マギ_(漫画)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > マギ_(漫画)の意味・解説 

マギ (漫画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/25 13:30 UTC 版)

マギ』(Magi: The Labyrinth of Magic)は、大高忍による日本少年漫画作品。『週刊少年サンデー』(小学館2009年27号から連載中。現在、累計発行部数2300万部突破[1]




注釈

  1. ^ 第2夜時点から。ただし数百年前の人物が金属器を所持している描写があり、一般に知られたのが14年前。
  2. ^ 8属性では1から順に火(赤)・水(青)・光・雷(黄)・風(白)・音・力(黒)・命(紫)、八卦では水(坎)・山(艮)・雷(震)・風(巽)・火(離)・地(坤)・沢(兌)・天(乾)となっており、若干の相違がある。
  3. ^ ウーゴは「ヒトを形作る微細な細胞の一つ一つが己の存在意義やヒトの意思を永遠に理解できないのと似ている」と例えている。
  4. ^ サンデー掲載時は「バルバット」だったが、単行本掲載時より現名称に変更された。
  5. ^ 軍人や文官が商人を下に見るという無自覚な選民意識のせいで世の中の流れに乗りきれなかったというのも大きな問題だった。
  6. ^ 反乱が全く同時に発生したため、反乱そのものにシンドバッドが関与していた疑いがある。
  7. ^ 答えを出すまではシンドバッドにどんな致命傷を負わせようと復活する。
  8. ^ ただし当時はNET系列(近畿のTBS系列はABC)だった。なお、当時はNET系列局が少なかったため、TBS系列局で放送された地域もある。
  9. ^ ただしこの間、『おそ松』の次作である『かみなり坊やピッカリ・ビー』や、その次作『[ファイトだ!!ピュー太]]』の様に、『少年サンデー』連載作をアレンジしてアニメ化した事はあった。
  10. ^ 当時、近畿ではABCで放送。
  11. ^ 「スペシャル 拡大オンエア」と題し、17:00 - 17:56に2話連続放送。
  12. ^ 2016年4月16日放送開始予定であったが、熊本地震に伴う報道特別番組より放送延期となり、初回は2話連続放送となり、事実上BS-TBSが1週先行放送される形となった(公式サイト1公式サイト2)。

出典

  1. ^ http://www.tbs.co.jp/tbs-ch/item/a0214/
  2. ^ 作者の手書きブログより。
  3. ^ 『マギ』コミックアンソロジーのご案内”. ふゅーじょんぷろだくと. 2013年6月21日閲覧。
  4. ^ 12月に入りました”. COMIC Be狂騒曲 (2011年12月10日). 2013年6月21日閲覧。
  5. ^ MAGI シンドバッドの冒険 1”. 小学館. 2013年8月24日閲覧。
  6. ^ 【9月30日放送『マギ』特別番組】番組タイトル&出演者決定!”. 『マギ』公式サイト. 2012年9月18日閲覧。
  7. ^ 「マギ」TVアニメ続編、10月より放映!先行上映イベントも”. コミックナタリー (2013年7月17日). 2013年9月23日閲覧。
  8. ^ a b c テレビ放送対象地域の出典: 放送分野の動向及び規制・制度(資料2)”. 政府規制等と競争政策に関する研究会通信・放送の融合の進展下における放送分野の競争政策の在り方. 公正取引委員会. p. 2 (2009年10月9日). 2016年8月12日閲覧。 基幹放送普及計画”. 郵政省告示第六百六十号 (1988年10月1日). 2016年8月12日閲覧。 地デジ放送局情報”. 一般社団法人デジタル放送推進協会. 2016年8月12日閲覧。
  9. ^ ONAIR”. TVアニメ「シンドバッドの冒険」公式サイト. 2016年3月17日閲覧。
  1. ^ 『マギ 1』”. 2012年9月19日閲覧。
  2. ^ 『マギ 2』”. 2012年9月19日閲覧。
  3. ^ 『マギ 3』”. 2012年9月19日閲覧。
  4. ^ 『マギ 4』”. 2012年9月19日閲覧。
  5. ^ 『マギ 5』”. 2012年9月19日閲覧。
  6. ^ 『マギ 6』”. 2012年9月19日閲覧。
  7. ^ 『マギ 7』”. 2012年9月19日閲覧。
  8. ^ 『マギ 8』”. 2012年9月19日閲覧。
  9. ^ 『マギ 9』”. 2012年9月19日閲覧。
  10. ^ 『マギ 10』”. 2012年9月19日閲覧。
  11. ^ 『マギ 11』”. 2012年9月19日閲覧。
  12. ^ 『マギ 12』”. 2012年9月19日閲覧。
  13. ^ 『マギ 13』”. 2012年9月19日閲覧。
  14. ^ 『マギ 14』”. 2012年9月19日閲覧。
  15. ^ 『マギ 15』”. 2012年11月17日閲覧。
  16. ^ 『マギ 16』”. 2013年2月18日閲覧。
  17. ^ 『マギ 17』”. 2013年5月17日閲覧。
  18. ^ 『マギ 18』”. 2013年9月18日閲覧。
  19. ^ 『マギ 19』”. 2013年10月18日閲覧。
  20. ^ 『マギ 20』”. 2014年1月17日閲覧。
  21. ^ 『マギ 21』”. 2014年4月18日閲覧。
  22. ^ 『マギ 22』”. 2014年7月18日閲覧。
  23. ^ 『マギ 23』”. 2014年10月17日閲覧。
  24. ^ 『マギ 24』”. 2015年1月16日閲覧。
  25. ^ 『マギ 25』”. 2015年4月17日閲覧。
  26. ^ 『マギ 26』”. 2015年7月17日閲覧。
  27. ^ 『マギ 27』”. 2015年10月16日閲覧。
  28. ^ 『マギ 28』”. 2016年1月18日閲覧。
  29. ^ 『マギ 29』”. 2016年4月12日閲覧。
  30. ^ 『マギ 30』”. 2016年7月15日閲覧。
  31. ^ 『マギ 31』”. 2016年11月20日閲覧。
  32. ^ 『マギ 32』”. 2017年1月18日閲覧。
  33. ^ 『マギ 33』”. 2017年4月18日閲覧。
  34. ^ 『マギ 34』”. 2017年6月16日閲覧。
  35. ^ 『マギ 35』”. 2017年8月18日閲覧。
  36. ^ 『『アルフ・ワイラ・ワ・ライラ』〜マギ千夜一夜物語〜』”. 2012年11月17日閲覧。
  37. ^ 『マギ キャラクター大図鑑 〜サディーク〜』”. 2014年1月17日閲覧。
  38. ^ 『マギ シンドバッドの冒険 1』”. 2013年9月18日閲覧。
  39. ^ 『マギ シンドバッドの冒険 2』”. 2014年1月17日閲覧。
  40. ^ 『マギ シンドバッドの冒険 3』”. 2014年5月16日閲覧。
  41. ^ 『マギ シンドバッドの冒険 4』”. 2014年8月18日閲覧。
  42. ^ 『マギ シンドバッドの冒険 5』”. 2014年12月19日閲覧。
  43. ^ 『マギ シンドバッドの冒険 6』”. 2015年4月17日閲覧。
  44. ^ 『マギ シンドバッドの冒険 7』”. 2015年7月17日閲覧。
  45. ^ 『マギ シンドバッドの冒険 8』”. 2015年10月16日閲覧。
  46. ^ 『マギ シンドバッドの冒険 9』”. 2016年4月12日閲覧。
  47. ^ 『マギ シンドバッドの冒険 10』”. 2016年5月18日閲覧。
  48. ^ 『マギ シンドバッドの冒険 11』”. 2016年11月20日閲覧。
  49. ^ 『マギ シンドバッドの冒険 12』”. 2017年1月18日閲覧。
  50. ^ 『マギ シンドバッドの冒険 13』”. 2017年4月18日閲覧。
  51. ^ 『マギ シンドバッドの冒険 14』”. 2017年6月16日閲覧。
  52. ^ 『マギ シンドバッドの冒険 15』”. 2017年8月18日閲覧。
  53. ^ 『マギ シンドバッドの冒険 チームシンドリア今昔物語』”. 2016年6月17日閲覧。






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「マギ_(漫画)」の関連用語

マギ_(漫画)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

AGM-84

連続鉄筋コンクリート舗装

ギンムクドリ

MOX燃料

バレル研磨

姨捨

クラウン マジェスタ

蓋沼水源の森





マギ_(漫画)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマギ (漫画) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS