males. II. Secondary transsexualism.”, American Journal of Psychotherapy 28 (2): 174–193, http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/4829699 
  46. ^ 中根秀之・小澤寛樹 「ジェンダークリニックの取り組みと実態」『Modern Physician 25-4 性同一性障害の診かたと治療』 新興医学出版社、2005年(2005年4月15日発行)、422頁。
  47. ^ 阿部輝夫 「性同一性障害の診かた」『Modern Physician 25-4 性同一性障害の診かたと治療』 新興医学出版社、2005年(2005年4月15日発行)、370–371頁。
  48. ^ 加澤鉄士 「性同一性障害の診断」『Modern Physician 25-4 性同一性障害の診かたと治療』 新興医学出版社、2005年(2005年4月15日発行)、376頁。
  49. ^ 野宮ほか 2011, p. 41.
  50. ^ 山内俊雄 2000, p. 53–68.
  51. ^ a b 山内兄人・新井康允 2006, p. 35.
  52. ^ 山内兄人・新井康允 2006, p. 337–338.
  53. ^ 山内兄人・新井康允 2006, p. 321.
  54. ^ Jiang-Ning Zhou, Michel A. Hofman, Louis J. G. Gooren & Dick F. Swaab J (2 November 1995), “A sex difference in the human brain and its relation to transsexuality”, Nature 378: 68–70, http://www.nature.com/nature/journal/v378/n6552/abs/378068a0.html 
  55. ^ 山内兄人・新井康允 2006, p. 322.
  56. ^ 新井康允 1999, p. 149.
  57. ^ 新井康允 1999, p. 148–149.
  58. ^ DF Swaab, E Fliers (31 May 1985), “A sexually dimorphic nucleus in the human brain”, Science 228 (4703): 1112–1115, http://www.sciencemag.org/content/228/4703/1112.abstract 
  59. ^ DF Swaab, MA Hofman (1995 Jun), “Sexual differentiation of the human hypothalamus in relation to gender and sexual orientation”, Trends Neurosci 18 (6): 264–270, http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/7571001 
  60. ^ DF Swaab, MA Hofman (1990 Dec 24), “An enlarged suprachiasmatic nucleus in homosexual men”, Brain Res 537 (1-2): 141–148, http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/2085769 
  61. ^ Mikael Landén (10 December 1999), Transsexualism. Epidemiology, phenomenology, regret after surgery, aetiology, and public attitudes, Göteborgs universitet: Doctoral thesis, http://gupea.ub.gu.se/handle/2077/12418 
  62. ^ 野宮ほか 2011, p. 40–41.
  63. ^ a b 佐藤俊樹・黒田重利 「ジェンダークリニックの取り組みと実態」『Modern Physician 25-4 性同一性障害の診かたと治療』 新興医学出版社、2005年(2005年4月15日発行)、417-418頁。
  64. ^ 南野ほか 2011, p. 268.
  65. ^ a b 針間克己 (2000-11-30). “性同一障害の心理療法”. 人格障害の心理臨床. 臨床心理学大系19. 金子書房. ISBN 9784760893393. 針間克己 (1999年). “性同一性障害の心理療法”. 2014年12月31日閲覧。
  66. ^ 山内俊雄 2005, p. 446.
  67. ^ 野宮ほか 2011, p. 74.
  68. ^ 野宮ほか 2011, p. 75.
  69. ^ 野宮ほか 2011, p. 76.
  70. ^ 山内俊雄 2005, p. 447.
  71. ^ 野宮ほか 2011, p. 95.
  72. ^ a b c d e f g 石原理 「ホルモン療法の実際」『Modern Physician 25-4 性同一性障害の診かたと治療』 新興医学出版社、2005年(2005年4月15日発行)、386–388頁。
  73. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab 野宮ほか 2011, p. 86–97.
  74. ^ a b c 南野ほか 2013, p. 128.
  75. ^ a b c d 野宮ほか 2011, p. 98.
  76. ^ 野宮ほか 2011, p. 49.
  77. ^ gid.jp 日本性同一性障害と共に生きる人々の会性同一性障害特例法による性別の取扱いの変更数の推移
  78. ^ 野宮ほか 2011, p. 200–203.
  79. ^ 野宮ほか 2011, p. 203–205.
  80. ^ a b c d e f 野宮ほか 2011, p. 199.
  81. ^ 野宮ほか 2011, p. 199–200.
  82. ^ a b 野宮ほか 2011, p. 200.
  83. ^ JSPNガイドライン第4版 2012.
  84. ^ 虎井まさ衛 2003, p. 162.
  85. ^ 性同一性障害:「退職強要」 遺族が提訴 毎日新聞 2014年4月1日
  86. ^ 昭文社・性同一性障害を理由に社員解雇
  87. ^ 「女性として働かせてほしい」 社員側の主張
  88. ^ 「女装は職場の秩序を乱す」 昭文社側の言い分
  89. ^ (関連)「大阪市・性同一性障害男性を女性職員として認可」







性同一性障害と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「性同一性障害」の関連用語

性同一性障害のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

水鉛フォルノー石

ホワイト・アレクサンダー

GALAXY Tab S 8.4 SC-03G

コマンダー

ダブルフィード

ベレー帽

美濃和紙

足柄





性同一性障害のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの性同一性障害 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS