日本の交通信号機 歴史

日本の交通信号機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/03 05:58 UTC 版)

歴史

創始期

道路用の信号機は、1919年大正8年)に、東京市(当時)の上野広小路交差点に試験的に「信号標板」が設置されたのが日本初である[203]。この時は「進メ」「止レ」と書かれた板を警察官が操作する手動式であった[203]。この方式は多くの通行者が戸惑うこととなり、時期尚早として警察官による交通整理の方が良好と判断され本格採用は見送られた[203]。3年後の1922年(大正11年)に上野公園で開催された平和博覧会の会場入り口交差点付近に再登場した[204]。その後、「信号標板」は改良が重ねられ全国の都市に普及した[204]。普及の背景は、大都市での交通事故の増加が顕著であり、更に手信号での適切な交通整理が難しいと判断されていたことであった[204]

発祥期

自動式信号機は、1930年昭和5年)3月23日に東京市の日比谷交差点に設置された米国製[10]が最初である[205]。灯器は交差点の中央部に設置され、緑・黄・赤3色の意味を知らせるために、あえて信号灯のガラスの上から「ススメ」「チウイ」「トマレ」と文字が書かれていた[206]。これは米国のレイノルズ社製[205]で、同年に国産の信号機も製造開始されている[207]

交通信号機が警察で仕様化されたのは1933年(昭和8年)[180]。この当時の配列は道路中心から赤、橙黄、緑の順と定められ、表示面の直径も185 mmから230 mmと定められた[180]

太平洋戦争が開戦すると信号機も灯火管制の対象となり、空襲警報発令時はスイッチを切り換えて減光した[208]。その一方で、1942年(昭和17年)5月から1947年(昭和22年)12月まで、赤色の灯火の点滅(赤点滅)は空襲警報を告げる表示として用いられた[209]道路標識金属類回収令による回収の対象となった一方、信号機は空襲警報を知らせる役割があったため回収を免れた[208]。しかし、大半の信号機は空襲による被害を受けた[210]

なお、これ以前は「信号機」という名称が一般的ではなく、「交通整理器」「自動交通整理信号機」などの名称が用いられていた[211]

復興期

現在のように「信号機」と呼ぶようになったのは1947年(昭和22年)11月からであり、道路交通取締法の公布により一般的な名称となった[212]

戦後は被災した信号機を修理するなどして応急処置を行ったが、手信号による交通整理に頼らざる得ない状態であった[213]光度が下がり視認性が悪い信号機が多かったため、鉄道信号に倣い背面板の設置が始められた[214]

戦前・戦中は東京、大阪、京都などの8府県でしか信号機は見られなかった。戦後は自動車の普及などを背景に全国の地方都市でも信号機の導入が進んだ[215]

1947年(昭和23年)には配列が右側から赤色、黄色、青色と定められ、表示面の直径も20 cmから30 cmとなった[180]

1953年(昭和28年)頃から関西地区で「注意信号の予告として車両に停止準備をさせ、黄信号時における交差点内の進入を抑制する」ことを目的に、車両用信号機に青色の灯火の点滅(青点滅)が導入された[216]。当時黄色の灯火(黄信号)は、交差点へ既に進入した車両等・歩行者は交差点の外に出なければならないこと以外は赤色の灯火(赤信号)と同じ意味であった[216]1970年(昭和45年)7月25日に道路交通法施行令が改正され、黄信号の意味が改正されて青点滅信号が廃止された[216]

1957年(昭和32年)9月に車両用信号機を背中合わせにしたものが初めて設置され、1961年(昭和36年)2月には信号機の筐体に前後両方向の灯火が設けられたものが設置されるようになった[120]

矢印の記号の変遷もあり、1958年(昭和33年)に日本信号が矢頭と矢柄を分離した信号機を作りはじめた[217]。その後、電球の改良に伴って矢印の記号が他の信号表示と誤認されるようになったため、各信号機メーカーが矢印の形を工夫するようになる[217]

普及期・IT期

1961年に両面に信号機を取り付ける方式が国内で初めて導入される[120]

1966年(昭和41年)に歩行者用信号機が導入された[218]。また、各メーカーで様々な形をしていた矢印記号は、警察庁の信号技術部会によって1972年(昭和47年)7月に車両用信号機の仕様書を作成して統一が図られた[217]

1975年(昭和50年)に新潟県で初めて、多雪でも視認性を確保するために縦型の信号機が導入される[77]

1994年平成6年)に世界初のLED式信号灯器が愛知県に設置され[219]、その直後に徳島県で設置された[220]。そして、2000年(平成12年)に「U型車両用交通信号灯器」[221]が仕様となったときには従来の電球式信号機に追加してLED式信号機も設置できるようになった[221]

2017年(平成29年)度から警察庁は車両用信号機の表示面の直径の標準を300 mmから250 mmに変更した[222]。この変更により、庇が省略され、横幅は200 mm縮まりスリムな筐体となる[223]。明るさはそのままで、製造コストが17%削減できる[222]。さらに、6割近く軽量化されるため、台風の影響も受けにくくなる[223]。2017年6月22日大阪市鶴見区の交差点で初めて新型の信号機が導入され、将来的には全国126万基の灯器を交換する方針である[224]

笹子トンネル天井板落下事故(2012年)以降、交通信号機の老朽化が問題となっている[225]。そのため、的確な維持管理が求められている一方で、必要性に乏しくなった信号機の撤去も進められている[225]

歩行者用信号機の誕生と変遷

初期の信号機は車両用と歩行者用の区別がなく、同一の信号機によって交通整理が行われてきた[226]1936年(昭和11年)に五反田駅前交差点に車両用と区別するためレンズの直径が150 mmの歩行者用信号機が設けられた[227]。その後、1963年(昭和38年)頃にレンズに人形を入れた歩行者用信号機が設置されたが、これらは青点滅しないものであった[218]。そして、1964年(昭和39年)12月15日に歩行者用信号機の研究開発することが決定した[218]1965年(昭和40年)に警視庁が新宿追分交差点に試験設置し、アンケートを実施した[218]。このアンケートの結果に基づき見当が加えられ、人形型の歩行者用信号機は1966年(昭和41年)2月9日に仕様書が作られ正式化された[218]。そして、1996年(平成8年)に「U型歩行者用交通信号灯器」として従来から使用されている電球式に追加してLED式のものも使用できるよう仕様が制定された。[228]。この1996年制定の仕様では電球式とLED式で同じ寸法の筐体が用いられていた[229]。その後、電球式では必要な筐体内部の反射板が不要となり、車両用信号機と同様に薄型化された[230]。薄型化によって軽量化や作業性向上の効果の他に歩行者用信号機においては車両との接触事故を防止する効果もある[230]

待時間表示装置を併設した信号機は1988年東京都で試験設置が開始され[231]、1996年(平成8年)から正式に設置されるようになった[232]。その後、2006年から赤信号・青信号の残り時間を同時に表示できる「経過時間表示付きLED式歩行者用交通信号灯器」(ゆとりシグナル)の設置が開始された[233][234]


注釈

  1. ^ なお、この「左折可」の標示板は、道路標識、区画線及び道路標示に関する命令道路標識には含まれず、信号機に付設される標示(板)の扱いである。
  2. ^ よって反対解釈により、その標示板がある信号機は、その特定の交通以外の交通には表示しないものとされる。
  3. ^ a b c ただし、施行規則別表第一の二(第四条関係)に「備考 灯火の矢印の形状については、道路の形状により特別の必要がある場合にあつては、当該道路の形状に応じたものとすることができる。」とあり、右折先が斜め右方向のみ(Y字形道路等)や、右から交差する複数本の道路の中に一方通行出口の車両進入禁止規制があるなど、特定の右折進行方向を示している斜め右矢印の表示しか無い場合では斜め方向の矢印でも転回できる。
  4. ^ ただし、工事現場の交通整理用信号機を無視して事故を起こした時の責任の有無軽重や、危険運転致死傷罪の適用成否は別論である。

出典

  1. ^ a b c 【くらし探検隊】「緑色なのに青信号」日本だけ*停止や右折ルールにも違い『日本経済新聞』土曜朝刊別刷りNIKKEIプラス1(2019年10月12日)11面
  2. ^ a b c 交通工学研究会 2018b, p. 220.
  3. ^ a b c d e f g 峯岸邦夫 2018, p. 122.
  4. ^ 信号機の役割”. 日本交通管理技術協会. 2019年1月26日閲覧。
  5. ^ 点、線、面の交通整理”. 日本交通管理技術協会. 2019年1月26日閲覧。
  6. ^ a b 交通工学研究会 2018a, p. 131-132.
  7. ^ 交通信号の創始期-信号機の歴史” (日本語). 警察庁. 2018年11月8日閲覧。
  8. ^ a b c d e f 伊吹山四郎 1964, p. 171.
  9. ^ 茂木龍太 (2007年6月9日). “信号に「工夫」のシグナル 進化し見やすく 苦肉の変わり種”. 『日本経済新聞』 (日本経済新聞社) 
  10. ^ a b c d e “【くらし物語】交通信号、安全見守り90年/電球からLEDに タッチ式も登場”. 『日本経済新聞』土曜朝刊別刷りNIKKEIプラス1. (2018年8月4日). 2018-08-04 
  11. ^ a b 建設省道路局企画課道路環境対策室 1988, p. 188.
  12. ^ a b 竹中龍範. “イギリスの交通信号は日本と違う?”. 日本英語検定協会. 2019年9月20日閲覧。
  13. ^ 道路交通法施行令第3条
  14. ^ 道路標識、交通信号機等に関すること Q6 青信号は緑色に見えるのに、なぜ「青」と言うのですか。”. 大阪府警察. 2019年1月26日閲覧。
  15. ^ 鉄村和之 (2018年8月4日). “緑なのになぜか青・変わる待ち時間… 信号機の今昔”. NIKKEIプラス1 (日本経済新聞社・日経BP社). https://style.nikkei.com/article/DGXKZO33718010S8A800C1W11300?channel=DF260120166491 2019年1月26日閲覧。 
  16. ^ 道路交通法施行令第2条第3項、第5項
  17. ^ 道路交通執務研究会・野下文生 2015, pp. 118-119.
  18. ^ 道路交通執務研究会・野下文生 2015, pp. 122-123.
  19. ^ a b 道路交通執務研究会・野下文生 2015, p. 123.
  20. ^ a b 道路交通法施行規則 (昭和三十五年総理府令第六十号)施行日:平成三十年七月十一日 最終更新:平成三十年六月十一日公布(平成三十年内閣府令第三十号)改正(e-Gov)2018年11月9日閲覧
  21. ^ a b 道路交通執務研究会・野下文生 2015, p. 124.
  22. ^ 道路交通執務研究会・野下文生 2015, p. 127.
  23. ^ 道路交通執務研究会・野下文生 2015, p. 128.
  24. ^ 道路交通法施行令第1条の2第3項
  25. ^ 道路交通執務研究会・野下文生 2015, pp. 130-131.
  26. ^ 道路交通法施行令第2条第1項
  27. ^ a b c 警察庁 2008a.
  28. ^ “信号機の点灯順番統一へ県警が本腰 今年度から5、6年で”. 朝日新聞. (1995年7月8日). 1995-07-08 
  29. ^ 警察庁 2008b.
  30. ^ 道路交通法施行令第2条
  31. ^ 道路交通法第4条第3項
  32. ^ 道路交通法第5条第2項
  33. ^ 道路交通法施行令第3条の2第2項
  34. ^ 道路交通法第7条
  35. ^ 道路交通執務研究会・野下文生 2015, pp. 110-111.
  36. ^ 道路交通法第119条
  37. ^ 道路交通法第121条
  38. ^ 道路交通執務研究会・野下文生 2015, p. 132.
  39. ^ 道路交通法第6条
  40. ^ a b c d 交通工学研究会 2018a, p. 125.
  41. ^ a b 警察庁 2015.
  42. ^ 峯岸邦夫 2018, p. 70.
  43. ^ a b c 乗りものニュース編集部 (2018年11月28日). “あると逆に危険? 「必要性の低い信号機」撤去進む 意見の募集も”. 乗りものニュース. 2018-11-28. https://trafficnews.jp/post/82150 2018年11月29日閲覧。 
  44. ^ a b 交通工学研究会 2018a, p. 95.
  45. ^ a b c 交通工学研究会 2006, p. 6.
  46. ^ 交通工学研究会 2018a, p. 96.
  47. ^ 交通工学研究会 2018a, p. 150.
  48. ^ a b 交通工学研究会 2006, p. 24.
  49. ^ 交通工学研究会 2018a, p. 137.
  50. ^ a b c 交通工学研究会 2006, p. 26.
  51. ^ 交通信号工事品質向上研究委員会設計作業部会・ハンドブック編纂作業部会(編) 2018, p. 29.
  52. ^ 交通工学研究会 2006, pp. 26-27.
  53. ^ 交通工学研究会 2006, p. 28.
  54. ^ 交通工学研究会 2006, p. 29.
  55. ^ 交通信号工事品質向上研究委員会設計作業部会・ハンドブック編纂作業部会(編) 2018, p. 30.
  56. ^ a b c 交通工学研究会 2018a, p. 134.
  57. ^ a b c 桐生典男 2000, p. 15.
  58. ^ 交通工学研究会 2006, p. 16.
  59. ^ a b 交通工学研究会 2018a, pp. 135-137.
  60. ^ 交通工学研究会 2018a, p. 126.
  61. ^ a b c d 交通工学研究会 2018a, p. 133.
  62. ^ 交通工学研究会 2018a, pp. 133-134.
  63. ^ 交通工学研究会 2006, p. 70.
  64. ^ 交通工学研究会 2006, p. 73.
  65. ^ 交通工学研究会 2006, p. 74.
  66. ^ 交通工学研究会 2006, p. 76.
  67. ^ 交通工学研究会 2006, p. 77.
  68. ^ 交通工学研究会 2006, p. 79.
  69. ^ a b 交通工学研究会 2006, p. 81.
  70. ^ 交通信号工事品質向上研究委員会設計作業部会・ハンドブック編纂作業部会(編) 2018, p. 42.
  71. ^ a b 交通信号工事品質向上研究委員会設計作業部会・ハンドブック編纂作業部会(編) 2018, p. 23.
  72. ^ 施工ハンドブック編集委員会(編) 2015, p. 112.
  73. ^ a b c 伊藤伸哉 2011, p. 785.
  74. ^ 施工ハンドブック編集委員会(編) 2015, p. 64.
  75. ^ a b c d 交通工学研究会 2018b, p. 229.
  76. ^ 交通信号工事品質向上研究委員会設計作業部会・ハンドブック編纂作業部会(編) 2018, p. 36.
  77. ^ a b 高橋聡 2003, p. 112.
  78. ^ a b c d e 交通信号工事品質向上研究委員会設計作業部会・ハンドブック編纂作業部会(編) 2018, p. 26.
  79. ^ 交通信号工事品質向上研究委員会設計作業部会・ハンドブック編纂作業部会(編) 2018, p. 38.
  80. ^ a b c 交通工学研究会 2018b, p. 222.
  81. ^ a b c d e f g 交通信号工事品質向上研究委員会設計作業部会・ハンドブック編纂作業部会(編) 2018, p. 6.
  82. ^ 乗りものニュース編集部 (2017年6月13日). “20世紀の遺物? 「ゼブラ板」がついた信号機がいまもあるワケ”. 乗りものニュース. 2017-06-13. https://trafficnews.jp/post/73048 2018年11月29日閲覧。 
  83. ^ a b UTMS協会 2016, p. 114.
  84. ^ a b 伊藤直孝 (2016年2月24日). “2人死亡事故 「色覚障害者に見やすい信号だったら…」” (2016-02-24発行). https://mainichi.jp/articles/20160224/k00/00m/040/113000c 2018年7月12日閲覧。 
  85. ^ 道路信号機 [色覚異常者に優しいユニバーサルデザインLED信号灯]”. 日本デザイン振興会. 2018年7月12日閲覧。
  86. ^ UTMS協会 2016, p. 125.
  87. ^ 交通工学研究会 2006, p. 120.
  88. ^ 安井一彦・越正毅・宮田晋・浅野栄吉 2002, p. 5.
  89. ^ 安井一彦・越正毅・宮田晋・浅野栄吉 2002, pp. 5-6.
  90. ^ a b c 交通信号工事品質向上研究委員会設計作業部会・ハンドブック編纂作業部会(編) 2018, p. 24.
  91. ^ 交通工学研究会 2018b, p. 234.
  92. ^ a b c d e 消えゆくUFO型信号機 宮城県内の22基、5年以内に全て撤去 -河北新報
  93. ^ a b c d “「UFO信号機」見納め?、宮城、老朽化で一新へ、交通量減り撤去検討”. 日本経済新聞. (2018年9月4日). 2018-09-04 
  94. ^ a b c 何コレかっけぇぇ! 宮城県限定のUFO型信号機が話題に 「なんだこれ!?」「強そう」「見方が分からない」 - ねとらぼ
  95. ^ 弊社開発の「懸垂型交通信号機」が各種メディアで紹介されております名古屋電機工業株式会社
  96. ^ a b 交通信号工事士技能検定委員会ハンドブック編纂作業部会(編) 2016, p. 75.
  97. ^ a b c d 石井尚 (2018年12月17日). “消えゆく一灯式信号機 ルール分かりづらく 色覚障害者は判別困難”. 毎日新聞. 毎日新聞社 
  98. ^ a b 吉崎昭彦 2015, p. 50.
  99. ^ a b 吉崎昭彦 2015, p. 51.
  100. ^ “雪国仕様に…省エネと雪対策両立 模索続く”. 毎日新聞. (2017年2月28日). 2017-02-28. https://mainichi.jp/articles/20170228/k00/00e/020/131000c 
  101. ^ “雪に負けるな! ヒーターや振動で対策”. 毎日新聞. (2016年2月28日). 2016-02-28. https://mainichi.jp/articles/20160228/k00/00e/040/175000c 
  102. ^ LED式信号機への着雪防止対策について(フォローアップ)”. 山形県. 2018年7月7日閲覧。
  103. ^ 加賀元 (2016年2月4日). “LED信号、雪が難敵 発熱せず雪が付着、道警が人力除雪”. 朝日新聞. 2016-02-04 
  104. ^ “LED信号機、雪が大敵、表面温度低く付着見えにくく、警察・メーカー対策急ぐ。”. 『日本経済新聞』. (2015年2月16日). 2015-02-16 
  105. ^ “雪国向けLED信号機実用化へ 青森・名久井農高と京大が共同開発”. 産経ニュース. (2016年4月5日). 2016-04-05. https://www.sankei.com/region/news/160405/rgn1604050030-n1.html 2018年5月21日閲覧。 
  106. ^ a b “自動運転車に信号情報 政府、18年度から公開へ”. 『日本経済新聞』. (2018年2月14日). 2018-02-14 
  107. ^ a b 交通工学研究会 2015, p. 42.
  108. ^ 交通工学研究会 2015, p. 41.
  109. ^ 交通工学研究会 2015, pp. 42-44.
  110. ^ 交通信号工事士技能検定委員会ハンドブック編纂作業部会(編) 2016, p. 74.
  111. ^ 交通工学研究会 2018a, p. 138.
  112. ^ a b c UTMS協会 2016, p. 121.
  113. ^ 施工ハンドブック編集委員会(編) 2015, p. 65.
  114. ^ a b c d e f g 交通信号工事品質向上研究委員会設計作業部会・ハンドブック編纂作業部会(編) 2018, p. 25.
  115. ^ 東大通りに新たな信号機が設置されました”. 小金井市交通対策課交通対策係 (2017年4月14日). 2017年10月11日閲覧。
  116. ^ 村田啓介・浅野美帆・田中伸治・桑原雅夫 2007, pp. 76-83.
  117. ^ a b 牛木隆匡・鹿田成則・小根山裕之・石倉智樹 2012.
  118. ^ 渡辺章彦・下原祥平・島崎敏一 2009.
  119. ^ a b c 中井誠一 2010, p. 1003.
  120. ^ a b c 交通信号50年史編集委員会 1975, p. 66.
  121. ^ UTMS協会 2016, p. 162.
  122. ^ a b 音響式信号機”. 日本盲人連合会. 2018年12月8日閲覧。
  123. ^ 盲人用信号機-信号機の歴史”. 警察庁. 2018年12月8日閲覧。
  124. ^ a b c 中井誠一 2010, p. 1004.
  125. ^ a b c UTMS協会 2016, p. 166.
  126. ^ a b 中井誠一 2010, p. 1005.
  127. ^ 梨森武志 2013, pp. 57-58.
  128. ^ 軌道運転規則第82条
  129. ^ 梨森武志 2013, p. 58.
  130. ^ 交通工学研究会 2006, p. 27.
  131. ^ 梨森武志 2013, p. 67.
  132. ^ UTMS協会 2016, pp. 227-228.
  133. ^ 横田好明 2009, pp. 47-55.
  134. ^ 路面電車優先システム”. 熊本市. 2017年10月11日閲覧。
  135. ^ a b c d e f g h 交通工学研究会 2006, p. 94.
  136. ^ 信号灯器ができるまで (Youtube). 該当時間: 10:15 - 10:24 
  137. ^ 信号灯器ができるまで (Youtube). 該当時間: 10:24 - 10:34 
  138. ^ 信号灯器ができるまで (Youtube). 該当時間: 10:36 - 10:41 
  139. ^ a b c d 伊藤伸哉 2011, p. 783.
  140. ^ a b UTMS協会 2016, p. 113.
  141. ^ a b 2000 & 桐生典男, p. 20.
  142. ^ LED信号灯器(歩行者用)ができるまで (Youtube). 該当時間: 2:14 - 2:23 
  143. ^ LED信号灯器(歩行者用)ができるまで (Youtube). 該当時間: 2:24 - 2:34 
  144. ^ 伊藤伸哉 2011, pp. 783-784.
  145. ^ a b c 伊藤伸哉 2011, p. 784.
  146. ^ 伊藤伸哉 2011, pp. 784-785.
  147. ^ UTMS協会 2016, p. 116.
  148. ^ 信号灯器ができるまで (Youtube). 該当時間: 1:19 - 1:31 
  149. ^ 信号灯器ができるまで (Youtube). 該当時間: 1:32 - 2:57 
  150. ^ 信号灯器ができるまで (Youtube). 該当時間: 2:57 - 3:28 
  151. ^ 信号灯器ができるまで (Youtube). 該当時間: 3:28 - 3:41 
  152. ^ 信号灯器ができるまで (Youtube). 該当時間: 3:42 - 4:00 
  153. ^ 信号灯器ができるまで (Youtube). 該当時間: 4:05 - 4:12 
  154. ^ 信号灯器ができるまで (Youtube). 該当時間: 4:41 - 5:17 
  155. ^ 信号灯器ができるまで (Youtube). 該当時間: 5:43 - 6:03 
  156. ^ LED信号灯器(歩行者用)ができるまで (Youtube). 該当時間: 2:24 - 2:34 
  157. ^ LED信号灯器(歩行者用)ができるまで (Youtube). 該当時間: 2:53 - 3:02 
  158. ^ LED信号灯器(歩行者用)ができるまで (Youtube). 該当時間: 3:03 - 4:49 
  159. ^ LED信号灯器(歩行者用)ができるまで (Youtube). 該当時間: 5:04 - 5:23 
  160. ^ LED信号灯器(歩行者用)ができるまで (Youtube). 該当時間: 5:24 - 6:30 
  161. ^ LED信号灯器(歩行者用)ができるまで (Youtube). 該当時間: 6:31 - 6:50 
  162. ^ LED信号灯器(歩行者用)ができるまで (Youtube). 該当時間: 7:05 - 8:33 
  163. ^ 信号灯器ができるまで (Youtube). 該当時間: 6:22 - 6:39 
  164. ^ 信号灯器ができるまで (Youtube). 該当時間: 6:40 - 6:44 
  165. ^ 信号灯器ができるまで (Youtube). 該当時間: 6:45 - 7:03 
  166. ^ 信号灯器ができるまで (Youtube). 該当時間: 7:07 - 7:29 
  167. ^ 信号灯器ができるまで (Youtube). 該当時間: 7:30 - 7:36 
  168. ^ 信号灯器ができるまで (Youtube). 該当時間: 7:37 - 7:48 
  169. ^ 信号灯器ができるまで (Youtube). 該当時間: 8:17 - 8:25 
  170. ^ 信号灯器ができるまで (Youtube). 該当時間: 8:26 - 8:40 
  171. ^ 信号灯器ができるまで (Youtube). 該当時間: 8:48 - 9:06 
  172. ^ 信号灯器ができるまで (Youtube). 該当時間: 9:07 - 9:37 
  173. ^ LED信号灯器(歩行者用)ができるまで (Youtube). 該当時間: 10:47 - 11:00 
  174. ^ 信号灯器ができるまで (Youtube). 該当時間: 9:38 - 9:45 
  175. ^ 信号灯器ができるまで (Youtube). 該当時間: 9:46 - 10:00 
  176. ^ 信号灯器ができるまで (Youtube). 該当時間: 10:00 - 10:07 
  177. ^ 信号灯器ができるまで (Youtube). 該当時間: 10:08 - 10:42 
  178. ^ 信号灯器ができるまで (Youtube). 該当時間: 10:43 - 10:49 
  179. ^ 信号灯器ができるまで (Youtube). 該当時間: 10:50 - 10:56 
  180. ^ a b c d UTMS協会 2016, p. 112.
  181. ^ 信号灯器ができるまで (Youtube). 該当時間: 1:39 - 1:43 
  182. ^ 信号灯器ができるまで (Youtube). 該当時間: 4:27 - 4:41 
  183. ^ 交通工学研究会 2006, p. 96.
  184. ^ a b c d 施行ハンドブック編集委員会(編) 2015, p. 112.
  185. ^ a b c d e 施行ハンドブック編集委員会(編) 2015, p. 111.
  186. ^ a b c 交通信号工事品質向上研究委員会設計作業部会・ハンドブック編纂作業部会(編) 2018, p. 10.
  187. ^ 交通工学研究会 2006, p. 93.
  188. ^ 信号制御装置”. 日本交通管理技術協会. 2018年5月27日閲覧。
  189. ^ a b c d 信号制御機の機能”. UTMS協会. 2018年5月27日閲覧。
  190. ^ a b “突然倒れる信号機 全国の2割は「老朽化」 ワースト福島に続き2位に兵庫 警察庁”. 産経新聞. (2016年11月27日). 2016-11-27. https://www.sankei.com/west/news/161127/wst1611270046-n1.html 2018年11月30日閲覧。 
  191. ^ “信号制御器、老朽化4万基 更新期過ぎる 事故招く恐れ”. 朝日新聞. (2015年11月29日) 
  192. ^ 交通工学研究会 2018a, p. 168.
  193. ^ 交通工学研究会 2006, pp. 98-99.
  194. ^ 交通信号工事品質向上研究委員会設計作業部会・ハンドブック編纂作業部会(編) 2018, p. 21.
  195. ^ a b 交通信号工事品質向上研究委員会設計作業部会・ハンドブック編纂作業部会(編) 2018, p. 7.
  196. ^ 施行ハンドブック編集委員会(編) 2015, p. 37.
  197. ^ 池谷風馬・本田美樹 2019, p. 45.
  198. ^ a b 山崎晃由 2014, p. 14.
  199. ^ a b “兵庫は“赤信号” 信号老朽化、全国ワースト2位”. 神戸新聞. (2017年5月6日) 
  200. ^ 施行ハンドブック編集委員会(編) 2015, pp. 34-49.
  201. ^ 施行ハンドブック編集委員会(編) 2015, pp. 46-49.
  202. ^ 施行ハンドブック編集委員会(編) 2015, p. 38.
  203. ^ a b c 交通信号50年史編集委員会 1975, p. 11.
  204. ^ a b c 交通信号50年史編集委員会 1975, p. 12.
  205. ^ a b 交通信号50年史編集委員会 1975, p. 20.
  206. ^ 交通信号50年史編集委員会 1975, p. 20-25.
  207. ^ 交通信号50年史編集委員会 1975, p. 26.
  208. ^ a b 交通信号50年史編集委員会 1975, p. 47.
  209. ^ 交通信号50年史編集委員会 1975, p. 170.
  210. ^ 交通信号50年史編集委員会 1975, p. 50.
  211. ^ 交通信号50年史編集委員会 1975, pp. 52-53.
  212. ^ 交通信号50年史編集委員会 1975, p. 52.
  213. ^ 交通信号50年史編集委員会 1975, p. 54.
  214. ^ 交通信号50年史編集委員会 1975, p. 55.
  215. ^ 交通信号50年史編集委員会 1975, pp. 65-66.
  216. ^ a b c 交通信号50年史編集委員会 1975, p. 224.
  217. ^ a b c 交通信号50年史編集委員会 1975, p. 187.
  218. ^ a b c d e 交通信号50年史編集委員会 1975, p. 180.
  219. ^ “LED信号機導入、西日にも見やすく 世界初の試み”. 毎日新聞. (1994年10月18日). 1994-10-18 
  220. ^ “日亜化学のLED使った信号機導入、徳島県警、きょうから。”. 日本経済新聞. (1994年10月21日). 1994-10-21 
  221. ^ a b UTMS協会 2016, p. 115.
  222. ^ a b “信号機、LEDで小型化…明るさ保ちコスト削減”. 読売新聞. (2017年2月24日). 2017-02-24 
  223. ^ a b 宮嶋梓帆 (2017年6月21日). “小型LED信号機 エコでスリム…大阪府警、全国初の導入”. 毎日新聞. 2017-06-21. https://mainichi.jp/articles/20170621/k00/00e/040/199000c 2018年6月24日閲覧。 
  224. ^ “小型LED信号お目見え 大阪の交差点、全国初”. 産経フォト. (2017年6月22日). 2017-06-22. https://www.sankei.com/photo/story/news/170622/sty1706220010-n1.html 2018年6月7日閲覧。 
  225. ^ a b 中島みなみ (2017年5月26日). “信号機老朽化問題、昨年全国で496基を撤去...警察庁”. Response. 2017-05-26. https://response.jp/article/2017/05/25/295223.html 2018年11月30日閲覧。 
  226. ^ 交通信号50年史編集委員会 1975, p. 179.
  227. ^ 交通信号50年史編集委員会 1975, pp. 179-180.
  228. ^ UTMS協会 2016, p. 119.
  229. ^ UTMS協会 2016, p. 120.
  230. ^ a b 伊藤伸哉 2011, p. 786.
  231. ^ “イライラ“消灯”新型信号機――東京都内8ヵ所での試行結果”. 日本経済新聞. (1988年10月14日). 1988-10-14 
  232. ^ UTMS協会 2016, p. 165.
  233. ^ 信号機の豆知識”. 沖縄県警察. 2017年10月11日閲覧。
  234. ^ 警察庁 2006.




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日本の交通信号機」の関連用語

日本の交通信号機のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日本の交通信号機のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本の交通信号機 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS