牡牛座とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 牡牛座の意味・解説 

おうし‐ざ〔をうし‐〕【×牡牛座】

読み方:おうしざ

黄道十二星座の一。1月下旬午後8時ごろ南中する。α(アルファ)星のアルデバラン光度0.8等。プレアデス星団(昴(すばる))・ヒアデス星団(かに)星雲などを含む。学名 (ラテン)Taurus

牡牛座の画像

牡牛座

作者姉小路祐

収載図書運命星座の殺人
出版社徳間書店
刊行年月2002.7
シリーズ名トクマ・ノベルズ


おうし座

(牡牛座 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/24 22:43 UTC 版)

おうし座(おうしざ、牡牛座、Taurus)は、現代の88星座の1つで黄道十二星座の1つ。2世紀頃にクラウディオス・プトレマイオスことトレミーが選んだ「トレミーの48星座」の1つ。α星は、全天21の1等星の1つで、アルデバランと呼ばれる。プレヤデス星団(プレアデス星団)ヒアデス星団かに星雲など、よく知られた天体がある。


  1. ^ a b c d e f The Constellations”. 国際天文学連合. 2023年1月8日閲覧。
  2. ^ Russell, Henry Norris. “The New International Symbols for the Constellations”. Popular Astronomy 30: 469. Bibcode1922PA.....30..469R. 
  3. ^ 星座名・星座略符一覧(面積順)”. 国立天文台(NAOJ). 2023年1月1日閲覧。
  4. ^ a b c "bet Tau". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. 2022年11月11日閲覧
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q IAU Catalog of Star Names (IAU-CSN)”. 国際天文学連合 (2022年4月4日). 2022年11月11日閲覧。
  6. ^ "alp Tau". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. 2022年11月11日閲覧
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 『ステラナビゲータ11』(11.0i)AstroArts。 
  8. ^ a b c d e f g h i j Kunitzsch, Paul; Smart, Tim (2006). A Dictionary of Modern star Names: A Short Guide to 254 Star Names and Their Derivations. Sky Pub. Corp.. pp. 54-58. ISBN 978-1-931559-44-7 
  9. ^ "gam Tau". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. 2022年11月11日閲覧
  10. ^ "del01 Tau". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. 2022年11月11日閲覧
  11. ^ "eps Tau". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. 2022年11月11日閲覧
  12. ^ Sato, Bun'ei; Izumiura, Hideyuki; Toyota, Eri; Kambe, Eiji; Takeda, Yoichi; Masuda, Seiji; Omiya, Masashi; Murata, Daisuke et al. (2007-05-20). “A Planetary Companion to the Hyades Giant ε Tauri”. The Astrophysical Journal (American Astronomical Society) 661 (1): 527–531. Bibcode2007ApJ...661..527S. doi:10.1086/513503. ISSN 0004-637X. 
  13. ^ "eps Tau b". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. 2023年1月9日閲覧
  14. ^ "zet Tau". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. 2022年11月11日閲覧
  15. ^ "eta Tau". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. 2022年11月11日閲覧
  16. ^ "tet02 Tau". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. 2022年11月11日閲覧
  17. ^ "IAU Approves 86 New Star Names From Around the World" (Press release). IAU. 11 December 2017.
  18. ^ "16 Tau". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. 2022年11月11日閲覧
  19. ^ "17 Tau". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. 2022年11月11日閲覧
  20. ^ "19 Tau". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. 2022年11月11日閲覧
  21. ^ "20 Tau". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. 2022年11月11日閲覧
  22. ^ "21 Tau". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. 2022年11月11日閲覧
  23. ^ "23 Tau". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. 2022年11月11日閲覧
  24. ^ "27 Tau". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. 2022年11月11日閲覧
  25. ^ "28 Tau". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. 2022年11月11日閲覧
  26. ^ "HD 28678". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. 2022年11月11日閲覧
  27. ^ Approved names” (英語). Name Exoworlds. 国際天文学連合 (2019年12月17日). 2022年11月11日閲覧。
  28. ^ "T Tau". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. 2023年1月9日閲覧
  29. ^ a b Durlevich, Olga. “GCVS Introduction”. Sternberg Astronomical Institute. 2022年12月16日閲覧。
  30. ^ "RV Tau". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. 2023年1月9日閲覧
  31. ^ Messier Object 1”. SEDS Messier Database (2022年7月31日). 2023年1月9日閲覧。
  32. ^ a b "NGC 1555". SIMBAD. Centre de données astronomiques de Strasbourg. 2023年1月9日閲覧
  33. ^ a b c d 近藤二郎「第2章 黄道一二宮の星座」『わかってきた星座神話の起源 古代メソポタミアの星座』誠文堂新光社、2010年12月30日、57-59頁。ISBN 978-4-416-21024-6 
  34. ^ 近藤二郎『わかってきた星座神話の起源 エジプト・ナイルの星座』誠文堂新光社、2010年5月30日、114頁。ISBN 978-4-416-21010-9 
  35. ^ a b c Condos 1997, pp. 171–174.
  36. ^ 伊藤博明、佐川美智子『グロティウスの星座図帳 : ゲルマニクス"アラトスのファイノメナ"の邦訳』 No.1、千葉市立郷土博物館〈天文資料解説集〉、1999年3月31日、46頁。 NCID BA84126606 
  37. ^ a b c Ridpath, Ian. “Star Tales - Taurus”. 2022年11月11日閲覧。
  38. ^ Ridpath, Ian. “The IAU list of the 88 constellations and their abbreviations”. Star Tales. 2022年12月27日閲覧。
  39. ^ a b c d e f g h i j k l 大崎正次「中国の星座・星名の同定一覧表」『中国の星座の歴史』雄山閣出版、1987年5月5日、294-341頁。ISBN 4-639-00647-0 
  40. ^ a b 原恵『星座の神話 - 星座史と星名の意味』(新装改訂版第4刷)恒星社厚生閣、2007年2月28日、218-224頁。ISBN 978-4-7699-0825-8 
  41. ^ オウィディウス 著、中村善也 訳『変身物語(上)』(第26刷)岩波書店岩波文庫〉、2012年4月5日、91-93頁。ISBN 4-00-321201-0 
  42. ^ アポロドーロス 著、高津春繁 訳『ギリシア神話』(第2刷)岩波書店、1994年9月5日、119頁。ISBN 4-00-007132-7 
  43. ^ a b Condos 1997, pp. 154–156.
  44. ^ ジェー、ノルマン、ロックヤー 著、木村一歩内田正雄 編『洛氏天文学 上冊文部省、1879年3月、55頁https://dl.ndl.go.jp/pid/831055/1/35 
  45. ^ 四月の天」『天文月報』第1巻第1号、1908年4月、12頁、ISSN 0374-2466 
  46. ^ 星座名」『天文月報』第2巻第11号、1910年2月、11頁、ISSN 0374-2466 
  47. ^ 『文部省学術用語集天文学編(増訂版)』(第1刷)日本学術振興会、1994年11月15日、316頁。ISBN 4-8181-9404-2 
  48. ^ 星座名」『天文月報』第45巻第10号、1952年10月、13頁、ISSN 0374-2466 
  49. ^ 天文同好会 編『天文年鑑』1号、新光社、1928年4月28日、3-6頁。doi:10.11501/1138361https://dl.ndl.go.jp/pid/1138361/1/7 
  50. ^ 山本一清「天文用語に關する私見と主張 (2)」『天界』第14巻第157号、東亜天文学会、1934年4月、247-250頁、doi:10.11501/3219878ISSN 0287-6906 
  51. ^ 天文同好会 編『天文年鑑』10号、恒星社、1937年3月22日、4-9頁。doi:10.11501/1114748https://dl.ndl.go.jp/pid/1114748/1/12 
  52. ^ 大崎正次「辛亥革命以後の星座」『中国の星座の歴史』雄山閣出版、1987年5月5日、115-118頁。ISBN 4-639-00647-0 
  53. ^ 北尾浩一「第1章 冬の星 【第1節】おうし座」『日本の星名事典』原書房、2018年5月30日、16-98頁。ISBN 978-4-562-05569-2 


「おうし座」の続きの解説一覧

牡牛座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/01 02:03 UTC 版)

バンプレストオリジナルの用語一覧」の記事における「牡牛座」の解説

欲深金牛」のスフィアとしてストラウスことエルーナルーナ・バーンストラウスが所持プレイアデス・タウラ運用されている。

※この「牡牛座」の解説は、「バンプレストオリジナルの用語一覧」の解説の一部です。
「牡牛座」を含む「バンプレストオリジナルの用語一覧」の記事については、「バンプレストオリジナルの用語一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「牡牛座」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「牡牛座」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「牡牛座」の関連用語

牡牛座のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



牡牛座のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのおうし座 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのバンプレストオリジナルの用語一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの牡牛座 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS